topimage

2015-07

土潤溽暑(宇宙) - 2015.07.28 Tue

『大暑』の次候: 7月28日~8月1日 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

関東甲信は、19日午前に梅雨明けしましたね。平年より2日早く、昨年より2日早かったそうです。

湿度が高く、じっとしていても脂汗が滲んでくるような蒸し暑さを『溽暑』といい
土潤溽暑は、暑気が土中の水分を蒸発させて蒸し暑いという意味だそうです。

P1200177.jpg
アヤナリゾート&スパ『ヴィラ』のロビーから見た『ソーセージの木』と言う意味のポホンソーシス
その名のとおり、大きなソーセージ状の実が沢山ぶら下がっていました。


金太郎飴のように5か所の店舗を毎日日替わりで勤務
本当に私ってフットワークよく気力体力もあって~大したものだと・・・自分で自分を褒めてやりたい!!
「午後は、どの店舗ですか?」って、聞く上司・・・冗談じゃあない!!
木曜日の午後は、自分磨きに~フラワーアレンジメントです。

30分遅れでお教室に着くと、みんな真剣に取り組んでいる。

渡されたプリントには・・・

P1200987.jpg

材料を自由に遊んで地球や宇宙を表現しよう・・・と言うのです。

『貴女、こういうの得意でしょう!!』なんてプレッシャーを先生が掛けてくるんです。

1時間前までは緊張高まる仕事場で別な頭を使って格闘してきたのですから~ね。

そんな弱音は吐かずに・・・取り組みましょう!!

【材料は~】


  ニゲラボール          ボタンフラワーピープル      スケルトンリーフ
ニゲラボール ボタンフラワー ピープルスケルトンリーフ 

  ミニスターフィッシュ      ミニカイパール          スターフィッシュ
ミニスターフィッシュ ミニカイパール スターフィッシュ

  カイパール           シザール麻            リボン                 
カイパール シザール麻 リボン

リース枠にシザール麻を巻き付けて宇宙のイメージを・・・

ganesuさんは、【陰と陽】 ボタンフラワーピープルやミニスターフィッシュの使い方~いいですね。

P1200979.jpg

arexmamさんは、【宇宙の渦】 「渦じゃあなくなっちゃった!!」と言っていましたが・・・

P1200986.jpg

境さんは、【ラ・メール(La Mer)】 フランス語で海!!初めての参加で、楽しかったそうです。

P1200991@.jpg

bambooさんは、【砂漠と羽衣と月】 優しさ溢れる作品ですね。

P1200992.jpg

1週間前にバリ島から帰国したばかりのミッチーさんは、
チャンディ・ダサやチャングーの思い出を作品に込めて・・・【バリ島の夜空】 

P1200995.jpg

miさんは、【キラキラ光る】 私よりお忙しいようでいつも1時間遅れの出席ですが・・・上手く纏まりました。

P1200997.jpg

「貴女は、このリボンを使ってみなさい!!」と・・・
シマウマのイメージのプリント布を引き裂いてリースに巻き付け~

これで、砂漠?宇宙?どうなるでしょうか?

ボタンフラワーピープルの使い方は、ganesuさんのようなイメージが湧かず束にして~
3個のニゲラボールのバランスも難しいです!! 

スターフィッシュをフラワーグルーで貼り付けながら『星屑のステージ』を口遊んでいました。

P1200975.jpg

他の人より材料をふんだんに使って~豪華な『砂漠の流星』・・・と名付けました。

P1200976.jpg

「グッチみたいだね!?」と言われましたが・・・最近のグッチを良く知りません。

31(-2.0)31.5


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

 
スポンサーサイト

桐始結花 (睡眠とバリの花) - 2015.07.23 Thu

『大暑』の 初候: 7月23日~27日頃 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

♪~見よ 紫の 桐の花  雲居に 高く 匂えるを ~♪・・・これは、息子が通っていた小学校の校歌です。

桐の花は、梢高く咲くので、目前に咲いているというより、地に落ちた花で知ることが多いようです
桐の花は、古典的な趣を持っていて、『源氏物語』の桐壺がその代表です。
彼女は、はかなく美しく神々しく繊細で、それは桐の持つ性質・・・ 花言葉の「高尚」に通じるようです。

桐の花

人は、人生の約3分の1を眠りに費やしていますね。。

睡眠は、毎日の疲れを癒やし、新たな活力を生む大切なひと時です。

寝不足や質の悪化は、免疫力の低下や、生活習慣病やうつ病のリスクを高め
居眠り運転などで交通事故を引き起こしたり、私の場合『ヒヤリハットな間違い』を起こしかねません。

体と心の健康を維持していく上で、「良い眠り」は欠かせないのです。

「五感」を上手に使えば、心地よく眠り、目覚めることが出来る・・・と言うのですが~

その「五感」のうち~まず『視覚』です

P1190768.jpg
ヴァージン・トゥリー(Virgin Tree)はバリ島ではヌサ・インダー(Nusa Indah=美しい島)といいます。
木の枝にすきまもなく、びっしり付いていて妖艶で豪華な雰囲気を持つ美しい花です。


