topimage

2017-06

フラワーアレンジメント( Square、June Wreath, Parallel )  - 2010.07.02 Fri

オランダ・ベルギー旅行と旅行記に明け暮れ、庭の草花やフラワーアレンジメントのUPもできなかったですね。
今綺麗なのは、やはりアジサイでしょうかね。

★=☆=★=☆=★ Square ★=☆=★=☆=★

5月の課題は、≪Square≫ です。

これは、モダンアレンジメントのうちのひとつ。花だけで構成する事と、白いミツマタの枝を切って、
四角い花器にアクアボンドを使って、Square の骨組みを作りました。
花は、水を入れた試験官に挿すだけですが、この Square の骨組みを作るのに集中力が必要となります。

≪花材≫バラ、かすみ草・・・・この2種類だけです。
マウスオン
<


バラとかすみ草を適当に挿して、爽やかな Square 、モダンなアレンジメントの出来上がりです。

★=☆=★=☆=★ June Wreath ★=☆=★=☆=★

生花のフラワーアレンジメントに比べ、日持ちが良いのがドライフラワーですが、
最近は、ブリザーブドフラワーや、アイスフラワーなどの枯れない花が市場に出回っています。

プリザーブドフラワー (preserved flower) は、美しい姿で長時間保存することが出来るように
専用の溶液を用いて加工された花です。
大まかな製法は、切花を咲いた状態で有機溶剤を用いて脱水、脱色してから、不揮発性溶液(保存液)で
水分を置換してから、染料で着色した後に乾燥したものです。
 (脱水にはメタノール・エタノールなどの低級アルコールを主成分とする液、水分の置換には
 ポリエチレングリコールや高級エーテルなど、不揮発性で比較的安全性の高い有機溶剤を用います。)

ドライフラワーと異なり、花弁の鮮やかさは生きた花と比べても遜色なく触っても柔らかくて瑞々しく
ウェディングブーケやインテリアフラワー、インテリアアートとしてその存在が一般的になっている昨今です。

≪花材≫
アジサイ(ブリザーブドフラワー)、スカピオーサ(ブリザーブドフラワー)、シャクヤク、ブルニア、
ウスネアイネス、ゲイラックス(オイル加工)、干し草、リース土台、
flower

アジサイのブリザーブドを使って・・・・・いつもなら,wreath-body 全体を花で埋めてしまうのですが、
アンバランスなちょっと大人な雰囲気のリースに仕上げました。

★=☆=★=☆=★ PARALLEL ★=☆=★=☆=★

PARALLEL(平行状配列法)の造形上のポイントは、マテリアル(材質感)がテーマです。
もじゃもじゃしたもの、つるつるつぃたもの、ざらざらしたもの、毛羽立ったもの・・・これらのマテリアルの
面白さを、平行状に層状に面の上に埋めていくのです。

≪花材≫
ミリオプラタス(もじゃもじゃしたもの)    スカピオーサゴールドヒィンガー(丸くてザラザラしたもの)
ヒカゲノカズラ(ざらざらしたもの)      ゲイラックス(光ったもの)
ココナツファイバー(もじゃもじゃしたもの)  モス(もじゃもじゃしたもの)
マウスオン
<


このようなアレンジメントは、どのように並べて変化を付けるか、またゲーラックスの様な葉は、どのようにして
面に収めるか、工夫が要求され、葉にちょっと切れ込みを入れてそこに茎を入れ丸めて挿しました。

モダンなフラワーアレンジメントの3点。うっとうしい梅雨時の一服の清涼剤になりましたでしょうか。




blogram投票ボタン



スポンサーサイト

● COMMENT ●

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーというものがあることを最近知りました。
結構長持ちするんですよね。
よく知りませんが、プリザーブドフラワーの状態で売られているんですか?
それとも自分で液に漬けたりして造るんですか?
野草でも出来るんだろうか?
そういうことには、ちょっと興味があります。

