topimage

2017-08

老若男女集まれり(第54回、東京南部会総会) - 2010.07.17 Sat

東京近郊在住(東京・神奈川・千葉・埼玉)の山梨県南部町出身者とその縁故者の親睦を図る目的で、
組織された東京南部会も、会を重ね、今年は、54回目となりました。

今から54年前の昭和31年。神武景気(昭和30~32年)という爆発的な好景気まっただ中で、
「郷里の花咲く丘や湯の煙、そして火祭りの事などを思い浮かべながら、茶の香り漂う故郷を共に讃えよう・・・
在京グループも仲よく頑張ろう・・・」と、年に一度、郷里の南部町長 はじめ役場の方々を迎え、
共に楽しく語り合おう・・・と、明治34年生まれの同期のグループが、中心になって作った会なのです。

新幹線や高速道路もなかった頃。東京まで来るのは、東海道本線か中央本線、あるいは、車で長い時間かかり、
今のように電話が普及していない頃ですので、同郷の知人縁故が何よりも「頼りの綱」の時代だったんでしょう。
南部会
25年前に、同級生の誘いにのって参加し、今では、事務局長兼会計を担当する事になってしまいました。

一時は、900人近い会員への郵便物の発行に、手を焼いた時期もありましたが、
PCが出来るようになってから事務処理も楽になりました。
自主参加で、役員や有志の寄付と当日の会費で運営する・・・親睦が目的の会なのです。
50年も経った会は、参加者の平均年齢も高齢化し会の存続が危ぶまれています。

2003年に隣町の富沢町と合併して、新しくなった南部町です。
東京南部会も、旧富沢町の人を勧誘して会を盛り上げよう・・・若手の参加し易い会にしよう・・・と
執行部も、あの手この手で会存続の為の会員集めに、躍起になっています。

★=☆=★=☆=★ 第54回 東京南部会総会 ★=☆=★=☆=★

昨年までは、緑香り立つ目白の杜にある椿山荘で行われていた東京南部会ですが、
老齢化した多くの会員の希望に応じて、大塚駅近くの「ホテル・ベルクラシック東京」で、行いました。

30分に渡る総会では、会長のあいさつの後、南部町長・望月秀次郎さんからの故郷の近況報告・・・・
新南部橋が、いよいよ出来上がり、中部横断自動車道の出来上がる2017年には、東京との距離が益々縮まるようです。
また「ふるさと納税(任意の地方自治体に寄付することで、寄付した額のほぼ全額が税額控除される制度)」のお願いです。
<<<<<

南部町出身の父君から「戸籍は、南部町に置くように」と遺言された衆議院議員・渡なべ浩一郎さんや、
山梨県庁東京事務所長さんも、54年も続いている会の祝福に駆けつけてくださいました。

★=☆=★=☆=★ 我が町の芸術家、集まれり・・・ ★=☆=★=☆=★

2006年、第75回日本音楽コンクール声楽部門第1位と松下賞を受賞し、ヨーロッパでも活躍している望月友美さんの歌曲  
峰栄流家元 蜂栄華翔(中島久江)さんの日本舞踊、キングレコード所属の笛吹もも香さんの演歌、
更に飛び入りのへらちょんべさんの一発芸で、第Ⅱ部は盛り上がりました。
<<<<<<

400名ほどの会員に出した南部会総会の出席者は、約2割と、昨年と変わりませんが、若手役員達のハッスルパワーも有難く、
また、旧富沢町出身の出席者が増えた事、そして何より若手芸術家が会を盛り上げてくれた事が嬉しいです。
中でも、式次第を書いてくださった書道家「古屋育子さん」の気配りの良さは、見習う所が沢山ありました。
  実は、古屋さんが指導する「字遊教室~画仙紙に大作を書く~」という会に参加し始めました。
  憧れの書道の世界、しかも新進気鋭の若手書道家の指導・・・っていうのは、楽しみです。

望月友美さんからは、「猫のシャンソン」~猫の音楽集~のCDを頂きました。
グルベローバとカサロヴァのデュエットで聴きなれた「猫の二重唱」の楽しい曲が入ってました。
友美さんに指導していただいて、いつの日か南部会総会で、友美さんとのデュエットがです。
望月友美さんの近日中に行われるコンサート案内です。
                                                 マウスオン
<

