凛とmonalisa

2017-04

諸行無常なり - 2010.09.06 Mon

連日の猛暑、9月5日には、京都府京田辺市で9月としては全国の観測史上最高を記録する39.9℃だったとか。
熱中症で亡くなる人が多いようで、義母の通夜は、9月5日に、葬儀は9月6日になり、滞りなく無事済ませました。
                                                                 マウスオン
<

ちょうど、ブログネタも切れ、小休止の間、9月末に〆切り・・・の依頼原稿を書いていました。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ 中学時代の思い出は?
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

過疎化、少子化に伴い町内三中学校を統合して、新しい中学校を設立する事になり
閉校記念誌を製作したいので中学時代を回想して、投稿してほしい・・・と言う事です。

私は、「団塊の世代」と呼ばれる第一次ベビーブーム生まれです。
東校舎、西校舎と分かれていた中学校が、統合されて、同級生は、一気に倍に増え、三百名余。
五十人編成で、六クラスもあり、月曜日の全校集会は、八百五十人にもなり、
少子化の今では考えられない圧巻でした。

「中学校時代を回想して・・・」と言われても、随分まえの事です。
唯一、思い浮かぶのは、運動会で行われた「勧進帳・安宅の関」の野外劇です。
勧進帳
私は、ナレーションを担当しました。

「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を表わす。
 おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。
 たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。」


私の琵琶法師よろしく吟ずるナレーションで、開幕するのです。
日本の古典文化を紐解くべく時代衣装に身を包んだ友の、迫真の演技をも誘う高尚な語りを要求され、
何度も何度も練習させられたこの一節は、歌舞伎や能などを親しむ原点に、
また人生無常の生活信条にもなっているようで、忘れられない思い出です。
                                                                 マウスオン
<

中学時代は、自我が目覚め、反抗期も訪れます。
部活動や友人との交わりを通じて、自分の可能性を見極め、特技を伸ばし、
将来の生き方を考え始める自己啓発の絶好のチャンスでもあります。

自己主張が時には、友人のいじめをも起こしかねない時に、如何に回避するか。
一人でも多い友を通じて、社会の中での自分の在り方を体験して、
成人になっても孤立しない人間関係を作る場です。

そんな意味からも、三百名の同級生と過ごした中学時代は、素晴らしい友人関係を築くことが出来、
年を重ねた今でも、旧友との語らいは、飾らない有りのままの自分でいられる事は、嬉しいです。

過疎化、少子化の今、一人でも多くの友と、青春を語り合える中学生活を後輩たちも、送って欲しいです。

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

堅物なある人が、heartの足を触りながら、「羨ましいな~~!!もう、感触を忘れちゃったよ・・・」と、
孫が欲しさに「出来ちゃった結婚アリです」宣言しました。
結婚しているのに子供のいない息子も、「僕も同感です」・・・と。

少子化対策に「出来ちゃった結婚」アリ・・・ですか?
                                                                 マウスオン
<


時代がどんどん変わっていきます。諸行無常なんですね。

みなさんにとって、中学時代は、どんな思い出がありますか?


スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaさん お疲れさまでした。
暑い中 たいへんでしたね。

中学の時は、50人編成だったんですか! 凄い(゚O゚;)
運動会で野外劇というのも、(@_@)びっくり!です。
きっと伝統ある行事なんでしょうね♪

私の中学時代の思い出というと、よく言われるように
箸が転んでも可笑しい年頃で、ほんとに何でもないことで笑ってばかりいたのが
懐かしいです~^m^
よく友達の家に集まって遊びました♪^^

想い出

こんばんは!
お義母様も急なことで、お力を落されたことだと思います。
お悔やみ申し上げます。

今年の「記録的猛暑の原因はいったい何?」ということで、今朝NHKに予報士の森田さんが出て解説をされていました。
いつまで続くのかともう呆れてしまいます。
葬儀も大変でしたよね。

私の中学時代の思い出は・・・
私は、父が小学4年生で亡くなったので、母ができない家事をおばあちゃんと一緒にやっていました。
母に心配かけないように、ははが少しでも楽ができるようにといつもそんなことばかり考えていたように思います。
休日も家の手伝いをしていました。
母が亡くなる直前に、休職して看病していた妹と弟に、「私にかわいそうなことをした」と何度も言ったようです。
でもそれは母に強要されたわけでもなく自発的に自分で手伝っていたことなんですが・・・
一生懸命に3人の子供を育て、さらに義父母の面倒まで見た母を、女性として母として尊敬しています。
そんな遊ぶこともなかった中学・高校時代でしたが、それはそれで私の人生だったと。
私に与えられた人生、私だから与えられた人生などと自分を慰めたこともありました。
そんな中学時代のことを書いてもしょうがないですね。

