凛とmonalisa

2015-10

霎時施(高野山金剛峯寺) - 2015.10.29 Thu

小雨が思いがけずパラパラと降ってはやむころですね。
さっと降っては止むことから、「女心と秋の空」・・・な~んて良く言われます。

逞しいヨウシュヤマゴボウの花言葉は、野生、元気、内縁の妻・・・ですって!? ((*´∀`))ヶラヶラ

P1210639.jpg

高野山は四方を八葉の峰(今来峰・宝珠峰・鉢伏山・弁天岳・姑射山・転軸山・楊柳山・摩尼山)と呼ばれる
8つの峰々に囲まれている盆地状の平地で、「蓮の花が開いたような」と形容されており、
転軸山・楊柳山・摩尼山の三山を高野三山といい、高野山という名称の単独の峰はないそうです。

2004年7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野、吉野・大峯と共に
『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録されました。

宿坊『赤松院』の本堂での朝の勤行に参加しました。

住職の御経が終わると、白装束を着た集団と数人の僧侶が突然、唱を歌い始めました。
どこかで聞いたことがある・・・と聞き耳を立てていると~
あの『いろは歌』です。メロディーは、『越天楽』と同じです(どうやら『黒田節』もおなじ~とか)

P1220287.jpg

いろは歌は、平仮名四七文字を重複なしに使って作った七五調の歌。
『涅槃経』の四句、諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽・・・仏教の根本思想を表したもの。
空海作との言い伝えがあるようですが、別人説もあるそうです。

        。,・~~・,。☆。,いろは歌,。☆。,・~~・,。

  いろはにほへと  ちりぬるを     色はにほへど 散りぬるを  (諸行無常)
  わかよたれそ    つねならむ     我が世たれぞ 常ならむ   (是生滅法)
  うゐのおくやま   けふこえて     有為の奥山  今日越えて  (生滅滅已)
  あさきゆめみし   ゑひもせす     浅き夢見じ   酔ひもせず  (寂滅為楽)
           


朝の勤行が終わってから、朝食です。

P1220288.jpg

廊下にずら~ッと長い『五百羅漢図』が掲げられていました。
子供の頃「🎶 ラカンサンがそろったらまわそじゃないか ヨイヤサノヨイヤサ~♬」と言って
順繰りに隣の人の真似をした・・・ゲームを思い出しました。

"羅漢"とは、『人々から尊敬・布施をうける資格のある人』・・・悟りをひらいた高僧を指し、
サンスクリットのアルハットarhatの主格アルハンarhanの音訳〈阿羅漢〉の略称~だそうです。
応供 (おうぐ)・・・供養を受けるのにふさわしい徳 のある者という意訳があって
釈迦の直弟子のうち高位のものはみな阿羅漢で、
舎利弗(しやりほつ)目連(もくれん)迦葉(かしよう)などがいるそうです。

<<<<<<<


500人いたかどうか数えませんでしたが、一人ひとり表情の違う羅漢さんがいて、面白いですね。
日本三大五百羅漢というのがあるそうで、興味があるのでいつか見に行きたいと思っています。
また、六本木にある森美術館で日本国内で14年ぶりに村上隆の個展「村上隆の 五百羅漢図展」
開催されるそうで、期間は、2015年10月31日(土)から2016年3月6日(日) まで。
高さ3m、全長100m・・・どんな羅漢さんが描かれているか~これも楽しみです。

赤松院の庭にかかがられている足ツボ・・・足裏健康法~弱っている所は何処かな?

P1220245.jpg

2日目の出発です。

P1220301.jpg

金剛峯寺

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ 金 剛 三 昧 院
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

北条雅子建立のお寺。国宝の多宝塔、重要文化財の経蔵、庫裡などの重要文化財を保有
5月には天然記念物の石楠花が有名です。

文政年間(江戸時代後期)に建立された山門には「毘張尊」(びちょうそん)と書かれています。

P1220307.jpg  P1220310.jpg

樹齢400年の毘張杉は、毘張尊師と呼ばれる天狗様がこの杉の木に舞い降りてきたことに由来。
大石楠花群は天然記念物。四月下旬から五月中旬頃、境内いっぱいにピンク色の花を咲かせます。

P1220314.jpg  P1220318.jpg

本尊、愛染明王像は、鎌倉幕府を開いた源頼朝公が亡くなった際、正室の北条政子が、運慶に依頼し、
頼朝公の等身大の坐像念持仏として作成されたもの。

愛染明王とは息災、増益、敬愛、降伏のご利益を備えている明王で、煩悩や愛欲といった人間と切っても
切り離せない本能を、向上心として仏への信仰、信心への糧にする功徳を持った仏様です。
また、その名の通り恋愛成就や結婚、出産、家庭円満など女性が祈念することをつかさどる仏様だそうです。