南部会を楽しみにしている会員に再会すると「お互いに、体に気を付けて、来年も会いましょう」・・・なんて、
面倒な雑事に手を焼いて愚痴っている自分の心と裏腹な発言をしちゃいます。
  娘と連れだって毎年参加される大正6年生まれの望月さん、眼光鋭い大正7年生まれの佐野さん、
  いつも気前よく寄付をくださる大正13年生まれの戸栗さん、渡辺さん達にとっては、
  54年間の南部会の存在が彼らを支えてきた・・・と言っても過言ではないようです。
  設立時から楽しみしていたであろう方々が、出席してくださる間は、執行部として頑張らねば・・・。

4年前に100歳で、参加された南部音頭を作詞された稲葉仙二さん(島倉千代子さんの歌)は、
毎年、この時期になると南部会への参加を楽しみにしていたようですが、
7月5日104歳にて天寿を全うされました。ご冥福をお祈りいたします。

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

初参加した妹は、仕事上とっても有利な情報を得たようです。
人間は、一人では、生きていけません。「袖振りあうも多生の縁」です。
特に、田舎は世間が狭く、「何処の誰」と言えば、「ああ、あそこの子」・・・と、父母、いやもっと
先代との繋がりを知る事が出来、「生き馬の目を抜く」都会で疲れた心を癒してくれることもあるでしょう。

万沢中学校、富河中学校が統合し、平成23年4月には、現南部中学校の校地・校舎が新南部中学校になります。
南部中学校出身者、南部町に住んだことのある方は、東京南部会の会員です。
南部町にゆかりのある方は、来年の東京南部会には、是非、出席してみてください。

みなさん、故郷を大切にしましょう。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaさん

南部会のブログいつもながら素晴しいですね。分かりやすく想いが詰まっていて故郷を思い出します。

さて、メッセ有難うございます。耳ツボの件、薬事がありますので効くとは言えませんが。
1.施術が終わったとたんに、一緒にいた女子大生が「フェイスアップしてますよーー!」と驚き。
2.ビフォアー・アフターで体温は7分上がる。一緒に言った女子大生は、8分上がりました。
3.鞭打ちをしていてこの時期は、首肩歯が痛くなり、毎日痛み止めを飲むのがいらなくなった。
4.確かに食欲が抑えられています。

ツボによって、若返りもあり様々ですね。しかし、ネイルアートの走りのころのような感触があり、若い子達が喜びそうで爆発の予感!

やって頂いたセラピストは、体温UPで不妊も何人か効果があったようです。

私の場合今の石は見た目が気になるので、2週間で交換します。それまでモルモットですね。。。。

御盆は、南部に・・・

「夏は南部に帰りたくなりますね。」さん(って、イヤミ?)こんにちは。

A型のなのに、意外とおっちょこちょいだね。v-290
南部会のブログ・・・って、知っている人は「ああ・・」と思うけど
関係のない人には、やはりそれなりに判り易く・・・未参加の人には、それなりに刺激になるように・・・ね。

> さて、メッセ有難うございます。耳ツボの件、薬事がありますので効くとは言えませんが。
   さすがこの辺でかわす所は、なかなかですね。

> 1.施術が終わったとたんに、一緒にいた女子大生が「フェイスアップしてますよーー!」と驚き。
   未知の体験での緊張感が、漲っていそうですね。
> 2.ビフォアー・アフターで体温は7分上がる。一緒に言った女子大生は、8分上がりました。
   これがダイエットに有効・・・と言える所なんでしょうかね。
   免疫力もUPするかしら?
> 3.鞭打ちをしていてこの時期は、首肩歯が痛くなり、毎日痛み止めを飲むのがいらなくなった。
   それって、腰痛の人達にも朗報かも。
> 4.確かに食欲が抑えられています。
   う~~ん、これですね。やはり、食事の量と基礎体温(燃焼エネルギー)の相関関係かな。