今私はその頃の分も、人生を謳歌しようとしているのかもしれません。
だから、妹のことも弟のこともとても大事なんです。
そして、今の家族もとても大事なんですよ。
こんな話でごめんなさい(=v=)

miyaさんに励まされて・・・

miyaさん、ありがとうございます。
miyaさんのお心、とても嬉しく有難く、お人柄に感動しました。

> 中学の時は、50人編成だったんですか! 凄い(゚O゚;)
  過疎化で、三校のうちの一校は、今年の6年生が2名、先生が1人・・・
  誠にもって、効率悪く税金の無駄遣い
  生徒にも、余り良い学習環境ではないようです。

> 運動会で野外劇というのも、(@_@)びっくり!です。
  50年前の統合中学校の折に、赴任してきた体育の先生の発案だったので、
  我々の年が、初めて・・・次の年は、どうしたか知りません。
 「内船歌舞伎」という伝統芸術を今に伝えている組織のある町ですので乗り気充分でした。


> 私の中学時代の思い出というと、よく言われるように
> 箸が転んでも可笑しい年頃で、ほんとに何でもないことで笑ってばかりいたのが
> 懐かしいです~^m^
> よく友達の家に集まって遊びました♪^^
  「箸がころんでもおかしい」年頃は、「娘18、番茶も出鼻」ともいわれますよね。 
  恋に恋する時期でもありますよね。

  私は、父方、母方の両祖父が、町の仕事をしていましたので、
  選挙などの時期も重なって、よくイジメに会いました。
  
  「ケセラセラ」精神は、その頃から身についていたようです。
  いじめも、一種の洗礼。回避の仕方は、人それぞれですが、箸がころんでも可笑しい年頃に
  洗礼を受けられるのは、有難い事です。

  人生で起こりうる事は、全て、若いうちに経験できた方が良いように思えます。
  そんな時、相談できる友がいたら、味方になってくれる友がいたら、最高ですよね。
  友は、一人でも多い方がいいです。友は、宝です。

人それぞれですね。

mammyさん、1週間違いの弔事でしたね。

mammyさんの義父様のまさかの訃報、驚きました。
こちらは、2ヶ月のお別れの準備を頂いてましたので、覚悟は充分出来ていました。

とは言え、「もう一度、クラゲを食べたいから連れて行って」と甘えた母です。
生さぬ中でありながら、義母と主人は、とても相性がよくって、お陰で私もいい嫁でいられました。
頭もしっかりしていましたので、病気の経過がもう少しなんとかならなかったものかと・・・残念です。

> 葬儀も大変でしたよね。
  mammyさんは、どこの葬祭場だったですか?
  義母は、近代的な設備の整った「つつじ苑」でしたが、
  クーラーがきき過ぎて、heartは、風邪を引いてしまったようで、39℃の熱を出して
  通夜には出席しましたが、葬儀には出れませんでした。

> 私の中学時代の思い出は・・・
> 私は、父が小学4年生で亡くなったので、母ができない家事をおばあちゃんと一緒にやっていました。
  小学校4年生と言えば、10歳ですよね。
  私の父は、夭折かと思いましたが、mammyさんのお父様の方が、もっと早かったですね。
  お母様のご苦労は、並大抵の事ではなかったでしょう。
  mammyさんは、長女として出来る限り、お母上のサポーターに徹したようで、
  ご主人様のご家族との関係、ご妹弟様たちとの関係にその片鱗が伺われます。
  お子様たちが、社会人として立派なお仕事をなさっているのも、
  そんなmammyさんの後ろ姿を見て育った賜なんでしょうね。

> 今私はその頃の分も、人生を謳歌しようとしているのかもしれません。
> だから、妹のことも弟のこともとても大事なんです。
> そして、今の家族もとても大事なんですよ。
  mammyさんのご主人にお会いした事ありませんが
  ブログから拝見する限るmammyさんは、最高の伴侶に巡り逢えているように思えますよ。

  mammyさん、人生を楽しみましょう。
  義母さんの生き方からも良いヒントがあるかもしれません。

  「人に歴史あり」ですね。
  
  

この猛暑の中お義母さまのご葬儀大変でしたね。
本当にお疲れさまでした。

中学時代の思い出ですね。
よく友らと遊んだ記憶が残ってます。
夏休みになると決まってディズニーランドに
行って乗り物に乗りまくっていましたよ。

ありがとうございます。

lavandreさん、ありがとうございます。
今日は、台風の影響で、こちらは朝から久しぶりの雨です。
「空に雨はないかと思ったけどあったね~~~」と、可愛いおじいさんの発言、笑えました。

> 本当にお疲れさまでした。
  お心遣い、ありがとうございます。
  喪主は、これから49日忌が済むまで忙しいでしょうね。

ディズニーランドが中学生時代の思い出ですか?
いいですね。ディズニーランドは、老若男女、どんな年齢でも楽しめるのが良いですね。
ディズニーランドでは、どのアトラクションが好きですか?
日本に出来る5年前に、夫の留学が終わって、帰国途中に、マイアミのデイズニーワールドと
ロスのデイズニーランドに、それも1週間の内での出来事で、まるで夢の中の出来事のようでした。

私は、「チキルーム」が大好きです。スイスファミリー・ツリーハウスも好きですよ。
デイズニーランドが、中学校時代の思い出なんて・・・いいですね。

コメントありがとうございました。

豪雨、大丈夫でしたか?