我々には、約1日周期で生体リズムを刻む「体内時計」があって日中は活動的に・・・夜は休息状態・・・
その切り替えの鍵が、脳内の松果体で分泌され眠気を誘う睡眠ホルモン『メラトニン』です。

『メラトニン』は夜に分泌され、
・深部体温を下げる
・副交感神経を優位にして、気持ちを落ち着かせる
・体温や脈拍、血圧を下げて自然の眠りへ導く・・・のです。

P1190769.jpg

現代人は昼夜を問わず、明かりの中で生活していますが、
夜間に明かりを浴びすぎるとメラトニンの分泌が抑えられ、眠りにくくなります。

一時期、この睡眠ホルモン「メラトニン」をサプリメントで・・・
しかも日本では、許可されていないので海外から購入する風潮がありました~ね。

今は、この『メラトニン』に似た働きをする薬 『ロゼレム』 があります。

DSC_0345.jpg

ロゼレムは単に眠気を誘発するだけの薬ではなく、体内時計リズムを調整する働きも持っています。
そのため、体内時計のリズムが乱れるせいで発生する「概日リズム睡眠障害」の改善に効果的です。

ちなみに、ハルシオンやリスミー、レンドルミンなどに代表されるベンゾジアゼピン系睡眠薬は、
体内時計に働きかける力をいっさい持っていません。

P1190770.jpg

では、概日リズム睡眠障害を改善するためにはどういう風にロゼレムを使えばいいのでしょうか。

ここでは、概日リズム睡眠障害のなかでも多く見られる「睡眠相後退症候群」を例にします。
この睡眠障害は、睡眠時間帯が後ろにずれてしまい、夜中になるまで眠れないというものです。
 
ロゼレム

睡眠相後退症候群にかかると、夜中の3~4時まで寝つけなくなります。
そこで睡眠リズムを早めて24時くらいに自然に眠りにつくためには、
「就寝時刻の5時間前にロゼレムを使うと効果的」という調査結果があります。
つまり、夜19時前後に服用すればいいということです。

ちなみに、睡眠リズムを変化させるためには、ロゼレムを1~2か月ほど使い続ける必要があります。

ロゼレムは非常に安全性の高い薬ですが
臨床試験では、頭痛やめまい、のどの痛みなどの副作用が見られたそうです。

P1190771.jpg

そんなお薬に頼らなくても、視覚的情報である明かりの「色」の利用があります。

発光ダイオード(LED)照明パネルから波長の異なる赤、緑、青の光を健康な人に45分間照射し、
唾液中のメラトニンの量を測定した結果、照射しない場合に比べて、
赤、緑の光を浴びると、メラトニン量がそれぞれ約10%減少、青に至っては、約25%も減ったといいます。

「太陽の光の色は、日中は白っぽく~夕方は赤っぽく~などと時間帯で見え方が変わるように
明かりの色も時間帯で変えて取り入れることが、体内時計にとって非常に重要」だそうで・・・
夜は夕日のようなオレンジ色で弱い明かりがくつろぎをもたらし、睡眠につながりやすいのだそうです。
                  (出典:名古屋大の北川邦行名誉教授・愛知県立大の岡本和士教授)

次は『触覚!?』

P1190962.jpg
バリ島では、クリヌム・バクンという花で、ハマユウに似ていますが・・・・?

布団の中の環境は、四季を通じて温度は32~34度、湿度は40~60%が最適~とか。

眠くなると手足がぽかぽかするのは・・・体内の熱を外に逃がし、内臓の「深部体温」を下げるため~とか。

深部体温は夕方が最も高く、夜から翌朝にかけて1~2度下がるそうです。
でも、蒸し暑いとうまく熱が逃げず眠りにつきにくく寝ている間にかく汗で湿度が80%を超えるとも・・・
特に、背中は湿気や熱がこもりやすいのです。

P1200150.jpg

この対策は、「通気性に優れたメッシュ構造や麻綿の敷きパッドを取り入れるといい」~とか。

適度な硬さがあるイ草の寝ゴザや竹のシーツを敷いたり、
背中側が大きく空く抱き枕を使ったりして、
体と寝具との間に隙間を作り、湿気や熱を逃がす方法もあるそうです。

夏の理想的な寝室環境は、温度が26~28度、湿度は40~60%。
夏場は湿度が70%を超え、最低気温が25度を下回らない熱帯夜が続くこともある。
このため、寝苦しい夜は、寝る1時間前にエアコンを使って寝室を冷やしておくのが・・・いいですね。

では、『嗅覚は!?』

P1200007.jpg
アヤナ リゾート&スパの沿道に沢山咲いている光景が素敵・・・この花の名は、ルエリア

森林浴をしたり、花の香りを嗅いだりすると、緊張感が和らぎ、心が落ち着きます~ね。
香りは、嗅覚を通じて脳に伝わり、自律神経やホルモンバランス、免疫系などを調節するんです。