野草でプリザーブ・・・

清貧おやじさん、こんばんは。

私が、ブリザーブドフラワーに初めて接したのは、10年前の事です。
その時は、とっても高価でした。
花も、薔薇しかなかったです。

作品は、既成の物を使いましたが、
最近は自分で作れるプリザーブドフラワー液が普及し始めているそうです。
野草でも、出来るでしょう。
Let's Challenge!ですよ。

モダンなアート

こんばんは!
載せたいことがたくさんあったかとお察しします・・・=^-^=

【Square】、ミツマタの枝が不思議な感じです。
白のイメージがこの時期清涼感を与えてくれます。
試験官は何本くらい使われているのでしょう?
小ぶりなバラとの組み合わせが都会的な感じがしました。

【June Wreath 】、いろいろな加工技術があるんですね。
アイスフラワーもオイル加工というもの知りませんでした。
シックなリース、何年も美しさを維持できるなんて夢のようです。
monalisaさんの狙い通り、“大人な雰囲気”の素敵なリースになっています。

【PARALLEL】こちらもグリーンを主体にした同系色で仕上げてうっとうしい梅雨に清涼剤になりますね (゚▽゚*)♪
珍しい材質を駆使してどのように並べるのか?
そんな発想は楽しいでしょうね。

モダンなアート的な発想、頭の体操・刺激にもよさそうですね (^○^)

Re: モダンなアート

mammyさん、こんばんは。
> 載せたいことがたくさんあったかとお察しします・・・=^-^=
  お察しの通りです。
  でも、ちょっと燃え尽き症候群的な状態でもありまして、
  何を書こうか、どれから書こうか、どのようにまとめようか、
  何を関連付けようか・・・などなどです。
  
> 【Square】、ミツマタの枝が不思議な感じです。
> 白のイメージがこの時期清涼感を与えてくれます。
> 試験官は何本くらい使われているのでしょう?
> 小ぶりなバラとの組み合わせが都会的な感じがしました。
  試験官は、20本位使いました。
  かすみ草は、ドライフラワーでもいけますから、試験官に入れずにそのまま花器にのせます。
  パラレルでも、先生は、この花器を使いたかったようで、ミツマタを取り外して持ってくるように
  言われましたが、とんでもない事です。
  2時間位、ミツマタを立てることに集中して頑張って作った永久保存のスクエアー花器です。
  先生に、取り外すのは、断りました。

> 【June Wreath 】、いろいろな加工技術があるんですね。
> アイスフラワーもオイル加工というもの知りませんでした。
  
  アイスフラワーは、ベルギー生まれのフリーズドライの花で、ダニエル・オストがよく使います。
  フリーズドライの過程で本来の花の水分が氷となり、昇華されることから、
  アイスフラワーという美しい名前がつけられましたそうですが、ブリザーブドと違って
  何か特殊な加工をしたり着色したりすることなく、切りたての花の美しさをそのまま瞬間に閉じ込め
   自然な風合いと繊細な色合いそのままを、美しく長く、何ヵ月も楽しむことができます。
    
   ブリザーブドもアイスフラワーも高価です。

  オイル加工は、このリースの場合、ゲーラックス(茶色)が、そうです。
  花の保存には使えないけれど、グリセリンを使って木の葉をほぼ永久的に保存できるのです。
  枝ごともしくは葉だけを切り取って、ほこりを落として水2:グリセリン1の溶液を吸水させます。
  枝なら花瓶みたいに挿して、葉だけなら重しを乗せて葉全体を溶液に浸すと良いです。
  葉が大きいときは溶液を水1:グリセリン1くらいに濃くして、
  グリセリン溶液を吸水させると、葉は少し茶色かかった色に変わるけれど、
   いつまでたってもしおれない、柔かい雰囲気の葉を保存できます。

