topimage

2015-04

牡丹華(牡丹と私)  - 2015.04.30 Thu

『穀雨』の末候: 4月30日~5月4日 牡丹華(ぼたんはなさく)

P1190335.jpg

我が家の庭の 牡丹も咲き揃いました。

牡丹は、中国では花の王と呼ばれ、華やかさの象徴ですね。
「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」「深見草」
「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など、たくさんの呼び名があります。

15P1190372.jpg

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」~とは、完全無欠の女性美を謳った有名な言葉ですね。

理想の女性は、何故、立てば芍薬なのかしら!?

それは・・・芍薬が、すらりと伸びた茎の先端に美しい花を咲かせるから~だそうで
芍薬は、枝分かれすることなくすっと立っていますが、牡丹は枝分かれするので横張りの樹形。
まるで座っているかのように見え・・・牡丹は、座って観賞したほうがきれいに見える~とのこと。
では、歩く姿が、百合の花とは・・・?
百合は、しなやかな茎の先にややうつむき加減に花を咲かせ、風をうけると揺れます。
それはまるで、女性が優美に歩いているように見える・・・というけど~今や遅し!(爆

P1190405.jpg

赤い牡丹の花は、昨年より1本多く4本咲きましたが、白い牡丹は、見事に3本から5本に増えました。

15P1190414.jpg

寒肥が効いたようです。昨年のボタンの様子は・・・☆☆☆
横広がりで…まさに座って鑑賞が良いようです。

そう言えば、牡丹のゴールデンルールがありましたね。

     。,・~~・,。☆。,牡丹のゴールデンルール,。☆。,・~~・,。

  
  日当たり・排水の良い地を選ぶ。
  夏の西日は避けるほうがよい。
  牡丹苗は接木(つぎき)で作る。
  花後は株の衰弱を防ぐために、図1のように首の部分から切り落とし、お礼肥を施す。
  夏には休眠するので、葉は取る。
  植え付けや株をいじるのは、9月下旬から10月下旬が適している。
  土は腐葉土をたくさん含んだ肥沃なものを使用する。
  3月、5月、9月の年3回、有機肥料を与える。
  花が終わって翌年の3月頃に花芽が出て来るので図2のように下部の2~3芽を残し、
  上部の芽を切り取る。
  芽かきをする際、外側の芽を残すと枝が外に伸びバランスの良い株になる。
  残した2~3芽が次回開花時の花芽になり、4月~5月に開花する。
  花が咲き終わった後、11~12月頃に図3のように剪定を行う


 牡丹1 牡丹2
  
  春に台木から伸びた芍薬の芽は、すぐに摘み取る。
  放置すると接木された牡丹の生育の妨げとなり、
  最悪の場合、牡丹が枯死して完全に芍薬の株に戻ってしまう・・・と言うのです。

 


あらあら~、来年も綺麗な牡丹に巡り合えるように
花後のお世話、忘れずにしないと・・・

子供の頃のゲームで
『🎶今年の牡丹は よい牡丹。お耳を からげてスッポンポン。もひとつ おまけにスッポンポン』・・・
皆さんは、こんな鬼ごっこしたことありますか?

さて、私が初めて「牡丹」と言う花を意識したのは、子供の頃。
母の実家に遊びに行くと祖父母が「花札」で遊んでくれました。

なんでも「場六の手七」「猪鹿蝶」「赤短」「青短」「月見て一杯」などの言葉を思い出します。
役を覚えたり、点数を数えたり・・・ゲームのやり方は、やり始めると思い出すでしょうが
『こいこい』~というゲームだったようです。

百人一首では、「坊主めくり」
トランプでは「七並べ」などで、祖父母に遊んでもらった・・・ずっと昔のお話です。

15P1190415.jpg

いよいよGW。

heart達は、南部の家に行くのを楽しみにしているようです。

さて、孫達と何して遊びましょうか?


30(-0.6)32.5
1(-0.2)34.5
2(0.0)32.0


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

霜止出苗(山菜三昧) - 2015.04.25 Sat

『穀雨』の次候:4月25日~30日 霜止出苗(しもやみてなえいずる)
暖かくなり、霜も降らなくなり、苗がすくすくと育つ頃。
田植えの準備が始まり、活気にあふれている農家の様子が連想できます~ね。
霜止出苗

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ 山 菜 三 昧
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

棟梁から、筍、ワラビ、フキ、セリ、コシアブラ、三つ葉・・・などが、箱イッパイ送られてきました。
山菜は、アクの強いものが多いので、おいしい山菜料理ができるかどうかはアク抜きが大事!?