      愛染明王
写真はwebより

多宝塔とは、仏教建築の仏塔のひとつで、一般的に裳階(もこし)と呼ばれ
本来の屋根の下に、もう一重屋根を重ねる建築様式で、二層になっているように見えます。
そのため外観は二階建てに見られますが、実際は一階建てなのです。

高さはおよそ15メートル。屋根の一辺はおよそ9メートル。
多宝塔の内部は須弥壇(しゅみだん)が設けられており、その前には運慶作の五智如来像が安置

P1220309.jpg


平成27年7月テレビ朝日系列放送の人気バラエティ番組「ぶっちゃけ寺」の三時間スペシャルで
歴史研究家の河合敦先生が選ぶ「高野山で泊まってほしい宿坊」で、
金剛三昧院がランキング1位に選ばれたそうです。

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ 金 剛 峯 寺
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

金剛峯寺・・・『こんごうぶじ』と読みます。なかなか『ぶじ』と読めない私 ((*´∀`))ヶラヶラ
『無事』とイメージしていれば・・・いいかな!?

空海は、最澄と並び、平安仏教を開いた僧である。
著作家、書道家としても優れ、社会事業家(灌漑事業)、綜藝種智院を開設した教育者の側面もある。
宝亀5年(774年)、讃岐国屏風浦(香川県善通寺市)に生まれ、俗姓を佐伯氏といった。
十代末から30歳頃までは修行期で、奈良の寺院で仏典の研究に励み、時に山野に分け入って修行した。
延暦23年(804年)、留学生として唐に渡航。
長安・青龍寺の恵果に密教の奥義を学び、大同元年(806年)帰国している。
空海が時の嵯峨天皇から高野山の地を賜ったのは弘仁7年(816年)のこと
高い峰に囲まれた平坦地である高野山を八葉蓮華(八枚の花弁をもつ蓮の花=曼荼羅の象徴)と
見なし、山上に曼荼羅世界を現出しようとしたものである。

空海1

1869年(明治2年)、豊臣秀吉ゆかりの寺院である青巖寺と興山寺を合併し、金剛峯寺と改称。
青巖寺(剃髪寺)は秀吉が亡母の菩提のために建立したもので、豊臣秀次が自刃した場所として周知。
金剛峯寺の主殿は江戸末期文久3年(1863年)に再建され、東西 54 m 南北 63 m の書院造建築。
「金剛峯寺」の寺号は空海が名付けたもので、元来は高野山全体を指す名称であったが、
明治期以降は、高野山真言宗の管長が住むこの総本山寺院のことを「金剛峯寺」と称しています。

P1220321.jpg

主殿の持仏の間には1680年検校文啓の支持で制作された本尊弘法大師座像が祀られ
2015年4月2日~5月21日に16年ぶりに開帳されたそうです。(写真は,webより)

本尊弘法大師座像

金剛峰寺の奥殿を中心とする我国最大の石庭の広さは5000余坪の 蟠龍庭(ばんりゅうてい)。
京の白川砂と四国の名石を使用し勅使門より左側に雄龍、右側に雌龍を配するように造られ、
金胎不二を表すとされます。雲海の中で龍が奥殿を守っているようだ・・・と。

P1220324.jpg

金剛峯寺参拝中、お腹の調子が悪くなり、襖絵は兎も角~何を拝観してきたのか・・・殆ど覚えていません。
主人とも離れ離れになって・・・すっきりしたところで再会。
もう一度、いらっしゃい~と言っているようにも思えます。

境内には、面白いモニュメント『森林のいのちの塔』が・・・

P1220329.jpg
P1220328.jpg

花びらのひとつひとつが雨に打たれ、様々に色が移ろいながら 仏教の「諸行無常」の心を伝える紫陽花
またあじさいの丸い花は、お地蔵さんの手に持っておられる宝珠の形のようだ~とも。

P1220333.jpg

あじさいの 八重咲くごとく 八つ代に をいませ我が背子 見つつ偲ばむ (左大臣 橘諸兄)

言問はぬ 木すらあじさい 諸弟らが 練りのむらとに 欺かれけり (大伴家持)

P1220332.jpg

高野山は、 「春は桜  夏はアジサイ 秋は紅葉」という花の名所だそうです~ね。
この紫陽花は、どうなるのだろうか!?・・・と気になりました。
高野山は、里より1か月遅れの紫陽花時期だそうで~6月中旬に訪れた人によると・・・

15P1140409.jpg
去年のアジサイの方が幅を利かせてている、まだ残っていた・・・とのこと。何とかなるもんですね!?

