topimage

2017-07

週末は、山梨にいます(南部の火祭り) - 2010.08.21 Sat

南部に来ての楽しみの一つは、美味しいお刺身が食べられる事です。
ちょっと認知症気味の母が、「アサヒの刺身を食べたいから頼んでよ」と言うんですが、東京に居て
「南部のアサヒまでは、ちょっと遠くて無理だねェ」と、近くの魚屋の刺身で我慢させましたが、
刺身の切り身の大きさと言い、厚みと言い文句なし。ご飯と刺身と枝豆があれば、グー!!
「今日は、国産の雲丹。韓国産の様に着色してないから、甘味があって、うまいよ!!それから、シマアジ
タイ、マグロ、ホタテ。」と、店主とは、親の代からの御付き合いで、我儘が効くのが嬉しい・・・ね。

もうひとつ、何時通っても、車が止まっていて、小さい店ですが、繁盛している「うな冨士」の蒲焼です。
≪蒲焼1人前が、1900円≫と高価ですが、夏バテ防止には絶品の天然うなぎが最高です。
                                                            マウスオン
<

もともとうなぎは丸のまま塩焼きにして食べるか、ご飯の間にはさんだ「まぶし重」という食べ方が
一般的だったそうですが、江戸中期になって開く調理法が生まれました。
関西では商人の町なので腹開きにして、蒸さずに焼きます。パリッとしていて香ばしいのが特徴ですが、
関東では武士の切腹に繋がると、背開きにして、一度白焼きしたものを、蒸してから再び焼きます。
淡白で柔らかいのが特徴です。一説には蒸すことで形を大きく見せたいという「見得をはる」
「武士は食わねど高楊枝」に繋がる心理ではないかと言われています。


「南部の湯」は、民営化に伴い、県外者は、500円から800円に値上がりしました。ちょっと??・・です。
露天風呂では、気分が打ち解けて、裸の付き合い。お互いの自己紹介や口コミの場に・・・。

幼馴染が、韓国に明るくって、ツアーで連れて行く所より面白い所に連れて行ってもらえる・・・という。
「済州島には、まだ行ってない」と言う事なので、是非誘ってもらおう・・・と、良い情報を得ました。
この暑い夏に冷蔵庫やクーラーの話になった時に、良心的な電気屋は何処か・・・という事に。
「納得のいくまで修理をしてくれて、部品の取り寄せも嫌がらずに、親切な電気屋さん」の話題になりました。

こういう話題って、ワクワクして耳がダンボになっちゃいますね。

実は、heart達も一緒に来たので、使っていないクーラーを持ってきて、取り付け工事を頼んだ業者は、
綺麗に満足の行く工事をしてくれる皆さんお薦めの電気屋さんで、しかも妹の同級生でした。(ホッ
                                                             マウスオン
<

今では、レゴが主流でしょうが、息子や娘が子供の頃、ブックローンの訪問販売で買ったリブロックは、想像性を高める
知育玩具として、甥や姪達にも好評でした。子供の頃を懐かしんで、おじさんが,heartに車を作りましたよ。

以前、家の整理をしている夫が、古い玩具を整理する時、私に「この玩具は、ゴミ?宝?」と聞きました。
heartも、夢中になって、何かしています。二代続いて、玩具の共有・・・リブロックは、宝です。
<<<<<

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━              
┃★┃ 週末は、山梨にいます。(南部の火祭り)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

江戸中期の元禄時代頃に盆の行事として富士川沿岸で行われていた祭りも、現在は南部町のみ行われています。

                                                            マウスオン
<


8月16日に行われる京都の≪五山の送り火≫は有名ですね。≪南部の火祭り≫も以前は、8月16日に
行われていましたが、雨で順延になった場合を考慮して8月15日に行われるようになりました。
灯篭流し
 ≪灯篭流し・精霊流し≫
 富士川は「川丈十八里」といわれ、南部は鰍沢へ
 九里、岩渕へ九里の中継地点に位置し、富士川
 舟運上の要地として栄えてきました。
 角倉了似(京都の人・1553~1614)が、1607年に
 富士川通舟の開さくを行った舟運の役割は、
 甲斐国中の御回米を川下げすることが第一でした。
 日本三大急流の一つであった富士川には、
 難所が多く、老瀬岩、船取岩の近くには、今も
 遭難者の供養塔が当時のなまなましい状況を
 伝えています。富士川で亡くなった人を供養する
 灯篭や精霊舟が流されます。