>京都府京田辺市で9月としては全国の観測史上最高を記録する39.9℃
あれは蔦が巻きついていたので正確な測定ではなかったようです。
正確には38℃前後のようです、今となっては再測定できませんが・・・

思い出

お義母様のご葬儀、お疲れ様でした。
ご主人が気落ちなさってるんじゃないですか?
90余年のお義母様の人生にも、お疲れ様でした。ご冥福をお祈り致します。

さて、中学時代の思い出ですが...
私の中ではセピア色ですが、写真は白黒ではなくカラーでした~(すいませーん)

町ではもう既に過疎化が始まり、町内2つの中学が2級上から統合された時でした。
それでも1学年90名ほど。
40人学級だったので、何とか3クラスでしたね。
小学校も中学校も家から近く徒歩圏内だったので、中学時代よりも電車通学をした高校時代の方が楽しい思い出がいっぱいです。


>少子化対策に「出来ちゃった結婚」アリ・・・ですか?
実家は“田舎の銀座通り”で1歩 家から出れば何でも揃う商店街でした。
でも最近はどこもシャッターを下ろし、営業してるのは学校と取引のある
洋服屋さんと文房具屋さん…他数件になってしましました。
そしてその跡取り夫婦に子供がいない(出来ない?)と実家の母が嘆いています。
子供がいないんじゃ町が潰れてしまうと。
何年も前から周囲の市町村と合併の話も出てきています。
少子化対策...切実な問題ですね。

我が家はニィニィに言いたい!
でき婚でも良いから!!

今日は、凌ぎやすい一日でしたね。

hotterさん、そうなんですよね。
主人が、今朝、私のブログを見て、誤字をチェックした後、
> >京都府京田辺市で9月としては全国の観測史上最高を記録する39.9℃
・・・・ あれは蔦が巻きついていたので正確な測定ではなかったようだ・・・・と
教えてくれました。

それにしても、今年は暑い日が多かったですね。

数日前の天気予報では、今日は、台風の筈でしたが・・・
台風は、昨日通り過ぎ、影響は、ほとんどなく
今日は、久しぶりの凌ぎやすい一日でした。

実は、1カ月遅れで、友人にお誕生祝いをして貰いました。
彼女曰く、「『晴れ女』の本領発揮!!、凄い!!」と言う事で、
本日も、ケセラセラな一日でした。

hotterさん、ありがとうございました。

カラー!!・・・

パンくんママさん、こんばんは。

いろいろお気遣いくださり、ありがとうございます。

> ご主人が気落ちなさってるんじゃないですか?
  義母の本心を本当に分かっているのは、主人のような気がします。
  常識人だけに、ありのままに受け止めて、言いたい事の半分も言えない主人です。
  
> 90余年のお義母様の人生にも、お疲れ様でした。ご冥福をお祈り致します。
  ありがとうございます。
  してもらった事、沢山あります。ゴットマザーでした。
  私も、見習いたい所沢山ありますが、生きてきた土壌が違いすぎます。
  
> さて、中学時代の思い出ですが...
> 私の中ではセピア色ですが、写真は白黒ではなくカラーでした~(すいませーん)
  アラマ~~。高校のアルバムも、白黒です。予算の関係からか・・・と思ったら、時代でしたかね~~。

> 小学校も中学校も家から近く徒歩圏内だったので、中学時代よりも電車通学をした高校時代の方が楽しい思い出がいっぱいです。
  そうですか。息子は、自由に遊べた小学校時代が一番楽しく思い出いっぱいのようです。
  我々の中学時代の友人は、電車通学もありましたが、山奥に家がある人は、寄宿舎が用意されていました。
  高校時代は、また違った青春の思い出ですね。


> そしてその跡取り夫婦に子供がいない(出来ない?)と実家の母が嘆いています。
> 子供がいないんじゃ町が潰れてしまうと。
> 何年も前から周囲の市町村と合併の話も出てきています。
> 少子化対策...切実な問題ですね。
  私の実家は、山梨だから・・・と思ったけど、
  パンくんママさんの千葉界隈でも同じ様な現象が起きているんですね。
  「子供ができない」のは、しょうがなくても、「作らない」と言うのは、もっと問題ですね。
 
> 我が家はニィニィに言いたい!
> でき婚でも良いから!!
  『頑張れニィニィ』・・・パンくんママさんと、あの素敵な旦那との作品なら、きっとイイ男だろうな!!

  我が家のニィニィは、heartと凛ちゃんをしきりに可愛がっているけど
  なんとかしてやりたい母心です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/173-8aec8173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

重陽の節句 «  | BLOG TOP |  » 耳つぼマッサージ ・ 耳つぼダイエット

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。