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ 壇 上 伽 藍
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

金剛峯寺からダラダラ坂を通って、壇上伽藍に~。今年は、紅葉が早い・・・と言われています。

P1220334.jpg

前夜、ライトアップを見に来た根本大塔が見えてきました。

P1220335.jpg

『夜目遠目笠の内』って言うから~、東塔の前で、遠目から写真を・・・

P1220336.jpg

不動堂の前の五色幕が気になって~
五色幕は、釈迦如来の説いた教えを広く宣べて流布させることを表しているそうです。
真言宗では五智如来の色とも言われ、5つの智慧を表す色として知られています。

ちなみに仏教でいう「智慧」とは、知識のことではなく~、次から次にあふれてくる人間の欲望を
むなしいものだと知り、物事をありのままに正しく見つめていく・・・「智慧」の事だそうです。

・・・「成所作智(じょうしょさち)」 
         (あらゆるものを完成にみちびく智慧)

・・・「平等性智(びょうどうしょうち)」 
         (すべてのものが平等であることを知る智慧)

・・・「法界体性智(ほっかいたいしょうち)」 
         (物事の本質を明らかにする智慧)

・・・「大円鏡智(だいえんきょうち)」 
         (鏡のように、あらゆるものを差別なく見ることのできる智慧)

黒(緑)・・・「妙観察智(みょうかんざっち)」 
         (平等であっても、それぞれ違うものであることを知る智慧)

P1220339.jpg

お大師さまが高野山をご開創された折、真っ先に整備へ着手した根本大塔

P1220341.jpg

真言密教の教えを象徴する根本大塔。
本尊の胎蔵界大日如来を金剛界四仏が囲み、16本の柱に十六大菩薩が描かれた立体曼荼羅の世界へ
「金剛愛菩薩」「金剛笑菩薩」など表情の異なる菩薩の境地に思いをはせる~

P1220344.jpg
写真はwebより

金堂では、高野山の総本堂として重要な法会が営まれています。

P1220342.jpg

昭和9年の弘法大師1100年御遠忌に合わせた金堂の再建とともに、大仏師・高村光雲師により造られ、
厨子内に安置され秘仏となっていた御本尊の薬師如来(奥之院の土を塗った白い像なんです)が、
嬉しい事に、80年振りに開帳されていました。

薬師如来像15
写真はwebより

敷地の片隅、金堂の西には六角経蔵という経蔵がひっそりとありました。
土台の木の部分ににょきにょきと尻尾のような出っ張りが付いていて、この出っ張りを押すと土台部分が
回転するそうで、これを1回転させてみせれば、一切経を一通り読誦した功徳が得られるそうです。
面白い~とおもって見ていただけで、回してこなかったのは…残念です。

P1220345.jpg

今年4月にお目見えした中門の四天王像
1843年に焼失した中門が172年振りに再建された。焼失した2体の四天王像を仏師・松本明慶さんが造立。
増長天像の胸には「前にしか飛ばない=決して退却しない」という意味を込めたトンボを止まらせている

増長天像

壇場伽藍内には、弘法大師が唐より帰国される際、明州の浜より真言密教をひろめるにふさわしい
場所を求めるため、日本へ向けて法具の三鈷杵を投げたところ、松のところで光輝き
真言密教をひろめるにふさわしい土地を示したと伝承されている・・・『三鈷の松』があります。

三鈷の松の由来は3本の葉が真言密教の法具『三鈷杵(さんこしょ)』に似ていることからだそうで
この写真を撮るのを忘れました・・・・というより、私の心は主目的の『高野山大師堂』です((*´∀`))ヶラヶラ

薬局の秤は・・・時代を感じさせます。

町には真言僧を要請する専修学院や高野山大学があるので、いたるところで僧侶やその卵たちに出会う。
2004年に高野山が世界遺産に登録されて以来、欧州を中心に年間5万人にもなる外国人観光客が訪れ
宿坊の僧侶たちは英語を話し、朝夕の説法を英語で行う寺もあるそうです。

P1220354.jpg  P1220356.jpg

『高野山大師堂』には、香木など興味をひくものがいっぱい!!前日の土産物とは格が違います。

P1220358.jpg  P1220359.jpg

主人は、涅槃図を~私は、杉やヒノキ・・・そして高野槇のオイルと塗香を思い出に・・・

P1220420.jpg P1220421.jpg

『高野槇』は、高野山に多く生えていることから由来されており、霊木とされていて
高野槙の生き生きと真っ直ぐのびていく姿から、悠仁親王様のお印とされているそうです。
高野山で高野槙がお供え花に使われるようになった理由としては・・・
昔、高野山では『禁植有利竹木』という決まりがあり、果樹、花樹、竹、漆などを植えることを禁止された
ため、花の代用とされたのが始まりで・・・
以来、2~3週間と日持ち良く、水も腐りにくいという理由から仏壇やお墓にお供えしているそうです。

