topimage

2017-10

オランダ・ベルギーの旅 第9章(ブルージュ~デルフト)2010.5.25 - 2010.06.22 Tue

ブルージュからオランダのデルフトに向け、≪オランダ・ベルギーの旅≫いよいよ最後の日になりました。
ホテルを出て、ブルージュの街角で、≪二度あることは、三度ある≫・・・第3の事件が起きました。
子供を乗せて学校に送り出すお母さんの車が、バスに追突して、車のホイルが外れてしまいました。
運転手さんとツアコンは、むち打ちなどの怪我をしなかったか心配してくれましたが、皆さん、大丈夫でした。
trip
デルフトまでに向かう途中、トイレ休憩に立ち寄ったマクドナルドは、今まで見たこともないほど規模が大きく
鮮魚コーナーはドライブインとしては、珍しく、その場で絞ってくれるフレッシュジュースも美味しく、
ツアコンお勧めのここマック限定のコロッケバーガーは、今回は残念ながら食べなかったです。
<<<<<

子供達の農場≫を併設しているレストラン【 DE SCHAAPSKOOI 】で、昼食です。
<<<<<<

ランチメニューは、【エルテンスープ】と【ソーセージ料理】
エルテンスープ≫は、冬になると恋しくなるスープだそうです。
 青豆がベースで、ポテト、玉ねぎ、人参、乾燥ソーセージを加え半日ほど煮込み、豆の形がなくなったら出来上がり
 ポテト、人参、玉ねぎを茹でて鍋の中でつぶしたものに、牛肉の煮込みを添えた≪ヒュッツポット≫も有名。
 ヒュッツポットは、10月3日のライデン解放記念日には、お祝いで食べるそうです。
マウスオン
<


★=☆=★=☆=★ デルフト陶器工房見学 ★=☆=★=☆=★

「デルフトの眺望」を描いたフェルメールの生まれたデルフトは、白とブルーのデルフト陶器でも有名です。

我々が訪れたのは、【 Royal Delft
17世紀創立のデルフト焼の窯元のうち、現在も存続している唯一の窯元がロイヤルデルフトだそうです。
デルフト陶器は、15世紀後半の終わり頃中国及び日本磁器を模倣してオランダ人によってはじめて作られました。
今も伝統的な手法で1つ1つ職人の手で絵付けされています。

入り口にはオランダならではのチューリップ専用の花器も展示ではなく実用的に飾られていました。
一見普通の博物館風ですが壁に貼り付けているタイルも階段の手すりや門扉も陶器で出来ています!
昔ながらに、木炭の粉で描かれた下絵をもとに図柄を忠実に再現していく繊細な絵付けです。
白地にデルフトブルー2色のみなのにとっても華やかですが、色柄的にローヤル・コペンハーゲンに似ている・・・と
思いました。赤色が入ったものや『デルフトブラック』なんて黒地に色が入ったもの、白とグリーンもありました。
レンブラントの「夜警」の摸倣は、2人の職人が480枚のタイルに釉薬を付けて左右から焼いて、
2000年に、1年かけて作ったそうです。
<<<<<<

ここで、一番気にいったのは、壊れた陶器を使ってデザインした、門扉です。
trip

trip  trip
trip  trip
trip  trip
trip  trip
ロイヤル・デルフトでは、蓋つきの陶器(€ 55→tax freeで€ 50)を買いましたが、はてさて何を入れましょうか。

★=☆=★=☆=★ スキポール空港 ★=☆=★=☆=★

デルフトから60km、約1時間15分かけてアムステルダムのスキポール空港に・・・いよいよ帰国の途につきます。
さて、スキポール空港での楽しみは、やはり免税品のショッピングです。
 チューリップの球根は、時期的に昨年の物なので、発芽しないきらいがあるようですが、記念です。
 来年は、我が家の庭に綺麗なチューリップとダリアを咲かせることにしましょう。

 チョコレートは、Neuhausのプラリネの500g入り。12個のプラリネが3段に重なって合計36個、€27.5 。これはお得!!
 ツアコンお薦めが、スキポール空港限定のウオッカ。オレンジジュースと割って飲むのが、美味しいそうです。
 帰国後、がっかりしたブルガリの香水、3種類。免税店より、ネットの方が安かったです。
 
さてさて、飛行機に搭乗して、席に着いてみたら、他は満席なのに、私の隣の人は、なかなか姿が見えず・・・
結局、来ずじまいで、ゆったりと帰国~~と喜んでいたら・・・第4の事件が、勃発しました。
エンジントラブルで、飛び立てない・・・って言うじゃあないですか。とっても、不安になりました。
しばらくして、「飛行機を乗り換えますので、手荷物を運び直して、2時間後に、再搭乗してください。
ギャランテーカードを発行しますので、ご利用ください。」というのです。
ツアコンによると、KLMは、こういう所の対応はとっても早い・・・とのこと。ギャランテイーカードの内容は、
 ①国際電話の利用チケット
 ②エアーポート内での飲食券(€ 10)、又は買い物券( € 15)、又はスキポール空港内の美術館無料券
 ③KLM航空利用割引券( € 50)

第4のトラブルは、万が一の場合は、命取り。不具合な飛行機を利用するより、乗り換えた方が・・・でも、不安です

日本への国際電話、でも日本は、明け方の5時。家族に不安を与えてはいけないので、・・・やめました。
エアポート内での飲食券で、ピザとビールを頼んで、しばし時間調整して、再搭乗。

<<<<<

遅れる事2時間。無事、日本に戻って来ました。

皆さん、『オランダ・ベルギーの旅』長旅をお付き合いくださり、有難うございました。

 Dankuwel. Tot ziens. 
 
