凛とmonalisa

2017-05

monalisaのガーデンカフェ ( オーリキュラに魅せられて) - 2010.05.16 Sun

軽い花粉症と余りの寒さで、庭に出るのも億劫でしたが、春を告げる春蘭や大文字草に誘われて、
おな座りにしてきた庭周りを綺麗にして、クリスマスローズの花も切り取って来年の準備をしました。
                                                                マウスオン
<

パンジーやビオラと一緒に植えたサプライズなチューリップが咲き始めやっと春らしく暖かくなって、
庭の草花達が、動き出し、百花繚乱、いよいよ春本番です。

                                                                マウスオン
<

家を建てる時に草取りの手間を省くために、日当たりのいい植物にとって打ってつけの場所を、タイル張りにして、
パーゴラにしたので、草取りの面倒は、半減しましたが、その後、南側に家が出来たりして、環境も変わって、
日光を必要とする植物には、相応しくない庭になってしまいました。

四季折々、置き場所も日光を追い求め、植物の様子を見ながら、「育てる悦び」を楽しんでいます。
・・・とは言うものの、水やりを忘れると、折角の植物も枯れてしまいますので、比較的丈夫な薔薇や牡丹を、
地植えにしましたが、日照時間を問われる薔薇や牡丹は、我が家では、ちょっとした、冒険なんです。

★=☆=★=☆=★ 牡 丹 ★=☆=★=☆=★

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」とは、美人の姿を形容する言葉だそうですね。
牡丹は『20日草』とも言われ、花期が長そうに思われますが、これはつぼみの時期から数えた日にちで、
実際は3日、4日で、1週間も持たず、雨が降れば1日花と同じ運命。雨が降ったので、ヒヤヒヤものでした。

【育て方】
 ・日当たり・排水の良い地を好み、夏の西日は避けるほうがよいようです。
 
 ・花後は株の衰弱を防ぐために、首の部分から切り落とし、お礼肥を施す。
 
 ・5月下旬~6月上旬までに、茎と葉の間に出来ている芽を、下から数えて2つ位残し、上の方の芽を掻き取る
 
 ・適葉、整枝は、葉が傷んできているので、全部切り落とし、(花芽に大事な養分が渡っていて、
  余分な病害虫の予防になる)12月までに、残した芽の不要な部分を切り取る。
 
 ・植え付けは、9月下旬から10月下旬が適している

 ・牡丹は、薔薇同様、肥料食い①花後のお礼肥②秋(10月頃)の元肥③12月末~1月初めの寒肥・・・をする

≪牡丹と芍薬の違い≫
 ・牡丹はなので、そのまま越年して、茎から芽がでる。枝分かれしやすく横張りの樹形になる。
・芍薬はなので、冬に根を残して枯れ、春にまた新芽を出す。枝分かれせずにまっすぐに立つ。
                                                                マウスオン
<

牡丹は、気難しい花木との事、来年も咲いてくれるか、気になります。

★=☆=★=☆=★ プリムラ( Primula ) ★=☆=★=☆=★

プリムラは、ヨーロッパやアジアに自生するサクラソウ属 の原種やその変種、品種、またそれらを交配して
作られた品種群で、プリムラ・ポリアンサ、プリムラ・ジュリア、プリムラ・マラコイデスなどは
園芸店でよく見受けられ、品種も豊富です。日本にも自生し江戸時代以降育種されているサクラソウ (P. sieboldii) は
古典園芸植物として別に取り扱われ、桜草マニアも多く、桜草群落も各地にあるようで、埼玉県の県花ですね。

花言葉は永続する愛情、富貴、神秘な心、運命を開く、可憐、うぬぼれ・・・だそうです。

プリムラ・エリザベスキルレイ
花壇で鉢植えで、可愛らしい小花をたっぷり咲かせる「ガーデンプリムラ」です。
昨年地植えにしましたが、今年も忘れずにより美しくボリューム感満点、花壇を賑わせています

マウスオン
<


プリムラ・オーリキュラ
3年前に出会った“マニア垂涎(すいぜん)”のプリムラ・オーリキュラ
今年は、種類も増やして、薔薇やクレマチス、クリスマスローズについで、マニアになりつつある大事なお花です。

