topimage

2017-08

フラワーアレンジメント(和のデザイン) - 2009.01.09 Fri

佐々木麗子フラワーアレンジメント教室は、第1水曜日に、TIFFANY銀座本店が入っている銀座2丁目の
岩崎ビルの7階の「The Tea Room」で、午後1時半から行われる。
TIFFANY銀座本店は、2008年11月にリニューアルされ、綺麗に、しかもセキュリティーが
今までより強固になって、夜はエレベーター脇にコンシェルジュがいる。
アレンジ1月 002    アレンジ1月 004
 
2009年のアレンジメントはダニエルオスト風に、生けてみましょう・・・と。
1月のアレンジメント≪籠を使って・・・和のデザイン≫

【和のデザイン】
≪和とは?≫
  洋風に対して和風と言われるが、和風は季節感を
  花(椿、水仙、菊etc.)、 枝(梅、松、櫻、竹etc.)、 野の花や草(カヤツリグサ、シオン)、
  器(籠、陶器、流木、朽ちた木・鉄・日常の生活用品・漆器 )
  などを使って、表現する
  日本の華道の基本は、「天地人」

≪床の間と立華≫
  室町時代に、書院造りという建築様式が流行り始め、美術品や花を飾るためのスペースとして
  床の間が登場する。当時の床の間は、奥行き、幅共に大きく、大型で華麗な花が、
  美術品と同格に鑑賞される対象であった。
  花を生ける形が、形式化され、江戸時代に「立華」(技巧を凝らした形式)が生まれ、装飾と鑑賞を
  目的としたいけばな(「池坊」で、坊さんが仏間に花を生ける事が華道の発祥)が普及し始め、
  ブームを呼び、様々な流派が誕生していった。
                                                  (講義資料より)
≪花材≫
     バラ・・・グランドガラ(赤)、マジックシルバー(ピンク)
     ヒペリカム・・・フシガーフレア(ピンク)、マジカルレッド(赤)
     コケ、シ-ザスオバータ 、バラのみ
     籠

アレンジ1月 浅017_edited
アレンジ1月竹 009_edited
アレンジ1月菅 019_edited
アレンジ1月中 006_edited
アレンジ1月m 012_editedmonalisa
アレンジ1月 035_editedmonalisa@

2004年11月22日草月会館での「ダニエル・オスト展」にて
娘が、第3作目の著書「Leafing Through Flowers」をクリスマスプレゼントに・・・。サインしていただく。
P1100012_edited.jpg
DANIEL OST ダニエル・オスト
    1955年ベルギー・アントワープ郊外に生まれる。
   ベルギー王室の装飾をはじめ、世界的な建築物を舞台に作品を発表、花の建築家と称される。 
   数々の権威ある世界大会で賞を獲得し、これまでに出版した作品集が「世界で一番美しい本」展で
   銀賞を受賞するなど、その芸術性が絶賛されている。 
   世界文化遺産の京都の仁和寺、東寺で展覧会を開催し、日本の伝統美に調和した
   美しい造形と空間アートを展開した。
   上品で華麗、大胆さと繊細さを併せ持つ独特の作風が観るものの心をとらえ続けている。 

佐々木麗子先生
   フラワーデザイナー
   自然の造形のみごとさに感動して、アレンジメント、リース,籠など、自然素材を使った作品を
   つくり続けている。
   日本旅行作家協会会員
   著書:『作って贈るリースの本』『ドライフラワーブック』『「花のあと」を集めて』
      『自然を編んで』『はじめてのかご作り』『1本のヤナギから』(すべて文化出版社)

 

スポンサーサイト

● COMMENT ●

籠を使って・・・和のデザイン
オ~何だか難しいな~。それにとってもアートな感じです。
確かにコケを使ってるとこが和っぽい”
花の名前はヒペリカムだけは知ってます。ウチの庭にあるんで。。。
ここまで来ると私の知らないフラワーアレンジの世界です。

籠と苔で・・・・和

これは、すり鉢のような深めの籠の底にオアシスを薄く敷いて、
周囲もオアシスをはり
水に湿らせた苔を塊でこんもり盛り上げるように置いていって、
それからバラを花首から1cm位に切って挿して
ヒペリカムで動きをつけましょう・・・ということでした。
先生は、本当は山帰来の実を使いたかったようですが、市場になかったそうです。
2~3日後、先生のお宅のバラの実が、送られてきて、
「バラの実でやり直してみて・・・・」というので、monalisa@を作りました。
お教室の写真は、光度がイマイチで陰影が充分表せないので、残念でーす。
シーバスオバータは、籠の周りに、ぐるりと渡してある紐のような植物です。
日本のいけばなとは、ちがうでしょ~~う。
オスト風に・・・今年1年、どうぞお楽しみに。。e-278


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monalisa15.blog54.fc2.com/tb.php/13-dc15c292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LOHASな生活(LOHASな生き方とは) «  | BLOG TOP |  » 医食同源(カラスミ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。