凛とmonalisa

2016-09

スペイン旅行(サグラダファミリア聖堂) - 2016.09.29 Thu

バルセロナ2日目の8月7日。
旅行社を通じて、朝10時にサグラダファミリア聖堂を予約。
宿泊ホテル H10 CATALUNYA PLAZA は、新市街地の中心を走るグラシア通りにも
近く1時間の徒歩圏内~と言う事で、散策しながら出かけます。

map807.jpg

バルセロナの町には、「なんだ~!?こりゃあ~」的な面白いオブジェや塔が建っています。

バルセロナの詩人『ブロッサ』の碑
Brossa ジョアン・ブロッサは、
 サルバドール・ダリやジョアン・ミロといった奇才を
 生み出した20世紀のカタルーニャにおいて、
 最も型破りなアーティストの一人。

 ブロッサは常軌を逸した紙の収集でも有名だった。
 カタルーニャ語で〈ゴミ〉を意味する〈ブロッサ〉という
 苗字を気に入って、新聞や雑誌の切り抜きの山と
 化した部屋を仕事場とし、無造作に積み上げられた
 ように見える紙の山の中にも
 〈無秩序における秩序〉があるから、必要なものを
 すぐに探しあてることができると嘯いた。

 晩年のブロッサは市からの依頼を受けて、
 こよなく愛したバルセロナの街を
 《Poema Urbana(都市の詩)》で飾った。
 バルセロナを訪れる人なら誰もが足を運ぶ場所にも
 ブロッサの詩が刻まれている


IMG_5713.jpg IMG_5714.jpg

また、グラシア通り沿いには、カサ・リェオ・モレラ、カサ・アマトリェール、カサ・バトリョ・・・などの
モデルニスモを代表する3大建築家によって設計された建造物が並び三者三様に異なる建築デザインを
一度に観賞できる・・・いわゆる「不協和音の一画」なのです。

カサ・リェオ・モレラ 『カサ・リェオ・モレラ』の建物は、
 リュイス・ドメネク・イ・モンタネールによって、
 1902年から1905年にリフォームされた
 店舗兼集合住宅

 残念ながら市民戦争によって破壊された1階部分は、
 その後新たに修復されたものだそうで~
 
 高級感が漂う建物は現在、
 スペイン高級皮革ブランド「ロエベ」が
 入っています。
 2階以上のすべてのバルコニーや円柱には、
 細部にまで花の飾りが施され、
 とてもエレガントだそうで・・・

 2014年から一般公開が始まり、
 バルコニーのある2階部分を見学できるそうです。

 今回は、通りすがりに気になって・・・カメラに~
 機会があったら是非行ってみたい所です。

P1260671.jpg

IMG_5716.jpg IMG_5718.jpg

P1260672.jpg

P1260673.jpg

P1260669.jpg

カサ・リェオ・モレラの隣には、ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルクによる中世ロマネスク様式を
取り入れたカサ・アマトリェールとガウディが1877年に立てた集合住宅のカサ・バトリョが並んでいます。

IMG_5717.jpg

暫く歩いて行くとガウディが54歳で手掛けた集合住宅、カサ・ミラ(別名『ラ・ペドレラ>)です。
私は、9年前に訪れていますが、2014年にリニューアルしたそうです。

IMG_5730@.jpg

レンタサイクルが街中に~

IMG_5733.jpg

ガイドブックにも出ていないけど・・・何だろう!? 獣医さんの家?
凜ちゃんは、どうしているかしら・・・?と~

IMG_5735.jpg IMG_5734.jpg

尖った6本の塔が特徴的な中世の城を思わせる『針の家』は、ラス・プンシャス集合住宅は
ゴシックを取り入れたモデルニスモ建築で、カダファルクの代表作

IMG_5737.jpg

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ サグラダ・ファミリア聖堂
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

カタルーニャ広場から、ぶら~り散歩で・・・約1時間。サグラダ・ファミリア聖堂に着きました。

1882年に着工してから、翌年31歳のガウディが2台目主任建築家に就任。
以後、没するまで43年間のライフワークとなった。
ガウディの構想では、イエス・キリストの「生誕」「栄光」「受難」を描く3つのファサードを建築して、
更に各ファサードに4本ずつの鐘楼をはじめ、合計18本の塔を建てる予定。
建物全体でキリストの生誕を表現して、石の聖書とも言われているそうです。
120年経過した今も工事中で、その費用は入場料で賄われている為、拝観が寄進になるんです。

入場やエレベーター搭乗は時間ごとの入場制限があるので、事前予約がお薦め!!