この花は、もともとはヨーロッパアルプス、カルパチカ山脈などの石灰岩地の高山に自生する常緑多年草で
葉は肉質が厚く、原種は散房花序に細めの黄色い花が咲き、 その繊細な立ち姿と、古典的な花から、
英国の王族・貴族の間で、かっては門外不出の花・・・として守り続けられ、「生きる絵画」と言われ、
400年かけて職人達の手によって育種された幻の銘品だそうです。
                                                                マウスオン
<


葉に美しい粉(フラボン)があり、水をかけると流れてしまい、観賞価値が激変し、 環境の変化に非常に弱く、
水遣りなども葉に水をかけない、雨に当てないなどの 注意が必要のようです。

オーリキュラの魅力のひとつは「お粉」です。
葉や茎に吹く白い粉(フラボン)、中にはガクや花首、花びらにも粉が吹き
この粉が、観賞用には勿論のこと、育成(水分の蒸発予防)にも関係してくるのだそうです。

【オーリキュラの定義】なるものがあるそうです。
①円形に近く花弁がフラットで波打たないこと (花弁のゆがみは禁物で、幾何学的に美しい均整が重要である)
②花弁の切込みが少ないこと
③短花柱花(おしべが見えない)であること
 ・・・サクラ草属植物の花は、ほとんどが長花柱花(めしべが長く、おしべが短い)・・・
④花弁の隙間がなく、中心円環が円形で歪みが無い事
⑤花弁が6枚以上あること
⑥エッジの部分が大きいこと
⑦粉が充分に分泌されていること
以上の約束事をクリアした「プペスケンス」だけが 「オーリキュラ」と呼ぶことができる銘品の株・・・との事。

シリウス  
 シリウス Sirius. 
 1979年「天狼星」Frank Jacques氏作出 
 黄色にキャラメル色の個性的な色合い
 
 ソード Sword「剣」 
 Derek Salt氏作出
 グリーンエッジの銘品のFleminghouseと
 Pragueを親に持つ
 気品あるグリーンエッジダブル
ソード
ハンサム・ラス 
  ハンサム・ラス Handsome Lass.
  Derek Telford氏作出 

  エルジー・メイ Elsie May. 
  1972年 Derek Telford氏作出
  花が進むと深い紫からベルベットのような
  質感と色合いになる。
  90年と91年のMidlandとWestのTop Six内に
  2年に 渡りフィーチャーされた逸品
エルジー・メイwidth=300
リー・ボール 
 リー・ポウル Lee Paul. 
 1990年発表 育種家Derek Telfordが彼自身の
 作品の中での最高傑作と自負する名作
 整った形に平らな花弁、キャラメル色から
 ダークイエローへのシェイドが印象的


13種類のオーリキュラのうち、シリウス、ソード、ハンサム・ラス、エルジー・メイ、リー・ボールなど、
一流のナーサリーが作出した銘品と言われるオーリキュラ、5種類の開花の様子をごらんください。
花弁が、円形で波打っていない、花弁の切り込みが少ない、おしべが見えない?
花弁の隙間がなく、中心円環が円形で歪みが無い、花弁が6枚以上ある? エッジの部分が大きい?
粉が充分に分泌されているかしら?・・・ソードやリー・ボールに見る白い粉(フラボン)が、大事なのです。
<凛とオーリキュラ>
<>
<>
<>
<>
<>
<><>
<>
<
<>
<>
<><><><><><>


どうでしょう?球形に咲くまでは、まだまだ時間が必要なようです。結構気難しいお花で、育てがいがあります。

2年前は、園芸ネットで、買い求めましたが、知れば知るほど「銘品」一流のナーサリーから・・・と、欲が出てきて、
今年は、世界の山野草を取り揃えている北海道の湯沢園芸から、、クリスマスローズのシングル、ダブルのブラックと
それから、私の一番の関心事、もう直ぐ目覚める楽しみの「????」と一緒に買いました。
「????」なんだろう~~~。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

monalisaさん こんばんは~☆
紅い牡丹が美しく咲いていますね~~♪
気難しいお花だそうですが、monalisaさんのお世話がいいのですね♪

プリムラ・オーリキュラって マニアックな珍しいお花ですよね!
花雑誌などでは目にするけれど、実物には出会ったことがありません。
さすがに、なんともいえず素敵なお花ですね~~~!
色合いと言い、表情といい、不思議な魅力がありますネ^-^v
綺麗です♪
粉が特徴とは知りませんでした。
いろいろと定義があるんですね!
monalisaさんのお庭のお花、これからも楽しみにしています*^-^*

こんばんは!
春蘭がりっぱに咲いていますね。
昨年の蘭展で買ってきた春蘭(高かったのに!)昨年のままちっとも成長していません。
細い鉢のままだからでしょうか?