高野槇の精油は、JALのファーストクラスのおしぼりや機内に噴霧され、海外の方にも好評~とか。
10キロの高野槇から10ミリリットルしかとれない大変希少な精油なんです。

P1220193.jpg

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ 丹 生 都 比 売 神 社
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

高野山を後にして、空海が金剛峯寺を建立するにあたって丹生都比売神社が神領を寄進したと伝えられ、
古くより高野山と深い関係にある神社である神社に向かいました。
背後の尾根上には高野山への表参道の高野山町石道が通り、高野山への入り口にあたることから、
高野山参拝前にはまず丹生都比売神社に参拝する習わしであったそうです。

P1220364.jpg

9月19日~11月29日までは、本殿特別拝観・収蔵庫特別公開だったようですが、トイレ休憩で
時間もなく、見事な輪橋も修復中でした。

P1220366.jpg P1220367.jpg

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃慈 尊 院
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

弘仁7年(816年)、空海が嵯峨天皇から高野山の地を賜った際に、九度山の雨引山麓に、伽藍を創建し、
高野山の庶務を司る政所、高野山への宿所ならびに冬期避寒修行の場とした・・・高野山の表玄関

P1220372.jpg

高齢となった空海の母・阿刀氏(伝承では玉依御前)は、讃岐国多度郡から息子の空海が開いた高野山を
一目見ようとやって来たが、当時高野山内は7里四方が女人禁制となっていたため、麓にあるこの政所に
滞在し、本尊の弥勒菩薩を篤く信仰していた。空海はひと月に9度は必ず20数kmに及ぶ山道を下って
政所の母を訪ねてきたので、この辺りに「九度山」という地名が付けられた~そうです。

P1220370.jpg

空海の母が、承和2年(835年)2月5日に死去したとき空海は弥勒菩薩の霊夢を見たので、
廟堂を建立し自作の弥勒菩薩像と母公の霊を祀ったという。
弥勒菩薩の別名を「慈尊」と呼ぶことから、この政所が慈尊院と呼ばれるようになった。

空海の母がこの弥勒菩薩を熱心に信仰していたため、入滅(死去)して本尊に化身したという信仰が
盛んになり、慈尊院は女人結縁の寺として知られるようになり、女人の高野山参りはここで・・・
ということで「女人高野」とも呼ばれている。(wikiより)

乳がん治癒願いの寺としても知られ、乳房形の絵馬が並ぶ。乳がん平癒のお守りも・・・

P1220371.jpg

その境内、多宝塔の横に丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)への入り口があります。

jisonninn.jpg

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃丹 生 官 省 符 神 社
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

結構急な階段ですが、折角来たので・・・頑張って昇って見ました。

P12203721.jpg

119段の階段を昇ると、丹生都比売神社同様、神仏習合の名残を残す両部鳥居があります。

P1220381.jpg

弘法大師によって慈尊院とともに創建された古社。
地主神の丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)の御子・高野御子大神(狩場明神)は、
猟師の姿で現れ、従えていた2頭の犬を放たれ大師を高野山に導いたことから祭られた。
また、朝廷(国)から免税などの特権のある官省符を下賜されたと伝わっている。

P1220382.jpg

1541年(天文10)に再建された本殿は3棟からなり、国の重要文化財に指定されている。

P1220377.jpg

いずれも一間社春日造、檜皮葺。
極彩色の美しい社殿で、文化財として鼎、獅子頭等、真田幸村が奉納したと伝えられる太刀を所蔵する。

P1220376.jpg

お昼は、地元名産『柿の葉寿司』をバスの中で頂きました。
柿の葉寿司は、お祭りのご馳走として現代まで受け継がれてきたもの。

P1220363.jpg

柿の葉は殺菌作用だけでなく、高血圧・動脈硬化・脳梗塞の予防やアレルギー性鼻炎の抑制にも効果アリ。

帰路の途中、トイレ休憩に岸和田ドライブインに寄り、水ナスをお土産に~

「高野山に行こう・・・という動機は、何でもいいんだよ」と言われ、高野山太子堂で塗香も買いましたが、
こうして振り返ってみると、もっともっと宗教とは何なのか~知りたくなりました。

精進料理は、宿坊に泊まれば必ずいただけますが、仏教では食も修行の一環と申します。
肉や魚を一切使わず旬の素材を生かし、繊細な味わいで体に優しい料理の数々を知りたいものです。

また、いろいろな体験も出来るようで、機会を作ってまた高野山に行ってみたいと思いました。

写経

授戒

阿字観

1高野山土産

2高野山土産

29(-2.2)32.0  エビラーメン(昼)、カレー(夜) 「あなたの体は、食べたものでできてます」。
        庭の湯で頑張ったのに~(苦笑
30(-2.4)30.5  久しぶりにheartのお迎えに・・・。一番先にお部屋から出てきて手を振ってくれた。
31(-2.2)30.0  帯状疱疹後痛に悩む人にアドバイスしたことから、ダイエットにまで話が発展
1(-2.8)32.5   庭の湯で2set。自転車通勤、店から庭の湯まで、10分。近道発見
2(-2.6)31.0  チューリップの球根を植えたり、アレンジメントを楽しんだり~の休日。ケーキも頂き!!