IMG_5831.jpg
サクラダファミリアを眺める絶景スポットは、向かいの公園から~

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ 生誕のファサード
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

ガウディ存命中に建設された。命の誕生、命の広がりがテーマ
IMG_5829.jpg
生命の木
 ①生命の木
 腐敗しないものの象徴の糸杉は、永遠の命
 ハトは神のもとに集まる信者と聖霊を表す。
 頭頂部には十字架
 

 ②白いペリカン
 中央の白いペリカン(見えにくい)は
 神の愛の強さ、母の愛を象徴している。
 近くではその存在に気付かないが
 遠くからははっきりとその姿を
 目にすることが出来る。
 下方にはカトリックでキリスト教を
 表す頭文字がある
白いペリカン
聖母マリアの戴冠
 ③聖母マリアの戴冠
 神への献身的な愛への報いとして
 イエスが聖母マリアに冠を授ける瞬間。
 左下の人物はマリアの夫でイエスの養父である
 聖ヨゼフ。ガウディのプロジェクトにより
 ジュアン・マタマラが製作。

 ④マリアとヨセフの婚姻
 手を取り合うマリアとヨセフが
 司祭によって結ばれる場面。
 司祭を助ける天使たちの姿も見られる
マリアとヨセフの婚姻
受胎告知
 ⑤受胎告知
 処女マリアに大天使ガブリエルが降臨し、
 聖霊によって神の子イエスを身ごもることを
 知らせる場面。聖母マリア信仰を背景に、
 芸術史上最も多く取り上げられてきた
 宗教テーマのひとつ。

 ⑥天使の合唱隊
 中央に子供の天使の合唱隊、
 両脇にはハープ、バイオリン、ファゴットと
 民族楽器を奏でる6人の天使が配されている
 内戦で損傷を受け、日本人彫刻家の
 外尾悦郎氏によって修復された。
天使の合唱隊
エジプトへの逃避
 ⑦エジプトへの逃避
 夢に現れた天使のお告げにより、
 ヘデロ王がイエスを探して
 殺そうとしているのを知り、
 エジプトに逃げるマリアとヨセフ。
 天使がロバの手綱を引いている。

 ⑧嬰児虐待
 イエス降臨後、ユダヤの王となる運命を
 持った子供の誕生を知ったヘロデ王は、
 ベツレヘム周辺の幼児をすべて
 殺害するように兵士に命じた。
嬰児虐待
東方三博士の礼拝
 ⑨東方三博士の礼拝
 メルキオール、バルタザール、カスパールの
 東方三博士が、星を見て
 「新しいユダヤの王」の降臨を知り
 黄金、乳香、没薬を贈り物として携えて
 幼子イエスのもとを訪れる。

 ⑪羊飼いの礼拝
 神の子の降臨を知った羊飼いたちが
 急いでベツレヘムに向かい
 飼い葉桶の中で眠るイエスに礼拝する場面。
 足元にはイエスへの贈り物である卵の
 入った籠が置かれている
羊飼いの礼拝
働くイエス
 ⑪働くイエス
 大工である養父ヨセフの仕事を
 手伝う少年のイエス

 ⑫鐘楼
 天辺に施されているのは
 果物など有機的な生命を感じされるモチーフ。
 題材は配置される場所によって異なる。
 生誕の門側の東側はガウディが生前に
 完成させた鐘楼で、春に芽吹く植物が
 テーマ。「受難のファサード」側の西側には
 秋の植物。北側には、夏にかけて花が咲き
 ジャスミンとラベンダーをテーマとした鐘楼が
 外尾悦郎氏によって現在制作されている。
鐘楼
カメレオン
 ⑬カメレオン
 生誕のファサードの脇には
 変化するものの象徴として
 カメレオンの彫刻が施されている

 ⑭カメ
 生誕の門を支える柱の下に置かれたカメは
 変わらないものの象徴。
 柱は雨樋にもなっていて、雨の日には
 口から雨が出て来る
カメ


┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ 受難のファサード
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