牡丹も立派ですね ヾ(=^▽^=)ノ
大きくて美しいです!

マニアックなプリムラ?・・・歴史を考えると幻の銘品、貴重なものですね (゚▽゚*)
「生きる絵画」と言われるのも一目でわかる気がします。
色も形も、とてもかわいいですね。
確か、パンくんママさんの所でお見かけした記憶があります。

凛ちゃん、“見返り美人”・・・とってもかわいい!!
カメラ目線の凛ちゃんもいいですね (o^-^o)
庭仕事も一人じゃないって、いいですよね。

ありがとうございます。

miyaさん、(*~▽~)/ばんわぁ~♪

> 牡丹も種類が豊富ですね。赤、白、ピンク、黄色もありますが、
 やはり赤は、特別な色のような感じで大好きです。

>気難しいお花だそうですが、monalisaさんのお世話がいいのですね♪
 ありがとう~~miyaさん、
  鉢植えを、地植えにする時や、芽かきとか、色々決まりごとがあるので、
  庭仕事にかかりっきりでないので、忘れちゃいそうです。
  大きな花の牡丹は、雨にも弱いんですよ。

 オーリキュラも、種類豊富。
 もう少し球状に花が展開すると、育て上手と言われるでしょうね。

> monalisaさんのお庭のお花、これからも楽しみにしています*^-^*
 あまり、庭の花を取り上げてないですね(笑
 これからバラも咲いて、賑やかになって行くのでしょうが
 5月19日から、かねてから予定していた「ベルギー、オランダの旅」に出かけてしまいます
 きれいに咲いた薔薇、まだまだこれから咲くバラもあって、
 19日までにブログUP・・・忙しいです~~ゥ。
 
  

牡丹、オーリキュラの次は・・・

mammyさん、(◎ゝ_●・)y─o0○こんばんは~○0o─y(′ε`●)
> 春蘭がりっぱに咲いていますね。
 この春蘭は、田舎の隣のご主人(と言っても幼馴染)から、いただいたもので、地植えです。
 高かった・・・という春蘭は、銘がついていたのでは?
 
> 牡丹も立派ですね ヾ(=^▽^=)ノ
> 大きくて美しいです!
 薔薇、顔負けの大きさですよね。
 大変、気にいってます。
 鉢植えだと、水揚げなどの手間がかかるので、今回地植えにしちゃいました。

> 確か、パンくんママさんの所でお見かけした記憶があります。
  あらあら、パンくんママさん、持っていましたか。
  どんな種類かしら。見てみたいですね。
  これも、花芽がむくっと盛り上がってから、花が咲くまで
  けっこう思わせぶりな花で、また表情が、子供の頃書いた絵のようで可愛いですよね。
> 凛ちゃん、“見返り美人”・・・とってもかわいい!!
> カメラ目線の凛ちゃんもいいですね (o^-^o)
> 庭仕事も一人じゃないって、いいですよね。
  最近は、カメラを向けても、ジャーキーで吊らなきゃ、
  いいポーズを取ってくれませんのよ。
 
  これからは、薔薇仕事で忙しくなりますが、残念ながら一番きれいな時期に
  「ベルギー、オランダの旅」に出かけちゃいます。
  あれもこれも、やることがいっぱいあって大変です。
  旅行前に、折角咲いている薔薇だけでもUPしたいと思ってます。

  牡丹、オーリキュラの次は、薔薇とクレマチス・・・です。
   
  mammyさん、有難うございます。

見事な牡丹ですねぇ。
まだ、チューリップが咲いているんですか。
家のは、とっくに終わっちゃいました。
ちょっと前になりますが、
植えたイチゴが色づいてきたので、
明日、収穫しようと楽しみにしていたら、
次の日、鳥に全部、食べられてしまいました。
くそぉ。
せっかくブログにアップしようと思っていたのに...。
残念!
鳥はよく知っている。
農家の気持ちが分かりましたよ。

タイムリーでないチューリップ・・・でした。

清貧おやじさん、ヾ(・∀・`*【♥♡*†*♠こんばんは~♤ *†*♡♥】
> まだ、チューリップが咲いているんですか。
  すみません。とっくに終わってますが、春蘭、サプライズだったチューリップなどの
  UP忘れていたのです。

> 植えたイチゴが色づいてきたので、
> 明日、収穫しようと楽しみにしていたら、
> 次の日、鳥に全部、食べられてしまいました。
  鳥は、匂いで判る?色で判る?どっちかしら?
  