経過が楽しみです。

南部会凄いですねえ。長く続いているのと、熱気が凄い。雰囲気がブログからあふれて伝わってきます。Y・K

歴史を支えて・・・

Y・Kさん、(*゚ー゚)vオハヨ♪

コメント、有難うございます。

会計を引き受けたころは、バブリーな時期で、
新春の集い、暑気払い、忘年会などの集まりには、会費以外に、役員からは、寄付を集め、
年4回のゴルフ、年1回の旅行・・・などのイベントも行われていました。

バブルが弾けた今は、会員との集いは、年一度の総会だけになりました。
何と言っても経済が潤ってこないと、行動に余裕が生まれないんですよね。
先輩達の狙いは、こういう会を通じて、政治や事業上の情報交換もあったようです。

会費だけでは、賄えない行事ですので、役員・有志の寄付は、とても有難く、感謝です。
女性役員は、優遇されていますが、ある程度余裕がないと、役員も出来なく、
会に関心がある方に役員を頼んでも、この寄付の段で、弱腰になって
次回、姿が見えなくなってしまう・・・と言う事もあり、
会費一律で賄えるイベントは、一番の理想で、これからの課題です。

余興も、こちら側の勝手な予算の謝礼をお支払いして、ボランティアでやってもらってます。
テレビで活躍していた懐かしい流行歌手やお笑グループの出演もありましたが、
郷里出身の芸術家の出演が、一番有難いですね。
今年の演出は、成功でした。

長く続ける・・・これは、私にとっては、「憧れのテーマ」です。
人生、山あり谷あり。ある周期をもって、こんな会の集客にも、波が現われます。
今年は、今までと違い、少し明るいカラーで描けました。

武田節「人は石垣、人は城。情けは味方、仇は敵」・・・これかな?

会に参加して25年、気が付いたら、いつの間にか、歴史を支える重要人物になっていました。

We can work it out. ( きっと うまくいくさ )

monalisaさん おはようございます♪
故郷の方々との繋がりを大切にしていらっしゃって 素敵ですネ^-^v
ずっとこのような会が続いているって、すごいことですね!
長く続けることは大変ですが、それだけ皆さん、故郷を大切に思っていらっしゃるんですね♪
これからも頑張ってください*^-^*

後輩に任せて・・・

miyaさん、こんばんは。

> 故郷の方々との繋がりを大切にしていらっしゃって 素敵ですネ^-^v
   有難うございます。
   最近は、息子娘世代の人達と爻わる機会が増え、
   これもエネルギーの原動力になっているかもしれません。

   
   miyaさんも、何かのお役をしていた事ありましたよね。
   
   私は、あまり世話好きでは、ありません。
   なのに、そんな風な状況に立たされる事が多いです。
   生活信条が、「概ね良好・・・ケセラエラな」性格ですので
   押しつけられやすいのだと思います。
   
   最近は、「後輩を育てなくっては」・・・精神に変わっています。
   ず~っと、変わらずに会が続くって大変なことですよね。
   後輩に任せられるように、尽力中です。*^-^*

南部会

こんばんは!
素晴らしいことですね。
私の郷里でも会があるのか、ないのかさえ知りませんが・・・
そしてお忙しいのにmonalisaさんは、重要なお役にもつかれているんですね。
忙しい方はたくさんのお誘いがくるものなのだと思っています (゚∇^*)

明治34年の発起人の方もまだいらっしゃるのでしょうか?
同郷・・・ただそれだけで親しく話をしたくなるものですよね。
いつまでも末長く会が続くことを願っています。
monalisaさんも面倒な雑事、めげずに楽しい会のことを思い出して頑張ってください。

《我が町の芸術家、集まれり!》、会を盛り立ててくれる芸達者の方々がいらっしゃって素晴らしい!
皆さん、楽しそうですね。
望月友美さんとのデュエット、楽しみにしています (゚▽゚*)♪
新進気鋭の若手書道家の指導を・・・それも楽しみです!
monalisaさんのチャレンジ精神には脱帽です。

妹さんは初参加でしたか?
妹さんにとっても、ご一緒できたこともmonalisaさんにとって喜ばしいことでしたね。

Re: 南部会

mammyさん、ヾヾ(*^▽^*)〃〃 こんばんは!