太陽が沈む西側にあり、キリストの死がテーマ。
草食を排除し、冷たい石の肌をあらわにすることで、ガウディは受難の苦しみを表現しようとした。
彫刻は、カタルニャ人彫刻家スピラックスが担当。
左下からS字形に見て行くと、磔刑(たっけい=はりつけのけい)前夜の出来事(下層)
ゴルゴダ丘への道(中層)、イエスの死と埋葬(上層)の順にたどる

IMG_5741.jpg

最後の晩餐
 ①最後の晩餐
 処刑される前夜、テーブルに着いたイエスが
 弟子の一人が自分を裏切ることを予言する

 ②ユダの裏切り
 接吻することで、ユダは兵士たちに
 イエスが師であることを伝える。
 背後にある16の数字は、縦・横・斜めなど
 310通りある足し算の合計が常に、
 キリストが亡くなった年齢である33になる
ユダの裏切り
鞭で打たれるイエス width=300
 ③鞭で打たれるイエス
 柱に縛り付けられ、鞭で打たれる
 イエスの姿

 ④ペテロの否認
 ペテロがイエスを知っていることを3回否定した
 逸話を、後ろに立つ3人の女性で表現している
ペテロの否認
捕えられたイエス
 ⑤捕えられたイエス
 捕えられイバラの冠をつけたイエスと
 ポンティウス・ピラトウス
 背景には兜を身につけた兵士がいる

 ⑥ヴェロニカ
 イエスの顔が写った布を掲げる
 ヴェロニカ。左は磔刑場に向かうイエス。
 右は十字架を担いだシモン
ヴェロニカ
ロンギヌス
 ⑦ロンギヌス
 十字架にかけられたイエスの脇腹を
 槍で突いたとされる兵士。
 後にキリスト教に改宗した。

 ⑧賭博をするローマ兵
 処刑されるイエスの衣服を賭けて
 サイコロ遊びをするローマ兵たち
賭博をするローマ兵
キリストの磔刑
 ⑨キリストの磔刑
 はりつけにされたイエスと悲しむマリア
 足元の頭蓋骨がイエスの死を意味する

 ⑩3人のマリアとキレネの人シモン
 倒れたキリストと、十字架を担ごうとするシモン
 傍らで泣いているのは聖母マリア、
 クレオファス、マグダラのマリア
3人のマリアとキレネの人シモン
イエスの埋葬
 ⑪イエスの埋葬
 イエスの亡骸を埋葬する弟子たちの様子


受難のファサードの入り口の扉の上部には、イエスの生涯最後の2日間についての出来事が
新約聖書から抜粋して記されています。特に重要な部分は金色で書かれています。

IMG_5817.jpg

イエスの足元にある、16個の数字が描かれた暗号のようなパネル。4つの数字を足し算すると、
縦、横、斜めいずれの組み合わせでも結果は必ずイエスの死んだ年齢「33」になります。

IMG_5822.jpg

下の写真は、カダケスに向かうタクシーの中から撮った写真です。

P1250577.jpg

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ 聖堂内部
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

外観の迫力もさることながら、内部はまた違った魅力に満ち溢れていました。

生誕のファサード側入口である慈愛の門の扉は、外尾悦郎氏が手掛けたものです。
扉はブロンズ製で、緑色の蔦の葉がモチーフとなっています。

                                                       マウスオン
<


希望の門は、葦の間に百合が咲いている~

IMG_5754.jpg 希望の門

信仰の門の内側

IMG_5779.jpg

信仰の門は、バラが咲いている~

信仰の門 IMG_5780.jpg

ガウディは、聖堂内を信者が神との一体感を体験できる場所にしようとした。

壮大な身廊の天井を支える樹木のような柱、殉教のシンボルであるシュロの葉、
抽象画家ジョアン・ヴィラ=グラウのステンドグラスを通してそそがれる美しい光に満ちた空間からは、
何処を見ても光が見え、木や枝や葉で埋まった森のように柱があり、教会に見えない~
中央の天井は物凄く高く、静かで穏やかな感じで、まるで、サグラダ・ファミリアに包まれているよう!!