 ≪投松明≫
 高さ約20mの竿の上に設けられた藁で敷き詰めた
 蜂の巣めがけて松明を振り回して投げ入れ、
 一番点火を競うのですが、高くてなかなか命中
 しません。蜂の巣にぶつかって消えてしまうもの、
 途中でだらしなく落下するものもあります。
 次から次へと投げられる松明。火の粉を散らして
 弧を描く光の放物線。ようやく命中すると
 一挙に藁が燃え、火の粉が夜空に舞い上がって、
 燃え尽きた後は、竿を振って蜂の巣を落とします。
 子供の頃、この行事に参加したかったのですが
 神を守る神聖な行事。女人禁制なのです。
投松明
大松明
 ≪大松明≫
 町内の各寺院から古くなった塔婆を集め、
 積み重ねて山となし、大松明に仕上げたもの。
 一説には、塔婆の数は、3万枚とも・・・

 僧侶による読経のなか、点火され、
 煌々と照らす塔婆の炎と低く流れる読経が、
 闇の川辺に幽玄な響きをもたらします 

 ≪百八松≫
 人間の百八の煩悩を炎で除去したり、
 死者の慰霊や稲の害虫であるウンカを虫送りの
 意味があると言われる。
 富士川の両岸約2kmに百八基の円錐形のたき木の
 山を作り、夜8時にサイレンが鳴り、
 一斉に点火されるのです。
百八松
南部の火祭り
 ≪花火≫
 スターマイン・ワイド、スターマイン、
 10号以上の尺玉花火、一番大きな20号の
 尺玉花火が、約7000発、打ち上げられ、
 夜空を焦がす花火、天にとどろき木魂する
 花火の音、燃え上がり舞い散る火の粉、
 我が町、一大イベントの「南部の火祭り」は、
 自慢できる夏の風物詩なのです


京都・美山荘の女将の本「花もごちそう」の中に、投松明に似た『松上げ』の神事が書かれています。
若狭街道周辺の集落に今も残る『松上げ』は、五穀豊穣と火防せを祈願して、愛宕神社に献灯する行事です。
高さ20mの灯籠木(とろぎ)をめがけて投げられる松明。名称・形は、ちょっと違いますが、ルーツは同じ様です。
我が町の「投松明」「百八松」は、時の豪商角倉了以達が、京都から持ち込んだものでしょうか?
京都・花背と山梨・南部を結ぶ線を感じました。松上げ

南部の火祭りには、他県からも見物客が集まって,9000人ほどの町の人口も5倍に膨れ上がります。

道路拡張予定地で、契約者が少なくなった我が家の駐車場は、町の駐車場より、会場に近いので、
無断駐車され迷惑していましたが、ある時から、「お金を取ってください」という声に気を良くして、
主人のアイデア宜しく、今年は「有料駐車場」の表示を作り、フロント提示の「駐車券」まで用意しました。
町の駐車料金と同じで、1台500円。昨年も我が家の駐車場を目指して来た・・・と言う人がいるんです。

日中は、マスのつかみ取りやカラオケ、火祭り太鼓の披露、盆踊りも行われます。

<南部の火祭り>
<>
<>
<>
<>
<>
<><>
<>
<>
<>
<>
<><><><><><>

ブロ友ののぶぱぱさん、町興しの一環に企画した竹で細工されたイルミネーションも、なかなかではないですか。
南部 南部
田舎の我が家は、2011年には開通する新しい南部橋に近く、南部の湯にも、今まで以上に近くなります。
また、徒歩10分以内に、温水プール・トレーニング室・体育館を備えたアルカディアスポーツセンター
野球場、運動場、テニスコート、図書館、美術館があり、なんと24時間営業のスーパーも近いのです。