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

霜始降(高野山奥之院) - 2015.10.24 Sat

霜は空気中の水蒸気が氷点下に冷えたものに触れて出来る氷の結晶  いよいよ冬の到来ですね。

花は黙って咲き 黙って散ってゆく  そうして再び枝に帰らない 
けれども その一時一所に  この世のすべてを托している
一輪の花の声であり 一枝の花の真である
永遠に滅びぬ生命のよろこびが 悔いなくそこに輝いている 【柴山全慶老師(大本山南禅寺元管長)】

P1220303.jpg
少しずつ色褪せ 朽ちて、自分では散ることができないスケルトン紫陽花に・・・無常を~

香レッスンで、塗香や高野槇のオイルのことを知ったら、高野山に行きたくなって
『こうや花鉄道・天空に乗車 高野山壇上伽藍と金剛峯寺特別御開帳2日間』の旅ツアーが気になった。

高野山開創1200年 春の開創法会期間におこなわれた御開帳や特別公開がある・・・とのこと。

東京駅から新大阪まで新幹線で~
娘との旅行ですっかり話に夢中だった隣席のお母さんが、名古屋に着いた頃「富士山は~」・・・と。

P1220095.jpg

新大阪から南海電鉄の橋本駅までは、バスで・・・

P1220099.jpg  P1220104.jpg

橋本駅では和歌山県出身の『楳図かずお』の像とこんなお触書が・・・
『お触書 くせものへ 兜が無ければ いくさが出来ぬ 返してたもれ 九度山の幸村』
来年のNHKの大河ドラマは「真田丸」なんですね。それを機に一気に地元活性化を図ろうと近隣住民が、
駅に展示した真田幸村甲冑レプリカの兜が10月4日深夜~5日早朝にかけ盗難にあったようです。
この兜の盗難に関する情報は、兜捜索臨時窓口 0736-33-5613 に連絡してあげてください!!

P1220107.jpg  P1220110.jpg

橋本駅から極楽橋駅までこうや花鉄道『天空』に乗り車窓からの景色を楽しみました。
『天空』の座席はワンビュー座席とコンパートメント座席があり、運よくワンビュー座席でした。
配られた沿線マップが便利です。

天空
天空2
天空3

極楽橋駅からケーブルカーで高野山駅に着いて、大門を通って~

P1220154.jpg  P1220157.jpg

1日目は、弘法大師信仰の聖地・・・奥之院めぐり。歯切れのイイ美人ガイド付き

奥の院は大きく2つのエリアに分かれ、1つは入口近くのお墓や慰霊碑がずらりと並ぶ墓地エリア。
もう1つは弘法大師御廟を中心にした聖地エリアです。

ちょっと雲行きが怪しく、山の天気は変わりやすい雰囲気でのスタート

「お大師様は雨の日は奥の院にいらっしゃるけど、晴れていたら何処かにお出かけしているから
雨が降ったらお会い出来るのにね~!?」という母娘の言葉に驚きました。

晴れ女の私が参上したからには「ありえない」ですが、ひと時でもお二人の願いを叶えてあげたい~とも・・・

中の橋の奥の院前には「南無大師遍照金剛」の標が・・・

一の橋と御廟橋の中間にあるので、中の橋と言われ、正式には手水橋(ちょうずばし)
平安時代には、この場所で、身を清めたそうです。
ここを流れる川は、昔から金の河と呼ばれ、金は死の隠語を表し、死の河、つまり三途の川を
表しているそうで、この橋を渡ると、これから先は、死の世界に入ると言う意味になるようです。

P1220167.jpg

「南無」はインド語のナモ、ナマス、ナマッハを音写(発音の音に近い文字)で作った当て字。
意味は帰命、帰依する、永遠に、心から信じお従い申しますという信仰の誓いを表す。

「大師」は偉大なる師、という意味で日本では大師号として朝廷から徳の高いお坊さまに贈られた。
お大師さまは空海と言う僧名ですが、弘法大師という大師号を921年朝廷から給わりました。
日本では20数名の高僧に贈られていますが、「大師は弘法にとられ太閤は秀吉に取られ」と
言われるよう大師と言えば弘法大師、お大師さまのこと表しています。