2010年に完成し、ローマ教皇ベネディクト16世を招いて
サグラダ・ファミリアを教会と認定するミサが執り行われた。

主祭壇には十字架に磔されたキリスト像が掲げられています。
50個のランプに囲まれており、ブドウの房や麦が装飾されています。

<<<<<<


西側の壁には聖母マリア像が。

IMG_5812.jpg

主祭壇の手前にある柱上部の節目には、生き物の絵と文字が描かれています。
これは四つの福音書を書いた4人のエヴァンゲリストの印です。
赤はマルコで獅子、緑はルカで牛、青はヨハネで鷲、黄はマタイで天使がそれぞれ描かれています。

IMG_5770.jpg IMG_5810.jpg IMG_5811.jpg IMG_5771.jpg

ガウディは光を操ることに長け、色ガラスや無色、くもりガラスを使い分けて
聖堂内の柱や床にはステンドグラスの光が反射して、何とも幻想的な雰囲気です。

IMG_5762.jpg IMG_5767.jpg IMG_5763.jpg

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ 鐘楼を昇って~
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

9年前に訪れたときは、昇らずじまいだった鐘楼です。
現在、生誕のファサードと受難のファサードの計8本が完成していて、エレベーターで昇ることができます。
全て完成すると約60本の鐘が取り付けられる予定で、ガウディは鐘の音を完璧なものにするため
音響の研究も行ったそうです。

生誕のファサードのエレベーターの隣には、ガウディが生前に手掛けた「ロザリオの間」があります。
ロザリオの間はスペイン内戦によって破壊され、長年封鎖されていたのですが、
わずかな資料をもとに外尾悦郎氏が復元しました。

IMG_5778.jpg

巻貝のように見える鐘楼内部の階段

IMG_5801.jpg

塔の上からはバルセロナの町が一望できます。工事現場も見て取れます。

IMG_5783.jpg IMG_5784.jpg

腐敗しないものの象徴の糸杉は、永遠の命、ハトは神のもとに集まる信者と聖霊を表す。
頭頂部の十字架も目前に・・・
街のランドマークとなっているアグバルタワー(トレ・アグバル)が見えます。
これは水道局のビルですが、夜になると美しくライトアップされて目立ちます。

IMG_5786.jpg IMG_5785.jpg

塔にあしらわれた「Sanctus」の文字は「聖なるかな」を意味するラテン語

IMG_5795.jpg

塔の先端にはピクナルと呼ばれる、ポップなデザインの飾りが付いています。
色鮮やかなモザイクで装飾されており、司教冠や指輪といったモチーフが可愛らしく表現されています。

SPAIN4_DSC_0513.jpg

ファサードの彫刻も触れてしまうほど近くで見ることができます。
ここは小さなバルコニーになっており、地味に人気の撮影スポットです。

「生誕のファサード」の彫刻の数はすべて3の倍数
 例えば・・・合唱する9人の子供達。楽器を奏でる6人の天使像。
「受難のファサード」は、4の倍数。
未完成の「栄光のファサード」は、聖堂の南側に位置し、キリストの栄光を表し
ここでの彫刻の数は、5の倍数・・・ということで~
現在も多くの建築家によって建築が進められていて、完成すると東~南~西と
各ファサードを回ることで、キリストの生涯をたどることが出来るそうです。

102516.jpg

工事着工からすでに130年の歳月が経過したサグラダ・ファミリア聖堂。
現在、ガウディの没後100年となる2026年の完成を目指し、作業は進められているそうです。
茶色の部分が現存、灰色の部分がこれから建築される部分

現在の姿から2026年までの姿までをCGで作成している動画を見つけました。



2026年って、あと10年後。生きてはいるでしょうが・・・果たしてスペインまで行く気力はあるかどうか!?
でも、楽しみに・・・していましょう。

サグラダ・ファミリア聖堂のホームページ

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

スペイン旅行(ピカソ美術館と『ラサルテ』) - 2016.09.22 Thu

カダケス(8時45分発)→フィゲラス→バルセロナ・サンツ駅(11時21分着)に~
駅には、旅行社手配のタクシーが迎えに来ていました。
バルセロナは、3泊。ホテルは、カタルニア広場近くの『H10 CATALUNYA PLAZA

IMG_5543.jpg

ロビーのガラス張りの壁のインテリアが、墨絵だったり漢字だったり~東洋風で・・・意外に簡素。
朝食も品数多く、ランブラス通りから わずか200mに位置する素晴らしいブティックホテルです。

<<<<<<


バルセロナでの予定は、
8月6日 午後1時 ピカソ美術館    午後8時半 ディナー『ラサルテ』
8月7日 午前10時 サクラダファミリア教会  午後13時 ミロ美術館
8月8日 午前9時  カーサ・バトリョ    午後13時 グエル公園