今年の南部の火祭りに、有料観覧席が設けられていて、1人2000円という驚きの金額の設定です。
そんな中、何と言っても嬉しいのは、花火の打ち上げ場所が移動して、我が家の駐車場から、眺められる事です。
難を言えば、打ち上げられた花火の大きさやあと何発用意されているか・・・の放送が聞こえない事です。

heartは、花火の音に驚きもせず、ひっきりなしにうちあがる花火を、じ~~っと眺めていましたが
どんなふうに、心に残ったでしょうか。来年は、heartの従兄妹や親戚の人達にも、楽しんで頂きましょう。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

夏の風物詩

こんばんは!
行きつけのお店、馴染みのお店、美味しいものを出してくれるお店は、帰ればいつでも行ってしまいますよね。
でも、夫は開拓派。
食べ物も、道も、行きと帰りは違う道を通るとか・・・
そしてやはり開拓派の妹のおかげで、いつ行っても美味しいものを食べに連れて行ってくれます。

お刺身、とても美味しそうです。
板前さんならではの融通もうれしいサービスですね *^-^*
そして、天然うなぎはめったに食べられないですよね。
近くにうなぎ専門店がありますが、養殖です。
でも国産だからいいかと思っています。

温泉?でも、社交の場と化するのはmonalisaさんの生き方そのものですね。
どこまでもポジティブでアクティブな生きかたですね。
heartくんのためにエアコン、今年は山梨でも必要だったかも知れませんね。
長野も結構暑くて、ほとんど家にいない状態の妹宅なので、扇風機を探してしまいました。
heartくん、プール楽しそうですね。
早く孫が欲しい!!

リブロック、懐かしいです!
乗ることができるブロックはご存知ですか?
高かったので、弟の子供にあげて今は実家に放置状態であります。
場所さえあれば、とっておいて代々大切に使いたいものですね。
真剣に集中してやってますね (゚▽゚*)♪

郷里の夏の風物詩、大切にしたいし家族に見せたいものですね。
ところ変われば・・・良いですね。

火祭、盛大なんですね。
heartくんも甚平さんを着て・・・heartくんを浴衣を着て抱っこしているのはmonalisaさんですか?
私も浴衣くらい毎年着なければ!と先日の花火大会のときに反省しました。

有難うございました。

色々お世話になりました。やっと南部でお会いできまして、家の母とも何十年ぶりの再会をして頂いて、monarisaさんご一家ともお会いでき、楽しい南部のお盆でした。
竹灯ろうまで紹介して頂いて感謝です。あれはもっと改良の余地があるので、役場と相談して更に幻想の世界にいざなえる様にして行きたく。

今回のブログも見応えあり美しい出来ですね。一番は、東京でアサヒのお刺身とうな富士について読むと腹を抱えて笑えます!!でも、美味いんだな~これが!うな富士のウナギは、東京では絶対に味わえないウナギです!あの焼き方は関東でいい番と思います!!ウナギ釣り師がいうので間違いなし!!(私の釣ったウナギは別です!)

また、花火があの位置で見えるのは羨ましい。。。今年はアナウンスが変わり、メイン会場に居ても花火の紹介が無く、写真を撮るのに一苦労。。。改善ですね。
東京から女優さんとマネージャーさんをご招待していたので、なんとも言えず。。。始めてみせる南部の火祭りがあれでは悲しい。。。でも楽しんで頂けたようです。

次は東京で!持参するウナギを仕込み中ですが、仕事で今週も釣りにいけず腕が悶々としています。
婿殿に宜しくお伝え下さい。今度ご一緒したく。

のぶぱぱ

待ち焦がれた夏の風物詩

mammyさん、 こんばんは!

> でも、夫は開拓派。
> 食べ物も、道も、行きと帰りは違う道を通るとか・・・
  道の開拓派は私も同じです。状況判断がものを言いますから・・・
  でも、食べ物の開拓派は、鼻が効かないと無理です。
  
  友人曰く「貴女は、目利き鼻効き!!」・・・と
  ところで、開拓派のご主人、妹さんは、味覚にも自信持ってますか?