  以前、オームのサティヤンに機動隊が入って行く時、
  鳥をお伴にしていたのを思い出しました。
  やっぱり、匂いでしょうね

>せっかくブログにアップしようと思っていたのに...。 残念!
  おとっときのネタでしたのに、残念でしたね。

みごとな牡丹ですね~

そして個性的な色・花びら 幻の銘品初めて知りました!

お気に入りの花があって季節が感じられる、なんだか優しい雰囲気のお庭ですね♪

次は、いよいよ薔薇です。

こうひいさん、o(●′┏_┓`)o*:.+:゚おっはぁ~。:.+.:*w(′┏▽┓`●)w
> みごとな牡丹ですね~
  有難うございます。
  私も、惚れ惚れ・・・です。もうとっくに、花は終わって、
  花首を切って、お礼肥をして・・・芽かきは、いつでしたっけ?
 ≪5月下旬~6月上旬までに、茎と葉の間に出来ている芽を、下から数えて2つ位残し、
  上の方の芽を掻き取る≫
  ??これ、去年やったかしら??
  
  19日から、ベルギー、オランダに行ってきます。
  帰ってきたら、「芽かき」することにしよう・・・っと。

> そして個性的な色・花びら 幻の銘品初めて知りました!
  こうひいさんの“シーグラス”も、個性的かもね。
  滅多に出会えない品を持っている・・・コダワリのある生活に憧れますね。
> お気に入りの花があって季節が感じられる、なんだか優しい雰囲気のお庭ですね♪
  片手間のガーデニングですので、決まり事を忘れやすく
  これからアップするバラも、いくつか昨年ボツにしました。
  心に余裕がないと、ダメですね。
  そんなこんなで、留守中の薔薇、気になります。

>   こうひいさん、褒めてくださって、有難うございます。

牡丹が美しく咲いてますね。
庭付きの社宅に住んでいたとき芍薬は育ててましたが
牡丹に関しては未経験です。
気難しい花木...
こんなに綺麗に咲かせられて流石manalisaさんですね。

mammyさんがお伝え下さったようですが、オーリキュラは
数種類育ててます。
粉を吹いたお花にゾクゾク(?)っとくるものを感じ
数年前から魅せられてます。
でも、例のごとくズボラなもので名前はわかりません~。
酷暑となった夏には非常に気を遣っちゃうんですが
monalisaさんは置き場所を変えてますか?
確かに気難しいですけど、monalisaさんの写真を見たら
もう少し増やしたくなっちゃいました(笑)



特別な花、オーリキュラ

パンくんママさん、・∀・`*♥♡*†*♠こんばんは~♤ヾ・∀・
> 庭付きの社宅に住んでいたとき芍薬は育ててましたが
  芍薬は、難しくなかったですか?
  豪華さは、牡丹の方が勝ってますね。
  
> monalisaさんは置き場所を変えてますか?
  パンくんママさんとブロ友になったのは、ベビくんが生まれる頃でしたね。
  オーリキュラは、もう咲いちゃって、UP終わっていたようですね。
  置き場所ですか?
  そこなんですよね。昨年は、何処に置いたかしら?
  雨がかからないように・・・となると、部屋の中だったかしら?
  昨年は、4月14日には、咲いてブログUPしているから今年は、みんな遅いですね。
   
   http://monalisa15.blog54.fc2.com/blog-entry-40.html

  今年は、屋根付きベランダにオーリキュラコーナーを作ろうと思っていますよ。

> 確かに気難しいですけど、monalisaさんの写真を見たら
> もう少し増やしたくなっちゃいました(笑)
   エッジ オーリキュラは、お好きですか?
結構マニアックなかんじですよね。

でも、一度出会っちゃったら、特別な関係になりそうな・・・オーリキュラです。
パンくんママさんと共通のお気に入りがあって嬉しいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/142-efb28f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

monalisaのガーデンカフェ(やっぱり、薔薇が好き) «  | BLOG TOP |  » 初節句と母の日に(heartと一緒)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (55)
レクイエム (8)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (8)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。