> そしてお忙しいのにmonalisaさんは、重要なお役にもつかれているんですね。
   54年前の東京南部会に、初代南部町長として祖父が参加しています。
   また、叔父が会長をしている時に、友人から声がかかって・・・
   会のあり方に壁が出来た時に、ちょっと、アイデアを挟んだら、「お前に任す」状態に・・・。
   
   初めは、「良いとこの奥さん風」を装っていたのに、
   今では、寄付を無理やり剥ぎ取るような辣腕女史のような・・・(トホホ)
  
   こんな所が、『来世では、絶対、男に生まれて来たい』と、切に思い望んでいる今日この頃です。
   こんな女丈夫な姿を見て、母は妹達に「あの子は、男に生まれてくればよかったのに、可哀相に」と
   言っていたようです。

> 明治34年の発起人の方もまだいらっしゃるのでしょうか?
   平成5年に、名簿を作りました。
   約1400名近い人の名前が載っていて、
   出来た名簿を頼りに、総会の案内をした時は、まだPCの出来ない時、
   全部手書きで案内状を、発送して、3割は宛先住所不明で返って来ました。

   今は、個人情報保護法などもあって、調べにくいので
   会員の縁故をたよりに、会員を増やしていくしかありませんね。
    
   明治34年の発起人の方は、新宿の花園神社の氏子総代まで務めた方です。
   私が、初参加した頃は、南部会の最高顧問で役員会に見え、
   「そこの態度の大きい子は、何処の子だね?」と言われました。
   B型の物おじしない態度が、気に障ったのか?頼もしいと思ったのか?・・・
   「南部の○○屋の長女で、祖父は、○○、父は○○です」と言うと
   「ああ、あそこんちの子」・・・みたいな。
   田舎は、同じ名字が多いので、『屋号』と言うのがあって、
   田舎に帰って、お店に出前などの注文をする時は、住所より、屋号の方が通りが良かったりします。

   明治34年生まれの発起人の方は、15年ほど前に亡くなりました。
   
   皆さんに、案内を出しても、「行きたくても、歩行困難な体になっているので、
   もう、案内もいらないです」・・・という返事を頂くと、がっかりしますが
   その年にならないと判らない事が多いです。

> いつまでも末長く会が続くことを願っています。
   有難うございます。これからは、後輩を育てなくてはいけませんね。

> monalisaさんのチャレンジ精神には脱帽です。
   60の手習い。mammyさんの「let's Challenge!!です。
   書道では、加齢と共に字も枯れていくので、美しいだけではない,人生の経験を積んだ
   素晴らしい字を表現したい・・・と思って参加しました。
   墨の香りが、より集中力を高め、書けば書くほど、欲も出て・・・そんな体験をしました。
   また、他人の作品のよい所をより引き出す,先生の言葉のマジック・・・指導力も学ぶ所が多いです。
   大きな紙に、綺麗な上手い字を唯、書くのではなく,空間もデザインしていく楽しさを学んでいます。
   次回は、7月28日です。お題は、『雲海』・・・どんな、雲海になるでしょう??

> 妹さんは初参加でしたか?
   今回は、Lizs が、参加しました。
   もう一人の妹が「Lizsも行ったの?歌っている後ろで、関係なく話し込んでいるじゃん!!」と・・・。
   
> 妹さんにとっても、ご一緒できたこともmonalisaさんにとって喜ばしいことでしたね。
   総会の時間が、30分も早く終わって、芸人さん達の後は、会員のカラオケにしましたが、
   その辺の現場指示を若手に「ああしよう・・・こうしよう・・・」と相談していたら
   「お姉さんが、会を回しているんだ」・・・と、驚いていましたが、
   もうドサクサに近いその場の判断は、「終わりよければすべて良し」
   ボヤボヤしていられない損な性分です。

 皆さん、お土産の南部茶とかりん糖(又は、蜂蜜)をもらって、幸せそうでした。   

暑中お見舞い申し上げます

梅雨が明けると同時に強烈な暑さ、体が付いて行けません。
お互いに夏ばてに気を付けて頑張って行きましょう。
それにしても「東京南部会」、歴史がありますね。凄いです。

こういった集まりは良いですよね(*´ω`*)
同郷の仲間が集まったり出来るのは羨ましいです(*ノ∀ノ)

自分の故郷というのは本当に大事にしたいものですね(ノ´∀`*)