 Merci. Au revoir. 




blogram投票ボタン



スポンサーサイト

● COMMENT ●

デルフト陶器の青×白が大好きです。
なぜこんなに惹かれるのだろう?と昔から
私自身の7不思議の一つです・・・v-356

波乱万丈の旅だったんですね! 
でもお怪我もなくご無事で よかったです♪

壊れた陶器を使って作った門扉、すごく素敵ですね♪

七不思議ですか?

milegeさん、Bon soir.
 確かに、デルフト陶器の青X白は、素敵で魅かれますね。
 ロイヤル・コペンハーゲンよりしっかりしたタッチですね。
 milegeさんの「七不思議」の一つですって・・・。
 他の六つも知りたいですね。(笑

 

そう思いますか・・・

miyaさん、Bon soir.
 「旅行どうでしたか?」と聞かれたら、
 オランダ・ベルギーの感想より、すぐトラブル続きの話題になっちゃって
 皆さんに、驚かれます。
 こうして、旅行記で見直すと、見どころ満載のよい旅でした。
 我々は、然したるトラブルにも会わずに
 4人とも、8日間上手くやれたので、味をしめて
 次は、「スイスに行ってみたい」とか「韓国に行きたい」とか・・・

> 壊れた陶器を使って作った門扉、すごく素敵ですね♪
 miyaさん、気付いてくれてありがとう。
 この門扉、ツアー仲間で、気付いた人がいたかしら?
 開いていた門扉を、閉じて写真に収めたのは私なんです。
 みなさん、いそいそショッピングコーナーに向かわれるんで
 一人で、じっくり写真に撮りましたよ。
 これ、何かに応用できませんかね?
 我が家の壊れたブランド陶器を、こんな風に・・・
 最近、創作意欲に目覚めています。

おはようございます(*'-'*)"

(。'-')(。,_,)ウンウン この門扉、お土産として持って帰れないのが
残念!って思いましたよ~(=^m^=)
アイデアも素晴らしいし、デザインとしても素敵ですもの~♪
monalisaさんなら、お家の壊れた陶器で、何か素敵なものが作れそうですよ~~!
ぜひ、試してみてくださいね♪(*'-^)-☆

miyaさん、参ってますか?

miyaさん、Bon jour.(*'-'*)"
> (。'-')(。,_,)ウンウン・・・これ、かわいいですね。
 (.'-')(.,_,)・・・コピーせずに、挑戦してみました。
 こんな面白絵文字は、誰が考えるんですか?miyaさんのお手製ですか?

 門扉での再度コメント有難うございます。
 こんな門扉は、室内だから良いのかも。
 私は、テラスのテーブルなんかの応用にいいかな?と~(=^m^=)
 
 夢です。でも、不可能ではない・・・いつか、きっと・・・♪(*'-^)-☆・・・ね。

オランダ・ベルギーの旅 第9章

こんばんは!
いよいよ、9章になりましたね。
Macに鮮魚コーナーやフレッシュジュースが飲めるコーナーがあるんですか?
面白いですね (゚▽゚*)♪
お味見もしてみたかったですよね?

≪子供達の農場≫に興味がありました。
子供が野菜を作るんですか?
茅葺?の屋根が日本の家屋のようで面白いです。

デルフト陶器、素敵ですね。
中国や日本の磁器を模倣して作られたとのこと、なんとなく親近感があります。
チューリップ専用の花器、面白いですね 。o@(^-^)@o。
デルフトブルーもデルフトブラックもどちらも素敵ですね。
今でも一つづつ手作りされていると聞きますが、素晴らしい芸術ですね。
「夜警」のタイルは、圧巻ですね! 実物を見てみたいです!!
壊れた陶器を使った、門扉も素晴らしい!

最後はお土産選び、それも楽しみの一つですね。
4つのトラブルに見舞われながらもご無事で帰国されたこと、良かったですね。
トラブルも今となっては良い思い出に変わるのでしょうね?
お疲れ様でした <(_ _)>
後はビール特集?ですか (^○^)

gooブログの字数のこと、コメントするのを忘れてしまいました。
今回の内容で、9,561字/1,000字で実際にはあと100文字程度でアップができなくなります。
保存ができなくなるので、文字を削除するしかないのです。
今回の内容は、5枚のスライドショーが3つと、2枚のスライドショーが2つです。
16枚を入れてしまうともう少ししか入れることができないのでやりません。

いよいよクライマックス 第9章です

mammyさん、Bon jour.

