凛とmonalisa

2017-02

Bouquet Jardin - 2017.02.24 Fri

相変わらず駆け足でいろんなことに挑戦。
世界らん展の後は、『フランス宮廷ブーケ』のレッスンです。
ヴァレンタインの前だったので、お教室のあるデパートはお客様でごった返し。

P1270425.jpg

「フランス宮廷手ブーケ」を師事する片山先生によると、バレンタインデーは・・・

フランスでは、愛し合う夫婦や恋人が祝う「恋人たちのお祭り」(la Fête des Amoureux )であって
日本のような「女性から告白する日」ではなく、男性から女性への花束のプレゼントが多いそうです。

P1270269.jpg

男性から女性へのプレゼントは、花束の他、アクセサリー、本、香水、セクシーな下着や、
愛の言葉を書いたカードなどが贈られるそうです。
女性がプレゼントを用意する場合には、お酒や葉巻の嗜好品もアリ・・・だそうです。

P12702731.jpg

花束のリボンに香りを浸み込ませて・・・。

P1270271.jpg P1270272.jpg

私だったら、ジャンパトゥの『1000( ミル)』か『JOY』がいい~な。
最近は、『ジュールドゥエルメス』もお気に入りです。

2月のレッスンテーマは【Bouquet Jardin(ブーケ・ジャルダン)】

庭のチューリップやミモザが咲き始め、春の彩りと香りで気持ちもソワソワ。
お呼ばれも多い季節。招いてくれた方にも、手作りブーケを持参して春をお裾分けしよう~というんです。

Jardin(ジャルダン)とは、「庭園・庭」という意味。
庭の草花を摘んでコーディネートする香りと季節感、オリジナリティたっぷりの【ナチュラルブーケ】です。

【ナチュラルブーケ】には、2つのタイプがあります。
①シャンペートル・・・森や野に行き、自然の中にある色んな種類の草花や物を摘み集めた花材を使い
             ボリュームたっぷりに作るブーケで、これがトレンドなんです。

②ヴェジタティフ・・・自然の中に生きている草花の様子をそのまま再現するように~
             自然界の植物の規則を守りながら作るブーケです。

お呼ばれには、手作りブーケを持参して・・・シャンペートルタイプに挑戦です。

【花材】
・ダリア ・バラ ・ストック ・スイートピー ・チューリップ ・ビバーナム ティナス
・レモンリーフ ・イタリアンルスカス ・ミモザ ・ユーカリ

流石・・・片山先生!! 花たちが生き生きしています。

P1270437.jpg

片山先生の師匠・フランシス・カロール氏は、チューリップの葉を丸めたり花をわざと開いて使うそうです。

P1270438.jpg

ちょっと、ライバルのTさん!?。ミモザとユーカリの優雅な流れに目が・・・

P1270439.jpg

配られた花材には、個人差があって、私には大好きなミモザが・・・イッパイ!!

P1270433.jpg

フラワーアレンジメントを初めて20年余り。
トライアンギュラーは、一番初めに習ったスタイル。
自分が最初に習った スタイルが一番生けやすいのは、真っ新な気持ちで接しているからでしょうか。
三角形の頂点に、長いミモザが欲しかったです。

P1270436.jpg

フラワーレッスンの後は、主人と待ち合わせて、軽めのディナーを~

“オー・ギャマン・ド・トキオ”の木下威征シェフの「一食入魂メニュー」は、
柚子釜ブランマンジェとサラダ春菊とパンチェッタのサラダ

P1270443.jpg

メインは、牛バラロール トマトクリームソース
主人は、春野菜と魚介のエチュベ オランデーズソースをチョイスしました。

P1270444.jpg

仕事のない土曜日。駆け足でやりこなし・・・「夕食はここでどう?」の作戦勝ちで~充実した1日でした。

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

世界らん展日本大賞2017 - 2017.02.18 Sat

2017年の日本大賞は、
 Den. glomeratum ‘Long Well’ デンドロビューム グロメラタム ‘ロング ウェル’でした。

1P1270331.jpg

原種として珍しいランで、日本では11月に開花するこの花を2月に合わせて咲かせるのは
大変な苦労があったそうで、その栽培技術も高く評価されたんだそうです。
明るい輝きを持つ花色、どの角度から観賞しても美しく見える花姿で、
ブースで苗を売っていたので・・・記念に買い求めました。

気になるのは「フラワーデザイン部門」の最優秀賞
權 仁英さんの『かけら』ランは、個性が強いから難しいです~ね。

2P1270381.jpg

『素敵な出会い』は、格子越しに花を観ているような不思議な感覚で・・・発想が面白い!!

P1270378.jpg

ちょっと目を引いたのは、ハート型に仕立てられた『ディネマ・ポリブルボン』

3P1270326.jpg

昨年、この苗『ディネマ・ポリブルボン』を買いましたが、2週間の旅行中、枯らしてしまいました。

4P1270327.jpg

初日の10時半に駆けつけたのですが、結構な人だかりで
特に30~40代の男性グループが、買い物ブースで、「大きな株に育てたいな」などと言いながら
物色している姿が目立ちました。
そのうちの男性が「これ、藩さんのleucocyanum ‘Lovely Dream’こんな苗でも1万はするんだよ。
展示されていた奴なんか、どんだけ!!の値段だよな!!」と・・・・
「それ、何処にあります」~とすかさず聞き出して・・・

蘭愛好家達が、絶賛していた
デンドロビウム・リューコシアナム ’ラブリードリーム’(Den. Leucocyanum ‘Lovely Dream’)
花色は青色で、花のサイズは1cm弱。
葉は暗緑色です。
可憐な花でとても魅力的ですが、
すこし栽培が難しそうで値段も高いんです。

5P1270406.jpg

今年の買い物は、3000円で止めておこう・・・と思っていたのに~
大賞を取ったデンドロビューム グロメラタム ‘ロング ウェル’の苗と、
初心者向きのウェンツェンを大株に育ててみよ~と、一念発起。3株買ってしまいました。

さて・・・来年はっどうなっているでしょうか?
そうそう肥料も忘れずに、買いましたよ。

6P1270409.jpg

たかが花・・・・されど花・・・です。

ところで、ランを見に行ったはずなのに・・・ラン展に来たはずなのに・・・
沖縄美ら海水族館のカラフルな熱帯魚のチンアナゴやキンメモドキの群れに心奪われ、
皆さん立ち往生。

P1270342.jpg

ウツボって、口の仲間で水玉模様だね!!っていう声に反応して覗いてみました。

P1270354.jpg

2017年の世界らん展を駆け足で~見て回る・・・私にとっては、年中行事の一つですもの!!。

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。