梅雨明けですね。

hotterさん、こんばんは。

梅雨が明けましたが、この暑さにゃあ、かなわないですね。
生まれ月は、その人にとって、厄月だそうですが、hotterさんの生まれ月は、いつですか?
そして、その理論・・・当てはまっていますか?
昨日、今日は家の中でジッとして過ごしました。
南部会の名簿の整理です。
皆さん、住所の記載が間違っていたり、名簿に載っていなかったりすると
ものすご~~く、気分を害されます。
ボランテア精神でやっているのに、文句を言われると、参っちゃいますが、
やはり、何事も、プロ意識でもって接しなきゃあいけないんでしょうね。

> お互いに夏ばてに気を付けて頑張って行きましょう。
  気分的には、雑事に追われバテテいますが、hotterさんのコメントで、
  エネルギーUPしました。
  コメント、有難うございます。

高村光太郎の「道程」を思い出しました。

僕の前に 道はない    
僕の後ろに 道は出来る
ああ 自然よ 父よ    
僕を 一人立ちさせた 広大な父よ
僕から目を離さないで 守る事をせよ    
常に 父の気魄を僕に充たせよ
この遠い 道程のため   
この遠い 道程のため


はじめまして・・・

虫@貯蓄さん、こんばんは。そして、はじめまして・・・・。
> こういった集まりは良いですよね(*´ω`*)
> 同郷の仲間が集まったり出来るのは羨ましいです(*ノ∀ノ)
  虫@貯蓄さんの故郷は、どちらですか?
  県人会と言うと、組織が大きすぎて、事業でもしていない限り、参加の意味もないですが、
この会は、言わば「町人会」。
  町民1000人位の町では、田舎でありがちな、情報の早さ。
  生きるも死ぬも、結婚も離婚も、本人の知らない所で、うわさが広まっているような感じ。
  下手な事は、出来ません。
  
  良い事あり、悪い事あり・・・まあ、何処に行っても同じかも知れませんね。

  人との繋がりを大切に、故郷を大切に・・・の精神です。

   コメント有難うございます。
  

遅くなりました~

連休中、バタバタとしてユックリと読むことが出来ませんでした。
こんなこと言っちゃぁ、いつもお忙しく動いているmonalisaさんに笑われちゃいますけどね。

故郷を偲び語り合う‥素晴らしい会ですね。
50回以上も続いてるなんて...
実家まで車で10分の私には羨ましいような。
monalisaさんの力量で後輩を育てて
100回200回と続く南部会になるといいですね。

望月友美さんとのデュエットも、古屋育子さん指導の書道の会も
相変わらずバイタリティ溢れるmonalisaさん。

書道作品‥楽しみにしてます。
想像するにmonalisaさんの書はダイナミック~?



待ってました~~~

パンくんママさん、こんばんは。
> こんなこと言っちゃぁ、いつもお忙しく動いているmonalisaさんに笑われちゃいますけどね。
   大丈夫よ。でも、待ってましたよ。
   誰にも、のっぴきならない事ってあるものです。
   私は、今日は、忌引きの人のピンチヒッターで、今まで行った事のない店舗に
   かりだされて、ちゃんとお仕事してきました。

   私の今の使命は、「お助けman、イヤイヤwoman」なのですよ。

> monalisaさんの力量で後輩を育てて
> 100回200回と続く南部会になるといいですね。
   私の眼の黒い内・・・って、100回目まででしょうね。
   どうなって行くでしょうね。 個人主義な現代っ子たちは・・・。
   
> 書道作品‥楽しみにしてます。
> 想像するにmonalisaさんの書はダイナミック~?
   書きあがった作品を見た、同郷の人が、
   「さすが、monalisaさん。僕は、貴女が小さな字を書いたらどうしようかと思いましたよ。
    想像通りの、でっかい字で安心しました」って・・・。
    
   はみ出すほどの破天荒ではありませんが、勢いのある字で
   斯くして「桜」は、力強く、桜島が噴火しそうな勢い・・・に仕上がりました。

   パンくんママさん、もうお見通しです。

   60の手習い・・・これからが、勝負です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/164-5eac9891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

緊張感で収穫2倍 «  | BLOG TOP |  » 十薬会で、箱根旅行

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。