> 【PARALLEL】こちらもグリーンを主体にした同系色で仕上げてうっとうしい梅雨に清涼剤になりますね
> 珍しい材質を駆使してどのように並べるのか?
> そんな発想は楽しいでしょうね。
  友人は、ゲーラックスの葉を、丸め中に花を挿していました。
  3人いれば、三人三様のアイデアで、・・・面白いです。
  
> モダンなアート的な発想、頭の体操・刺激にもよさそうですね (^○^)

  素敵なコメント、有難うございます。
  ありきたりでない、発想転換を要求されますが、
  佐々木先生の挑戦的なアイデアにのっかって、刺激を受けています。

ステキ!

monalisaさん、おはようございます。

5月の課題の≪Square≫は今の時期とってもいいですね。
ミツマタの枝に白いバラとかすみ草...
ジメジメの毎日を送っているので、見ているだけで涼しくなってくれそうです。
試験管って、結構アレンジで使うんですね。
前にもありましたよね、面白い。

プリザーブドフラワーは何年か前、通販で液を購入して作ってみようかな~
…って思ってたんですけど、未だに思ってるだけにとどまってます。
アジサイは今ドライに挑戦中です。
こんな素敵なリースが出来るといいな。

PARALLELはお花のケーキのようですね。
グリーンが主体で瑞々しいデザートのようです。
スカビオサの種は面白いですよね。
系統によって種の形も違いますが、何年も前ゴールドフィンガーのような種が出来て感激したことがあります。
ゲーラックスは難しそう...
これはアイデアを要求されるアレンジですね。
どれもとってもステキです。


今回も素晴らしいアートを見せて頂きました(ペコリ)

ありがとうございます=*^-^*= ☆☆☆

パンくんママさん、こんにちは。

褒めてくださり有難うございます。
この時期、白とグリーンは、涼しげで新鮮なイメージですよね。
> 試験管って、結構アレンジで使うんですね。
   去年から、試験官による演出機会が増えましたね。
   これも先生が敬愛してるダニエル・オストの影響でしょうか。

> プリザーブドフラワーは何年か前、通販で液を購入して作ってみようかな~
> …って思ってたんですけど、未だに思ってるだけにとどまってます。
   思っているだけでも、立派です。
   ドライは、可能でも、ブリザーブドは、自分ではできないと思っていました。
   アジサイのドライ・・・綺麗に仕上がると良いですね。
   我が家は、普通のアジサイの外に娘がお気に入りのアナベルがあります。
   秋色アジサイがあるといいな~~と、前から思っているんですがね。

   パンくんママさんが、どんなリースを作られるのか楽しみです。
   きっと、上手くいくさ!!

> PARALLELはお花のケーキのようですね。
> グリーンが主体で瑞々しいデザートのようです。
   「お花のケーキ」・・・言われてみれば、そのような・・・ですね。
   スカピオーサの種・・・あれ、播けば芽が出るかしら。失敗です。
   潔く、全部、捨てちゃった。
   
> ゲーラックスは難しそう...
   ゲーラックスの残りは、グリセリン加工をしたら・・・と、先生にすすめられましたが
   これも時間がなくて、潔く→→

 時間がたっぷり・・・という贅沢を味わいたいです。

シンプルに白バラとかすみ草が好いですね♪
清潔なイメージで豪華さもあって素敵です。

ありがとうございます=*^-^*= ☆☆☆

lavandreさん、こんばんは。
> シンプルに白バラとかすみ草が好いですね♪
> 清潔なイメージで豪華さもあって素敵です。
  私は、御友達とは違って、ちょっと段差を付けて(三段階の)、ミツマタを立てました。
  台を、水平に置いても、アレンジメントを眺められる会心の作品です。
 
  そう、仰るとおりですね。
  白バラとかすみ草・・・狙い通り、爽やかなイメージで、私も大好きです。
 
  近いうちに、アジサイで、もう一度チャレンジしてみようかしら?
 
  


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/159-40940969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

七夕の思い出 «  | BLOG TOP |  » オランダ・ベルギーの旅 第10章 (個性豊かなベルギービール)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。