「遍照金剛」はお大師さまの灌頂名で、大日如来と言う仏さまの別名です。
「投華得佛」という儀式で大日如来との縁を以て出家したからです。

別の説では(伝説ですが・・・)天皇と他宗の高僧との間で、空海様は、論議することになり
空海様は
「真言宗では宇宙の真理そのものを大日如来と呼びます。
 大日如来は人はもちろん全てのものに宿っていて、
 人は自らの行動(身)・言葉(口)・心(意)を仏様のように整えると
 この身のまま大日如来と一体となれるのです」と言い、
それから空海様は手に大日如来の印(智拳印)を結び(身)、真言を唱えた(口)
すると…空海様の姿はまばゆい光を放ってみるみるうちに大日如来の姿となった・・・というのです。
参考:南無大師遍照金剛ってどんな意味があるのですか?より

歩き始めるとすぐに、様々な企業の慰霊碑が目につき、なんだか広告っぽい慰霊碑が多かったです。
会社を象徴するものやマスコットが飾られている物が多く、見ていて飽きませんでしたが、
日産の慰霊碑は、工員さんの立ち姿・・・これは、雨の日に見るとこわい~とのことでした(笑

P1220171.jpg  P1220173.jpg

与謝野晶子の歌碑

P1220176.jpg

P1220181.jpg

樹齢860年の高野槇。伐採された枝や葉は、供養され線香に変わっていくそうです。

P1220183.jpg  P1220184.jpg

加賀百万石の前田のお殿様のお墓の向かいには、おまつ様のお墓が・・・

P1220188.jpg

お遍路の背中には、「南無大師遍照金剛」の横に「同行二人」の文字が・・・
「同行二人」とはお遍路がお大師さまと二人ずれという意味です、
遍路では一人で歩いていても常に弘法大師がそばにいて、その守りを受けているとされ
遍路で使われる杖には弘法大師が宿ると言われているそうです。

P1220189.jpg

結城秀康(1574~1607 於義丸、羽柴秀康、結城秀朝、松平秀康)の墓
徳川家康の次男にして羽柴秀吉(豊臣秀吉)の養子という二人の天下人を親に持ち
(「秀」「康」の字をそれぞれ受け継ぐ)、
後に結城晴朝の養子となって名跡・結城家を継ぎ、関ヶ原の戦い後には越前藩主となる。

1579年に長兄が亡くなって以降、徳川家において長子であったが、双子だったこともあり、
家康に大事にされなかった。 家康の正統後継者には決してなり得なかった。

P1220195.jpg

鎌倉・室町時代(早くても平安中期、確実なところでは平安後期)に最も建てられた種類の
独自の特徴をもつ五輪塔

密教の宇宙観である五大(五識)をあらわす
地輪(方形)・水輪(円形)・火輪(三角形)・風輪(半円形)・空輪(宝珠形)を表し
五重の屋根は宇宙の構成要素を理解させるために用いられたもの

「空・風・火・水・地」を下(地)から積み上げたもののことで、梵字が石に刻まれている

P1220203.jpg

遠くから見上げる三角の墓石が目印の信長の墓。 
高野山を焼き討ちしようとしたためか、大きな墓ではないようです(右の写真は,webより)

P1220207.jpg P1220208.jpg

御廟橋(ごびょうばし)を渡ると弘法大師空海御廟への霊域に入ります。
この橋を渡る人は、橋の前で服装を正し、礼拝し、清らかな気持ちで霊域に足をふみ入れます。
古くから御大師様が参詣するものをこの橋までお迎えくださり、帰りはお見送りくださると信じられています。

ここから先は、写真撮影が出来ないです。

P1220210.jpg

この橋は、36枚の橋板と、橋全体を1枚として、37枚と数え、金剛界37尊を表していると言われ、
橋板の裏には、仏を表す梵字が刻まれていますので、1枚1枚踏んで進んでください~とガイドさん。

P1220211.jpg

弘法大師御廟は、大師信仰の中心で聖陵です。
転軸、楊柳、摩尼の三山の千年杉に周囲を囲まれ、奥深く厳かな、たたずまいを見せています。
大師様は、西暦835年3月21日寅の刻、御年62歳で、予てからの予言通り御入定なさいました。
玉川の清流に沿った台地に、ご入定前には、既に納涼坊、総修堂が建立されており、
お大師様自ら廟所と決められていたとも伝えられています。
御入定後、お弟子たちは、予定通りその場所に御廟を建立され、御入定後86年を経て、
西暦921年醍醐天皇より弘法大師の諡号(しごう)を賜りました。
この御廟で祈れば、お大師様は必ず応えて下さると言われており、入定留身の聖地として
今日なお廟前に祈りを捧げる参拝者は絶えないそうです。