バルセロナ

ピカソ美術館に入館13時の予定なので、ランチをしにバルセロナの町に繰り出ました。
ホテルの案内によりレストランが立ち並んでいるサントペレ通りやライエタナ通りに・・・

Ronda de Sant Pere にある 『La Taberna de la Ronda 』
やっぱりパエリアは欠かせない!!~と、炭水化物ダイエットなんて・・・どこへやら。

IMG_5549.jpg IMG_5548.jpg

IMG_5547.jpg IMG_5546.jpg

9年前に行ったピカソ美術館は、路地が細く治安の悪い所に建っていた・・・その記憶は当たっていました。

IMG_5567.jpg IMG_5561.jpg

モンカダ通りにある中世の貴族・リオ侯爵邸を改築した趣ある美術館です
ピカソの少年時代や初期の作品を中心に展示し、天才画家のルーツを知るには欠かせない美術館!!

館内は、撮影禁止。
これは、イヤホンガイドの最初のページの画像『マルゴット』
ピカソが初めてパリを訪れたあと、20歳で描いた作品。
点描法を用いたスタイルは、パリ旅行でゴッホの影響を受けている・・・というが~

IMG_5564.jpg

『初聖体拝受』『科学と慈愛』は、9年前にも見て、後年のピカソからは想像が出来ないほど素晴らしい。

初聖体拝受
 ピカソの本名は~
 パブロ・ディエーゴ・ホセ・フランシスコ・デ・
 パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・
 ロス・レメディオス・クリスピーン・
 クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・
 トリニダード・・・
 長すぎてピカソも嫌がったそうです。

  『初聖体拝受』
 15歳の時に妹を描いた作品。
 当時すでにピカソは、伝統絵画の手法を
 完全にマスターしていた。

 年を召される毎に自分のなかにある
 『既成概念』・・・『こうしなければならない』
 『こうするのが当たり前』みたいな思い込みを、
 ひとつひとつと切り崩していくのが
 沢山のスケッチから見て取れる

数々の賞を受賞したピカソ 16歳の時の作品『科学と慈愛』
科学と慈愛

いつも観光客で賑っているバルセロナのカテドラル前

IMG_5937.jpg

カテドラルの背後の建物(カタルニャ地方とパレアレス諸島建築家協会)には、ピカソの壁画が・・・
ピカソが少年時代にカタルニャ地方の民族舞踊サルダーナを見たときの気持ちを
そのまま~生き生きとした線画で描いている。広場では、様々なパフォーマンスショーが・・・

<<<<<


「今度の旅行の1つの目的は、個展だけどグルメの旅でもあるね」と亭主は宣いますが~

バルセロナでは、カダケスの個展の打ち上げをしよう・・・と義弟に お願いして
バルセロナの憧れのミシュラン星付きレストラン『ラサルテ』に予約をしておきました。

このレストラン『ラサルテ』は、スペインの北、バスク地方のサンセバスチャンにある
三つ星レストランシエフのMartín Berasategui氏が、2006年に開いた姉妹店。
HOTEL CONDES(ホテル・コンデス)の一角にあります。

56926-556.jpg

レストランはメインダイニングにセミプライベートルームが1室ある他、
「シェフのテーブル」と呼ばれる8名様用のプライベートダイニングルームが調理場上のロフトにあり、
ガラス張りの壁を通して、調理のプロセス全体と創造性を間近から見ることが出来るのです。

運よく、この「シェフのテーブル」に我々は、案内されました。

部屋の机には、ミシュラン東京で有名な「アロマフレスカ」や「天ぷら 近藤」の本
アラアラ~厨房に日本人女性 kyokoさんも働いています。

<<<<<


アミューズメントは・・・キャラメリゼアーモンドとクラゲのフリット・柚子を添えて~
フリットって、天麩羅の事。柚子や天麩羅って・・・和食材とも言えます~ね!?