15P1190338.jpg

【米ぬかを使って~】タケノコ
鍋に2リットルの水に米ぬかを一握り、赤唐辛子を1本細かく刻んだものを入れて沸騰。
タケノコは切れ目を先端から根元に向って入れ、鍋に入れて柔らかくなるまで茹でました。

米ぬかで茹でるのは?
タケノコのえぐみ(シュウ 酸)が、米ぬかと結びつき、水だけの場合よりも溶けだしやすくなるからです。
また、米ぬかの甘み と旨みが苦味を覆い隠す働きもしているそうです。
唐辛子は防腐効果を期待してつかわれます。

柔らかくなったら火を止めて、冷たい水につけて皮を剥きます。
(前回は糠がなかったので、生米ととぎ汁で・・・タケノコ1本に付き生米大匙2で、茹でました。)

15P1190339.jpg

【重曹で~】ワラビ、ゼンマイ、フキノトウ、アザミ
ワラビのあく抜きは、初めて~
やかんに1.5㍑~2㍑の湯を沸かし、鍋にはワラビを広げ・・・ワラビ200gに対し小匙1の重曹をまぶし
熱湯をヒタヒタにかけて、一晩放置しました。
15P1190340.jpg 15P1190341.jpg

翌朝、流水で良く洗います。
胡麻和えにして、早速夕食に~。
保存用には、醤油漬けやエバラの浅漬けの元で・・・漬物風です。
15P1190368.jpg

ワラビには、発がん性物質が~
ワラビには発癌性のあるプタキロサイド(ptaquiloside)が約0.05-0.06%含まれる~と言われます。
また、調理したものでも大量に食べると全身出血症状になり、骨髄がしだいに破壊され死に至るとか。
しかし、副食として食べている程度ならば害はなく、
またアク抜き処理をすればプタキロサイドはほとんど分解され、ジェノンという物質になる・・・そうです。

【塩茹で~】コゴミ、ハマボウフウ、たらの芽、セリ、ギボウシ、ウド、フキ、つくし、タンポポ
さて、頂いたフキは、山フキのようです。
さっと洗ってから塩をまぶしてまな板で板ずりをして
鍋にたっぷりとお湯を沸かし、一つまみの塩を入れ、山菜を手早く茹でて冷水にとりました。

15P1190342.jpg

中には塩茹でしただけではアクが抜けない山菜もあり、それらは塩茹でしたあとに、流水にさらします。
苦味やエグ味を途中でチェック~です。
ウドとフキ、ヨモギが10分、つくしが1時間、たんぽぽ(まだ食べたことありませんが~)などは2時間流水に
さらすのです。

15P1190358.jpg 15P1190366.jpg

まぐろ節・宗田かつお節・かつお節・いわし煮干し・飛魚煮干し・エビ・昆布・椎茸 ・・・など
鮪をベースにし、8つの厳選素材をブレンドしたまろやかで上品な味わいの『極上海鮮だし』を頂戴しました。
旨味がギッシリ詰まった出汁を使って母の味を思い出しながらキャラブキを作りました。
なんたって1kgのキャラブキです。瓶詰にして、小分け保存です。

15P1190363.jpg

残念なことに、楽しみにしていた「コシアブラ」は、保存方法を間違え、変色してしまいました。

コシアブラはあまり日持ちせず、香りが大切な食材で、新鮮なうちに食べるに限るようです。
どうしてもという場合は、乾燥しないように新聞紙などに包み、穴をあけたポリ袋などに入れて
野菜庫に入れて・・・2~3日で食べきるようにしましょう~とのこと。

長期間保存したい場合は冷凍保存が良いそうです。
その場合は、薄めの塩を加えて沸騰させている湯の中で1分半程度固めに茹で、氷水に落として
しばらくそのまま水にさらしてアクを抜いた後、よく水気を切って小分けしてアルミやステンレスのバットに
広げ一気に冷凍・・・凍ったものを小分けしてラップなどで包み、保存袋に入れて冷凍~ということです。

更に長期間保存する場合はタラの芽と同じように塩漬けにするそうです。

DSC_0307.jpg

heart-papaが、金目鯛を12匹釣って来た・・・というので、お裾分け~(12匹は、今までで最高とか~)。
金目鯛は、1kg5000円位の高級魚。頂いたのは、700gの大きさです。

DSC_0308.jpg

煮付けでも・・・と思っていましたが「金目鯛のしゃぶしゃぶがお薦め~」との事
金目鯛の三枚おろしをして「タケノコの刺身」「ワラビの胡麻和え」「キャラブキ」などで・・・
昆布と金目鯛のアラでダシを取り・・・しゃぶしゃぶも美味しかったけど〆の雑炊も~最高!!

15P1190407.jpg 15P1190408.jpg

娘から教えてもらった「豚肉、タケノコ、高菜漬けの炒飯」も美味しかったで~す。

15P1190410.jpg

ところで、みなさんのお薦めの山菜料理って、なんですか?

25(-0.6)30.5
27(-0..2)32.5
28(-1.2)31.5
29(-1.0)32.0

ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。