正面には燈籠堂があり裏手側に弘法大師御廟があります。
燈籠堂内には物凄い数の燈籠が吊り下がり、美しく幻想的な光景です。
真然によって初めて建立され、その後に藤原道長によって1023年に現在に近い大きさの燈籠堂が
建立されました。堂内には祈親上人が献じた祈親灯、白河法皇が献じた白河燈もあり、
これらは消えずの火、又は消えずの燈明とも呼ばれ、千年近くも燃え続けているそうですよ。
続いて、私たちへ救いの手を差し伸べていらっしゃるという弘法大師のもとへ

これも胎内めぐりとでも言えましょうか!? 50年に一度の内観とのこと。
奥の院の地下に入り、大きな数珠と金剛杵に触れさせていただき願い事を3回唱えました。

天井からおびただしい数の灯篭が吊るされていたのが印象的です。

玉川の清流を背にして金仏の地藏菩薩や不動明王、観音菩薩が並んでいらっしゃいます。
奥之院に参詣する人々は、御供所で水向塔婆を求めて、このお地蔵さんに納め、
水を手向けてご先祖の冥福を祈るのです。
(宿坊で頂いた卒塔婆はここに収めるそうです)

御廟橋の下を流れる川は、奥の院裏山、霊峰楊柳山より流れ出る清水です。

川の中に立てられている卒塔婆は、流水灌頂(ながれかんじょう)と言い、
水難事故や難産で、この世を去った人々の霊を水で清め追善供養する為に建てられています。

また、この川に住む小魚には昔、子供たちが魚を串に刺して焼いていた処、お大師様が通りかかり、
私にもその魚をいただけませんかと、子供たちから分けてもらい、魚の串を抜いて
自ら玉川に放したところ、焼かれた魚が、生き返って泳いだと言う伝説があり、
今もその背中には、その時の串の跡と言われる斑点が見られるそうです。

P1220213.jpg

嘗試(あじみ)地蔵
弘法大師空海上人が今も瞑想を続けている~という入定信仰から
高野山奥之院では、毎日朝の6時と昼前の10時30分に、奥之院の料理をつくる「御供所」から
御廟に向かって、「生身供」という精進料理が運ばれているそうですが、
御廟橋手間の御供所で作られた料理の毒味をするのが、「嘗試地蔵」です。

気になる食事の中身は、ご飯とお汁、季節の野菜などで、時には、パスタやシチューもあるとか。

嘗試地蔵での毒味の儀式が終われば、白木の箱を2人の僧が担ぎ、先頭を維那(ゆいな)と呼ばれる
仕待僧が歩き、御廟橋をわたり、燈籠堂の中へお供えした後、読経し、もときた道を御供所に戻ります。

これを1200年欠かさず毎日続けているのですから、すごい~です

P1220215.jpg

藁のない高野山では、しめ縄の代わりに飾るようになった吉祥宝来(きっしょうほうらい)
宝来とは1200年余前に空海が唐で習得し、弟子たちに手法を伝授した縁起物(吉祥)の“切り絵”。
宝船や干支など数種類の図柄があり、表紙の“如意宝珠”は仏教において様々な霊験を表す宝の珠。

P1220219.jpg

身寄りのない人たちを供養する小さな石塔がピラミッド状に積み上げられた奥之院無縁塚
無名の高野聖たちの祈りが伝わってきそうです。

P1220220.jpg

無縁塚から豊臣秀吉の墓を・・・

P1220221.jpg

今年は、紅葉が早いと・・・

P1220233.jpg

「一ノ橋口」近くには、武田信玄・勝頼供養塔や伊達政宗供養塔、上杉謙信・景勝霊屋など
戦国自体の武将や歴史上の有名な人物の墓石が多いです。

P1220237.jpg

これは、高野山奥之院が、死後、最終的に魂が集う「他界」であると考えられていたため、
より空海上人が瞑想を続ける場所に近いところで眠りたいと考えた戦国武将たちが墓石を作らせたことで、
現在のような状態になっているようです。

争いあった戦国武将たちが、この約2kmの空間に眠っていると考えるととても不思議な感じですね。

・・・で、その恋い焦がれられた弘法大師空海上人は、
835年に奥之院の洞窟の中で「入定(にゅうじょう)」(瞑想をして生きたまま仏になること)され、
現在も御廟の中で生きて瞑想されている・・・即身成仏~ということなんです。

一の橋口の土産物屋でごま豆腐やゴマ煎餅を・・・・
今回の高野山に来た目的のひとつは『高野山大師堂』での塗香やアロマオイルの買い物ですので
ガイドさんに「『高野山大師堂』はどこですか?」と伺ったところ、奥之院の傍でしかも
名前が変わっている・・・と言うのです。
「塗香が欲しかったら、このお店にもありますよ!!」と言うのですが、俄かに信じがたく
土産物屋の「塗香」が結構な金額で、買うのを躊躇いました。

P1220238.jpg

健康の心得は・・・皆さんどうでしょうか?