IMG_5616.jpg

≪アミューズブーシュ≫セビーチェ・・・これってペルー料理にありましたね。

セビーチェとは、とうがらしが効いたスパイシーな魚介のマリネのこと。
「たかが魚のマリネ」と侮るなかれ。実は2008年にスペインの新聞社が
「世界でもっとも有名な郷土料理」として、堂々1位に選んだ料理でもあるのだそうです。

作り方はいたって簡単!新鮮な魚をレモン、塩、とうがらし、たまねぎ、ハーブで和えれば、完成。
本場ペルーのセビーチェは白身魚を使いますが、
えびやたこ、ホタテやサーモンなどの魚介類との相性も抜群。
例えば残ったお刺身を使ってセビーチェを作れば、酒の肴があっという間にもう一品完成です。

≪アミューズブーシュ≫魚介と野菜のマリネですが、マンゴソースと一緒に・・・

IMG_5622.jpg

≪アミューズブーシュ≫天麩羅風の中身が??? 忘れちゃいました。
                                                       マウスオン
<


≪アミューズブーシュ≫桜エビ、オリーブ、黒米の煎餅風
                                                       マウスオン
<


支配人が挨拶にいらっしゃいました。
義弟は、イタリア語が出来る事と料理人を目指していたこともあって話が弾みました。
                                                       マウスオン
<


The Butters – beet, spinach, mushroom, tomato & classic butter.
バターの数々・・・右より ビーツ、ホウレンソウ、トマト、キノコと古典的なバター

IMG_5630.jpg

≪アミューズブーシュ≫ウナギとフォアグラのミルフイーユ 玉ねぎ(白い線)を添えて
この料理は、ラサルテの代表的な一品だそうです。
                                                       マウスオン
<


≪アミューズブーシュ≫クラムのスプーマ  

IMG_5636.jpg

いよいよメニューにあるお料理です~が、解読困難・・・なり!?

Slightly marinated warm oyster with iced watercress slushu,shiso and sea mist
アイス・クレソン、しそと海霧をイメージしたマリネ液につけられた温かいカキ

IMG_5637.jpg

Scarlet shrimp Royal with red curry, raw artichokes,celery and apple
カレー風味の赤エビのスプーマ、アーティチョーク、セロリ、リンゴを添えて
                                                       マウスオン
<


Vegetable leaves and petals salad, herbs, sprouts with lettuce cream and lobster
野菜の葉や花びら、ハーブ、スプラウト、レタスとロブスターのサラダ.
お皿の上にはドレッシングに当たるジュレ状の物がひきつめられていて、
その上に野菜、ハーブ、お花が綺麗に飾り付けられているんですよ~
                                                       マウスオン
<


2階にも厨房があって、我々のシェフテーブル席から準備をしている様子が手に取るように~

IMG_5653.jpg

La Trufa with fermented mushrooms and collard greens with an extra virgin olive oil touch.
発酵したキノコ・・・La Trufaとエキストラバージン・オリーブ油でソティしたキャベツ
ひらたく言えば~キノコのスプーマです。
                                                       マウスオン
<


Slices of Iberian presa on foie gras curd, marine salad and mustard ice cream.
フォアグラ凝乳の上にのったイベリコ豚のプレサのスライス、海のサラダとマスタード・アイスクリーム

IMG_5652.jpg

時々、イケメン・シェフ Paolo Casagrande氏と目が合います。

IMG_5650.jpg

Red prawn on a seabed and fennel with its coral mayonnaise.                                 
                                                       マウスオン
<


料理も終盤。佳境に入ったようで・・・皆さんの動きが変わってきました。

IMG_5655.jpg

Malt and beet risotto,sweet gorgonzola and stewed eel
ウナギ入りビーツのリゾット(ゴルゴンゾーラ風味)

IMG_5656.jpg
この辺の料理に使われている食器は、日本の陶器ですよ~ね?

Grilled wild turbot with seafood sauteed and green curry
白身魚のソティ
ちょっとお皿の上で、ピカソだったら?ダリだったら?ミロだったら?・・・と、ソースで遊んでみました
                                                       マウスオン
<


Charcoal grilled pigeon with citrus,capers,black olive and smoked sause with galangal
鳩の胸肉のソティ・・・これはちょっと苦手でした。
                                                       マウスオン
<


デザートは、3種類。

Mandarin frozen cream with verbena, orange jelly and lemon peals

IMG_5665.jpg

Cocoa, fermented black garlic, raspberry and moscovado sugar.

IMG_5667.jpg

いよいよ最後のデザートです。
kyokoさんは、何をしているのかしら?・・・

IMG_5664.jpg

Petits-fours チョコレート菓子です。
                                                       マウスオン
<


そうそう、食前酒は、「ティオペペ」を選びました~よ。

IMG_5681.jpg

ここでのお会計は・・・覚悟していましたが、目が飛び出るような~

英気を養った・・・と言う事にして、頑張ればいいっか!!


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。