  ウナギ屋さん、魚やさん両方とも、品の良い人
  何が何でも、≪ 品よく、福相である事 ≫・・・これ、私の選ぶ必須条件の一つです。

> 温泉?でも、社交の場と化するのはmonalisaさんの生き方そのものですね。
  私のいない所で、何を言われているかしら・・・と狭い田舎なので思いますが、
  そんな時、いつも思うのは、≪私が、感じよく接すれば、自ずと道は開ける≫ということです。

> heartくんのためにエアコン、今年は山梨でも必要だったかも知れませんね。
  田舎の家は、和風なので、電気屋さん曰く、「こういう部屋に取り付けるのが一番難しい」との事。
  電気屋さんと二人で見栄え良く、仕事がし易い最良の所に取り付けました。
  
  何年生まれか聞いたら、妹同級生でした。

> heartくん、プール楽しそうですね。
> 早く孫が欲しい!!
  初めは水が冷たくて、泣き顔でしたが、慣れたら、大丈夫!!
  何事も経験なんでしょうね。

> 乗ることができるブロックはご存知ですか?
  それは、知りません。
  レブロックを買った後で、レゴが流行り出して・・・。
  今の子供達の玩具は、どのように変わっていくでしょうか?
  ちょっと、そんな事も興味があります。

> heartくんも甚平さんを着て・・・heartくんを浴衣を着て抱っこしているのはmonalisaさんですか?
> 私も浴衣くらい毎年着なければ!と先日の花火大会のときに反省しました。
   heartを抱いているのは、mamaです。
   papaも甚平を来て、並んで写真をとりましたが、UPは、控えました。

   花火は、本当に驚きもせず、何と言っても、車が満車の駐車場に、ソファーを持ちだして・・・
   駐車場まで、花火が追いかぶさって来るようで、迫力がありましたよ。
 
  明日は、暑さが戻ってきそうですが、朝夕の風に、秋の気配を感じますね。
  お互いに、健康には留意していきましょう。  

お疲れ様でした。

のぶぱぱさん、お疲れ様でした。

帰路は、16日。娘達は、6時半出発、我々は、13時出発で渋滞もなく、3時間で帰って来ましたよ。
お母様とは、中学校卒業以来の再会だね。ちっとも、変わりなく、お会いできて嬉しかったですよ。

> 竹灯ろうまで紹介して頂いて感謝です。役場と相談して更に幻想の世界にいざなえる様にして行きたく。
  今年の南部の火祭りは、商工会中心に動いていたように思いましたが、
  どの程度、役場はカンでいたんでしょうか?
  財政困難で縮小化・・・・とは言え、このように盛大な行事は、
  縮小化しない方向で策を練った方がいいですよね。
  コンサル、よろしくお願いしますね。

> うな富士のウナギは、東京では絶対に味わえないウナギです!あの焼き方は関東でいち番と思います!!
ウナギ釣り師がいうので間違いなし!!(私の釣ったウナギは別です!)
  ウナギは、みみずで釣る・・・と言うのは、初めて知りました。
  
  海につながっている川ならどこでもウナギは釣れます。
  東京は、隅田川・荒川・中川・新中川・旧江戸川・江戸川・多摩川で釣れます。
  餌は、ミミズで、普通のリールの釣竿で、オモリとウナギ針にミミズをつけて、ブッコミです。
  後は竿先に付けた鈴が鳴るまでゆっくり待つ!
  海の潮が動いている地合に合わせて釣り始めるといい。


> また、花火があの位置で見えるのは羨ましい。。。
今年はアナウンスが変わり、メイン会場に居ても花火の紹介が無く・・・
  エ~~ッツ、花火の紹介がなかったんですか?
  1時間の間に、ひっきりなしに打ち上げられていましたね。
  8時45分に、人々が帰り始めたので、もう終わりかな・・・と思っていたら
  その後も、3~4回、大きなのを打ち上げ、最後のあの花火でやっと終わりか・・・と。
  