P1220239.jpg

高野山には50もの宿坊があるそうで1度は泊まってみたい!高野山の人気な宿坊5選・・・によると、
一乗院の精進料理は、一品一品手が込んでいる
恵光院では、追加料金無の標準で朝のお勤めが含まれているほか、ナイトツアーなど独自のイベントも企画
不動院では、所有する 数千冊におよぶ仏教書籍を閲覧でき、おもてなし精神が感じられる宿坊
総持院の本堂正面にある白藤は「灯篭藤」とも呼ばれ、藤を見に訪れる人も少なくない・・・という宿坊
福智院は、宿坊敷地内から単純アルカリ泉が湧き出ており、高野山の宿坊で唯一天然温泉が出ている宿で
露天風呂をはじめ、浴場は4種類あり「畳の湯」や「家族風呂」などが用意され、旅の疲れを癒せれる~とか。

P1220244.jpg

我が宿坊は『赤松院』は、由緒あるうぐいす張りの廊下と上段の間には、左甚五郎の名作『木彫りの虎』
温泉ではないが、湧き水を沸かしたお風呂で、奥之院に一番近い宿坊~とのこと。
人気度は33番目って~どうなの!?

P1220252.jpg

如何にも如何にも~精進料理です。

P1220248.jpg  P1220249.jpg
 
お運びの坊さんに、部屋に掲げられている書について、何と読むのか聞いてみた。

『わ』です~と言う事なんですが、私は「わにあらず」って読むんじゃあないの!?・・・と

P1220246.jpg

「和」を漢和辞典で引くと・・・禾(のぎ)へんでは出て来ず「口」へんで出て来るそうです。
昔は 「咊」のように書いていて
意味は、やわらぐ、やわらげる、なごむ、仲直り、和議、となるそうです。

しかし、この字が出来るまでには大変な苦労があったそうです。
禾へんは稲や稗のように穀物をあらわします、穀物を口に入れるため争いが絶えませんでした。
こんな事をしていては、みんなが死んでしまう、話し合いで講和を結び争いを回避したのです。
だから「禾」へんではなく、「口」へんなのです。

和についてよく使う「和尚」を「おしょう」と読みますが、これは禅宗の坊さんが使うだけ。
天台宗では「かしょう」と言いい、真言宗では「わじょう」と読み、「和上」と書くこともあるそうです。
答えは一つではないのです。
参考:ぼんさんのひとりごとより

夜は底冷えしますが、壇上伽藍がライトアップされているとのことでナイトツアーに出かけました。

開創1200年の記念事業として、天保14(1843)年に焼失した壇上伽藍の中門が新たに172年振りに
再建され、鎌倉時代の建築様式をもとに設計され、規模は東西25m、南北15m、高さ16m。
高野山開創1200年記念大法会の初日(27年4月2日)には、開創大法会開白・中門落慶大曼荼羅供が
執り行われたそうです。

四天王の大義名分は仏法守護(悪いものを寄せ付けない)

P1220263.jpg P1220262.jpg
参考:開創1200年記念事業壇上伽藍中門再建

ライトアップされた壇上伽藍

P1220265.jpg

P1220274.jpg P1220269.jpg

P1220277.jpg



10月17日には、先の高野山開創1200年記念大法会において壇上伽藍で上演され、
大変ご好評だった3Dプロジェクションマッピング『高野山1200年の光ー南無大師遍照金剛ー』。
その公式動画が完成、公開されましたので・・・どうぞ~



さて、ライトアップを楽しんで宿坊に帰る道すがら、目的のひとつ~『高野山大師堂』が宿坊のすぐ傍にあって
心弾ませて・・・眠りにつきました。

P1220282.jpg

24(-2.2)30.5 もうちょっと忙しくても~いいなァ。余裕のある1日だった。
25(-3.0)32.0 庭の湯で1set。夕食は、秋刀魚の塩焼きと白菜と帆立貝の煮びたし。
26(-2.6)31.0 オモテナシは、イタリアンで・・・。松茸リゾットは、1合でよかった。
27(-2.2)32.0 あら! 恐ろしや!! 美味しいスイーツを食べまくったつけが・・・
28(-2.4)31.0 ランチは、寝かせ玄米。ゴーヤサラダ、納豆。体にイイものだらけ。でも、夜はwine(苦笑

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。