いよいよクライマックスです。
Macに鮮魚コーナーやフレッシュジュースが飲めるコーナーは、面白いでしょう (゚▽゚*)♪
ベルージュのホテルを出て2時間ぐらいしかたっていない、トイレ休憩で寄ったMac.ですので
まだお腹もすかず、フレッシュジュースを2人で1杯で充分。
でも、美味しかったですよ。

DE SCHAAPSKOOIは、≪子供達の農場≫というより≪子供達の牧場≫と言った方が
正しいようです。羊や鶏が放し飼いになっていて、小動物に触れ合える遊び場です。

藁屋根は、デ・ホーヘ・フェルウェル国立公園のビジターセンターでも見かけましたね。
温かみがあって郷愁を感じます。今では、日本では田舎に行かないと見られない光景ですが
エコな国、オランダならではのこと。自然を生かして充分な葦を使っているんですね。

デルフト陶器は、とても温かみのある絵付け。
チューリップの国ならではの花器、形がおもしろい 。o@(^-^)@o。(こんな絵文字も面白い)ですね。
> 「夜警」のタイルは、圧巻ですね! 実物を見てみたいです!!
> 壊れた陶器を使った、門扉も素晴らしい!
  門扉の奥に「夜警」の絵タイルが掲げられています。
  結構な大きさでしょ。
  この門扉、スゴック気に入っちゃいました。
  
> 最後はお土産選び、それも楽しみの一つですね。
  主人は、「お母さんの旅行は、旅費の2倍必要だから・・・」と
  あんに買い物好きを認めているキライがあります。
> 4つのトラブルに見舞われながらもご無事で帰国されたこと、良かったですね。
  有難うございます。
  ねェ~~、凄い強運でしょ。
  皆さんに、旅行の感想を聞かれても、開口一番、トラブルのこと。
  でも、ツアコンの荒木さんは、いつも平常心で感心しました。
  30歳になるかならないかの年頃。
  その頃、自分は・・・と。イキイキと仕事をしている姿は、素晴らしかったです。
  次の旅行も、同じ旅行社にしようと思っています。
> 後はビール特集?ですか (^○^)
  アルコールのいただけないmammyさん、
  mammyさんのいつもイケてるコメント、期待してます。

> gooブログの字数のこと、コメントするのを忘れてしまいました。
> 今回の内容で、9,561字/1,000字で実際にはあと100文字程度でアップができなくなります。
> 保存ができなくなるので、文字を削除するしかないのです。
> 今回の内容は、5枚のスライドショーが3つと、2枚のスライドショーが2つです。
> 16枚を入れてしまうともう少ししか入れることができないのでやりません。
  fc2では、文字制限は、あるのかしら?
  書き放題、UPし放題で、読むのが面倒!!とも言われちゃいますが
  自己満足の世界ゆえ、悪しからず・・・と、うそぶいていますが、
  今回のビール特集まで入れて、結構書き出がありました。

  Dankuwel.Tot ziens.
  

とうとう終わりになっちゃいましたね。
毎日数回覗かせてもらってました。
やっぱり私のパソコンじゃ重すぎるようで
開くのに時間が掛かっちゃうんですよ。

壊れた陶器の門扉は面白い~。
欠けてしまったお皿…応用できそうですよね。
なんか作れないかな~って、monalisaさんのように考えちゃいました。
ドライブインのフレッシュジュースはどれも美味しそうですね~。
私だったらコロッケバーガーも絶対食べますわ!

それにしても本当にトラブルの多い旅だったんですね。
よくぞご無事で帰国なさいました~。

またユックリと時間を掛けて、1章から読ませていただきます。

Re: タイトルなし







パンくんママさん、Goedenavond。

  先日妹にも指摘され、1日毎UPするように設定しなおしましたが
  やはりダメでしたか。
  以前のパソコンを思い出しました。
  結構、イラっときますよね。
  ごめんなさい。
  
> 壊れた陶器の門扉は面白い~。
  これ、すてきですよね。
  こういうアイデア、いただきです。

> ドライブインのフレッシュジュースはどれも美味しそうですね~。
> 私だったらコロッケバーガーも絶対食べますわ!
  コロッケバーガー・・・これ、朝食して間もなくだったんで残念です。
  Macとしての想像を越えた 鮮魚コーナーは、
  オランダでの思い出のひとコマとして
  いつまでも記憶に残っている事でしょう。
  
本当に、我々のグループにトラブルが起こらなくって
また、自分も皆に迷惑かけることもなくって、よかったです。
有難うございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/157-09b43d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オランダ・ベルギーの旅 第10章 (個性豊かなベルギービール) «  | BLOG TOP |  » オランダ・ベルギーの旅 第8章(ブルージュ)2010.5.24

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (13)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。