  今までは、明治町の土手にムシロを敷いて、寝転んで花火を見ていましたが、
  今年は、叔母たちが、席取りをしなかったそうで、家にシートを取りに帰ったら
  なんのなんの、今年は打ち上げ場所が、随分西に動いたので
  あそこから丸見え!! 主人は、家の座敷からでも、十分眺められる・・・と。

  何度も覆いかぶさるように打ち上げられる花火が、heartの脳裏には何と映ったかしら?
  泣いたり、声を発したりせず、じ~~っと見つめていたんですが、
  やはり何かを感じていたんでしょう。
  泣いて寝付きがわるかったようですので、何らかの刺激を与えていたのでしょう。  

> 東京から女優さんとマネージャーさんをご招待していたので、なんとも言えず。。。始めてみせる南部の火祭りがあれでは悲しい。。。でも楽しんで頂けたようです。
  エエ~~ッツ!!だれ誰、その女優さんって?
  フットワーク良く、エネルギッシュなのぶぱぱさん。顔が広いんですね。

> 次は東京で!持参するウナギを仕込み中ですが、仕事で今週も釣りにいけず腕が悶々としています。
> 婿殿に宜しくお伝え下さい。今度ご一緒したく。
  
  heart-papaも、漁に行きたい気持ちで、ウズウズしているようです。

  ウナギ、待ってるよ!!
  貴方を釣った奥さんにも宜しく・・・ね。
  

南部の火祭り

以前、テレビで目にしたことがあります。
monalisaさんもmammyさんも素敵な“田舎”をお持ちなのが本当に羨ましいです。
>竹で細工されたイルミネーション
竹灯ろうですか?
幻想的で素晴らしいですね。

東京に身を寄せたmonalisaさんのお母様も、南部の美味しいお刺身の味を忘れられなかったんでしょうね。
本当に美味しそうです。
でも...
外房のお刺身も格別ですよ~。

新鮮な魚では負けてませんが、さすがにこっちは温泉は出ないので露天風呂は羨ましい限り。
アラッ...
露天風呂でのお写真は無かったんですね(笑)

息子さんや娘さんが遊んだブロックを、今度はheartくんが...
うちはリブロックではなく‘モノブロック’と‘Bブロック’で遊んでました。
ブロックも積み木も3Fに仕舞ってあります。
まだ早いかな~と思ってたんですけど、明日出してみようかな。
親子2代...3代と使える玩具は宝物ですね。

宝物の玩具

]パンくんママさん、そうなんですよ。
数年前には、テレビ中継もあり、日本三大奇祭りの一つ・・・とも言われているようです。
今年は、なんとなくいつもの勢いを感じませんでした。
本来、商工会の行事を、町役場も協力していたのですが
もってのほかの有料観覧席が出来たのは、財政難の証ですね。

> >竹で細工されたイルミネーション
> 竹灯ろうですか?
> 幻想的で素晴らしいですね。
   発案者ののぶぱぱさん、「失策」と言ってましたね。
   400年の歴史をもつ火祭りの仲間入り・・・かなりのインパクトを要求されるでしょうね。

母の実家は、貴女の様に、徒歩5分の所にあります。
一度も南部の地を離れなかったので、東京に来ても近所付き合いがないのをつまらなく思っていたようです。

海辺に育った人は、刺身の新鮮さには、拘りがあるんでしょうね。
外房ならではのお魚も手にはいることでしょう。

露天風呂の写真ですか?・・・そうね、「ほったらかし温泉」の時もなかったね。
無理でしょ~~ゥ。

主人は、時として、狂ったように整理をするんですが、
主人にとっては、子供の玩具は、「ゴミ」だったんでしょう。
忙しくって、仕分けできなく、気がついたら全部捨てられていました。
辛うじて、宝の山から離れていた所にあったリブロックは、捨てられなかったんです。

組み立てるのは、まだ早いかもしれませんが、触っている内に何かを掴むかも。

「親子2代...3代と使える玩具」は、勿論 ですよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/171-ae2c36b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フラワーアレンジメント(ファンシェイブ) «  | BLOG TOP |  » 週末は、山梨にいます。(身延山久遠寺・思親閣)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (10)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。