気持ちを落ち着け、リラックス効果がある『オレンジスイート』や『ラベンダー』の香水がお薦め~

これは、オレンジの果皮から抽出したオレンジスイートを、
眠りが浅いといわれる高齢者に就寝前の10分間、嗅いでもらったところ、
リラックス度の指標とされる副交感神経の活動が、嗅がない場合に比べて増加していた。
また、すっきりとした目覚めを促す作用もあった・・・という。

また、ラベンダーの香りが深い眠りを誘因し、軽度の不眠が改善された・・・との報告もあります。

次なるは『味覚』です

P1190697.jpg
バリ島では、アデニウム・メラ。英名ではデザート・ローズ(日本では砂漠のバラ)
株元がとっくりのようにふくらんで茎が肥大して多肉質になり、枝分かれして低木状に茂ります。


夕食は就寝3時間前までに

食事をすると味覚が刺激され、血糖値が上がって活動的になります。
これは、体内時計をリセットする役割も持っており、
「朝、太陽の光を浴びるだけでなく、バランスの取れた食事をして胃を動かし、
体に『朝』を、意識させることが重要」と強調する。

寝る直前の食事は肥満につながりやすく、胃の消化が続いていると深部体温が下がらず、寝にくい。
寝る3時間前には夕食を終えていた方がよく、
寝る直前に食事を取る場合でも、消化に時間がかかる油ものや肉類などを控えるといいそうだ。

寝る前は、眠りにくくなるとされるカフェインの摂取を避けることも大切だろう。
また、アルコールでの睡眠誘発は、睡眠時間が短く、眠りが浅くなるので、寝酒にも注意が必要です。

最後に『聴覚は?』

P1190888.jpg

「ロブスターの爪」や「オウムのくちばし」に例えられる独特の形状が一目見たら忘れられないヘリコニア。
この鮮やかな部分、お花ではなくてガクなんだそうで、ハワイでよく見かける花ですが、原産地は中南米。


音と睡眠の関係では、
夜間は55㏈(デシベル)程度(人の普通の会話は40~45㏈)の交通騒音でも不眠を訴える人が増え
暗くて音がない場所で寝ると、僅かな物音に敏感に反応したり不安感を感じ、目覚めやすくなる~とか。

寝る時に自分が心地よいと感じる音や音楽を聴くといいそうです。

P1200180.jpg
クアラルンプールでも珍しい・・・と思った「タビビトノキ(オウギバショウ)」
マダガスカル原産のバナナに似た植物で、茎に雨水を溜めるため非常用飲料として利用されるタビビトノキ
巨大な櫂状の葉が長い茎柄の先に扇状に平面に並ぶ。
ストレリチア(ゴクラクチョウカ)の仲間だが、花は小さく目立たない。


睡眠は加齢とともに変化するもので、
40歳を過ぎると中途覚醒が表れ出し、深睡眠(ノンレム睡眠の睡眠段階4)も減る。
80歳にもなると深睡眠は全くなくなり、中途覚醒が何度も起きて、睡眠は不安定になる。
これは正常な、加齢による睡眠の変化そうです。

でも、睡眠潜時(消灯あるいは就床時刻から睡眠開始までの時刻)や中途覚醒の時間を除いた
実睡眠時間は、加齢とともに短縮し、自覚的な不眠がない人でも60歳なら平均6.2時間、
70歳なら5.9時間程度だそうです。

膝痛を起こしてから1時前には床に就くようにしています。
2時頃寝た時もそうでしたが、私はやっぱり『ショートスリーパー』・・・4時間半で足りるようです。

私の寝る前の儀式は、25分以上の腰湯に入って・・・・
     これは、血液循環を盛んにして筋肉にたまった疲労物質を取り除いたり、
     昼間働いていた交感神経を鎮めて、心身ともにリラックスさせる効果があるためです。

『シャネルNo.5を着て寝る』・・・と言ったのは、マリリンモンローでしたが
今、お気に入りの香水は、エルメスの『Jour d'Hermes ジュールドエルメス』

P1200890.jpg

最初プッシュした瞬間は強く柑橘系を感じますが、
少し苦味のある・・・咲き乱れる溢れる花の香りが・・・ずっとずっと~持続しています。

オーデコロンは、15分ぐらいしか香りが持続しない・・・と言うので
睡眠前の儀式には打って付け!!

でも、ある日 初めてヘルプに行く店舗に入ったら
「いつもと違う香りがするけど~monalisaさんですか?柑橘系のいい香りがしますね?」と言われた。

「ちょっとあの娘、天然ボケじゃあない!?」なんて思ってたけど、嗅覚は全うだった。

私の場合は、香水を着て・・・ではなくって香水を纏って・・・そして「ジェットストリーム」を聞きながら~

★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*(^∇゚*)ノ" オヤスミィ♪~


25(-0.8)32.0
26(-1.8)31.5


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。