凛とmonalisa

2014-02

人間だもの - 2014.02.23 Sun

今、フィギアースケートのエキジビションを見ています。
大輔君も真央ちゃんも参加できて良かった☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!
2014 02 23_0322

それにしても真央ちゃんのSPは、何が起きたんだろう~と、誰もが驚いたことでしょう。
私も、翌日に仕事を控えているのに、30番目に演じる真央ちゃんを見たくって起きてました。
一つミスが取り返しのつかない結果を生んでしまった。
翌日のフリーは、どうなるんだろう?!他人事ながら、悲嘆にくれました。
相田みつをの『人間だもの』を思いだしながら、自分をなぐさめていました~可笑しいでしょう?!

世界のトップスケーターたちが、ツイッターで真央ちゃんに応援メッセージを送っていたのも感動しました。
2014 02 23_0331

失意のどん底にいた浅田の「体が動かなかった。(理由は)分からない」。
それは、日が明けた朝の公式練習でも変わらなかった。
リンク際にいた佐藤信夫コーチは、思わず声を荒らげて
「点数で言えば、SPは約70点、フリーは約140点。
3分の2も残っているのだから、もうちょっと気合を入れてやりなさい」

練習が終わって選手村に帰る途中、佐藤コーチが話し出した。
1980年レークプラシッド五輪に出場した教え子の松村充さんの話だった。
「彼はSPが終わった後、へんとう腺を腫らし、2日間寝込んだ。
練習も食事も一切できないまま、フリーに臨まなければならなかったんだ。
その時、僕は彼に言った。
『ぶっ倒れたら、しかられても、必ずリンクの中まで助けに行く。だから倒れるまでやれ』って。
そうしたらフリーは彼のスケート人生で最高の出来だった」

魔法をかけられたかのように浅田の表情が引き締まった。
「自分は何もそういう病気ではない。できないということは絶対にない」。
そして本番では、観衆の記憶にいつまでも残るであろう演技を披露した。

「今回はメダルという形で結果を残せなかったが、自分の演技を残すことができた。
それが最高のものだったので、よかった。私なりの恩返しができたと思う」と浅田。
名伯楽の至言を胸に刻み込み、浅田は心の切り替えに成功した。【yahooニュースより】


素直な真央ちゃん、そして素晴らしいコーチですね。
2014 02 23_0327

フリータイルは・・・一夜で気持ちを切り替える事が難しいだろうと誰もが心配していました。

メダルには届かなかったけど、真央ちゃんにしかできないトリプルセルを成功させ、見事にやり終えて
真央ちゃんの復元力、レジリエンスを・・・メダルより貴重な最高の感動を世界中に届けましたね。
祈る様に、手を組んでTV画面に食いついて、真央ちゃんの意地の自己ベスト「これが自分がやろうと思っていた構成」
6つの3回転を含め、すべてのジャンプを成功させ滑り終えたのを見終わった時には、涙が溢れてきました。
これは、だれもがそうだったようですね。素晴らしい精神力です。
メダルには、届かなくても、人の心にしっかり届き、どんなメダリストより一番ひきつけました。
2014 02 23_0294

挫けそうな時でも、スマイルって素晴らしんだよ~と、真央ちゃんのエキジビションは『スマイル』でした。
2014 02 23_0288

会場が一つになった沢山の演技、メダルを超えたスポーツの力、感動を与えたソチ・オリンピックも終わりますね。

さて、東京に2回も降った雪。日陰にうず高く積まれた雪が、凍ってしまいました。
テレビ報道によると、何十年ぶりに降った雪の東京の映像がyou tubeで、見ることができ、
海外のネットユーザーにも多くの反応があったそうです。
面白そうなので~blog up



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

逆境の中の希望 - 2014.02.16 Sun

2週連続で大雪をもたらした南岸低気圧は、この18日~19日も、雪を降らせるようです。
ミニ葉ボタンをメインにしてギュッとブーケのようにした葉ボタンの寄せ植えも、雪で頭が折れちゃいました
26P1110899.jpg

庭に植えたチューリップは、まだ芽を出していませんが、クリスマスローズも一部、花芽が見え始め、
ドラマ「風のガーデン」で『去年の恋の名残りの涙』と名付けられたスノードロップが、今年から我が家の一員です。
26P1110897.jpg

スノードロップの花言葉は「希望」「慰め」「逆境のなかの希望」「恋の最初のまなざし」だそうですが
人への贈り物にすると「あなたの死を望みます」という意味に変わるので注意が必要だそうです。

球根で育つスノードロップは、修道院の跡地などに自生していることが多く、
聖燭節の日にスノードロップをボウルに集積して家に持ち帰ると家が清められるという言い伝えが、
イギリスのヘリフォード・ビーコン近隣で伝わっているそうです。
自生地はイギリスとされていますが、修道僧がイタリアから持ち帰ったものが定着したとも考えられているようです。
一方でイギリスなどでは色が死に装束を連想させる事から死の象徴として嫌われる事もあるそうです。

花言葉の「逆境の中の希望」とは、アダムとイブのお話。
『どの実を食べてもいいが、善悪を知る木の実だけは食べてはいけない。』
ところがある日、ヘビがイブをそそのかした。
『あれは知恵の実だ。食べてごらんよ。』
ついにイブは禁断の実を食べ、イブからもらってアダムも食べてしまった。
そのとたん、ふたりはおたがいが裸であることに気づき、あわてて無花果の葉で腰のあたりをかくした。
命令にそむいたことに神様は怒って、ふたりはエデンの園を追われることになってしまった。
暖かなエデンの園を追い出されたアダムとイブは、ふいに訪れた寒さにふるえてしまう。
その時天使が舞い降りてきて春は必ず来るよって励まし、天使が降りしきる雪に息を吹きかけると
その雪は雫となってこぼれ落ち、雫がこぼれ落ちた場所から芽を出したのがスノードロップ
・・・ということで、この花スノードロップの花言葉を『逆境の中の希望』というのだそうです。         (wikiより)
snow-drop2.jpg

2月7日から始まったソチ・オリンピック。
就寝時間がどんどんずれ込んで、次の日の仕事に差し障る~けど
開会式・閉会式は、選手の演技と同じように見逃したくない私です。

ソチ五輪の開会式セレモニーでは、雪の結晶のオブジェが徐々に輪に変わり、五輪マークを形作る演出が、
一つだけ輪が開かず「四輪」になるトラブルがありましたね。
2020年の東京オリンピックでは、どんな演出がなされるだろうと思いながら見ていたのは、私だけではないでしょう。
ソチ・五輪

Graceさんもファンのプマドンナのアンナ・ネトレプコ、男声合唱団と共に素晴らしいオリンピック賛歌を歌いました。
彼女は、ロシア出身なんですね。
アンナ・ネトレプコ

フィギュアスケート団体戦では、プルシェンコの完璧な演技で「皇帝健在ぶり」が見れましたが
個人戦で、腰を痛め棄権して、引退を余儀なくされました。

羽生選手は、団体戦のSPに続き、個人戦でも華麗に見事な演技。
トリノオリンピック(2006)を見た羽生は、髪型も真似るほどの皇帝・プルシェンコに心酔していて
プルシェンコも「僕を抜いたら、次は結弦の時代」と言って、リストバンドをプレゼントする仲だそうですが
この今大会限りで現役を引退したプルシェンコが、来季以降、羽生のコーチに就く可能性がある~とのyahooニュース。
ますます、目が離せなくなりますね。
羽生

オリンピックの魔物とは、勝つだろう~と言われた選手が、リンクに立って味わう空気から感じるものらしいが
4年に一度の大舞台で感じる大興奮とプレッシャーの中で平常心を保つことが難しいのでしょう。

オリンピックの魔物とは「自分の中の気持ち」といった羽生。
完璧に終われなかった事を、悔やんでいましたが、この辛さが、次の糧となることでしょう。
001.jpg


今季のSPの使用曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」の作曲者が別人と判明したことには、驚いた。
佐村河内 守は、聴覚障害を持ちながら「交響曲第1番《HIROSHIMA》」を作曲したとして脚光を浴びましたが
私も騙され東京芸術劇場で行われた昨年7月の全国ツアーコンサートでは、本人にもお会いしましたが、
打楽器が、やけに目立つ曲で、健常者にとっては、とっても疲れたコンサートで、致し方ない~かと思いました。

羽生の演技も素敵だけど、誰よりも音楽に忠実に舞う高橋大輔の演技が、好きです。
長光コーチは「私はあなたのスケートが好き」と感謝の言葉を贈ったそうですが、私も~よ☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!
o0500032612847859719.jpg

さて、浅田真央さんのSPは、2月19日現地時間19時(日本時間2月20日0時)より競技開始
FSは、2月20日現地時間19時(日本時間2月21日0時)より競技開始・・・だそうで、
しばらく寝不足は続くでしょうが、お昼寝で眠気は繋いで、ソチオリンピックを楽しみましょう~かね。

それにしても、表彰台に昇る選手の誰もの笑顔が素晴らしくって、
神に魅入られた人は、二物も三物も与えられ・・・『天は、二物を与えず』とは、嘘でしょう?!


blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。