topimage

2013-12

お・も・て・な・し~ - 2013.12.28 Sat

ブロトモさんの「今年のニュース」にアイデアを頂いて、我が家の、そして私の1年を振り返ってみました。
25P1110521.jpg

我が家のニュースは、1月6日に、2人目の孫が生まれ、その日に私は、ガラケーからスマホに替えました。
また、この数年騙し騙し使っていた冷凍冷蔵庫を新調、レンジも新調、ミキサーもバイタミックスに、
掃除機もダイソンにして 、10年乗った車 volvoを、燃費が魅力のハイブリットカーに乗り換えました。
25P1110522.jpg

あの消えた自転車が「放置自転車」として収集され、引き取りに来るよう~7連絡が来ました。
盗難届を出していれば、500円の手続きで、手元に戻るようですが、手続きをしていなかったことと
10年以上乗って、そろそろ買い替えを考えていた事、持ち主が娘の物なので、引き取りには委任状が必要な事
その上、4000円の費用が派生するので・・・きっぱり、諦め~新しい自転車を買いました。

テレビも、つけ始めの色が、悪く・・・そろそろ、ヤバイです。

勿論、マチュピチュ・イグアスの滝・ナスカの地上絵の南米旅行、出雲大社参詣もニュースの1つですが

そうか~ァ、今年は、新しく生まれ変わる年だったのかな?! 皆さんは、どんな1年だったですか?
25P1110513.jpg

「和食」が、無形文化遺産に登録されましたね。

昨年3月に、日本政府が提出した記載提案書には
「和食」は、四季や地理的な多様性による様々な食材の利用や、自然の美しさを表した盛りつけなどの特色があって
正月や田植えなどの年中行事と密接に関係する社会的慣習であることなどが、説明されていたのだそうです。

「食」がテーマの遺産としては、これまで、「フランスの美食術」、スペインやギリシャなど4か国の「地中海料理」、
「メキシコの伝統料理」、トルコの「ケシケキ(麦がゆ)の伝統」の4件が、登録されていたんですって?!

提案書では、京都の精進料理や懐石料理、東京のすし、東北の鍋料理など、北海道から沖縄に至る多様性を紹介。
さらに、旨味を多く含むダシの使用、味噌や醤油などの発酵技術、さしみ包丁など独特な調理道具で食材の持ち味を
引き出す工夫、葉や竹、器などで食卓を美しくしつらえる表現方法が発達していることを挙げたんだそうです。
25P1110516.jpg

今年は、6月には富士山の世界遺産登録、9月には2020年東京オリンピック招致に成功、
そして12月4日にはユネスコが『和食』を無形文化遺産に登録することに決定して、
日本を世界にアピールできるニュースやイベントが相次いで、
これをキッカケに今後さらに日本文化の一つ『和食』に対する世界の関心が高まることは必至ですね。
25P1110518.jpg

年越しそばに始まって、新年を迎えるスタイルは、夫々のご家庭でスタイルがあるようです。

この数年、お節料理は、お取り寄せで・・・・と決めていましたが、
回を重ねるうちに、品数は少なくっていいから、我が家なりのお節で、新年を迎えようではないか~という事に・・・。

12月の懐石料理のレッスンは、そんな手料理に打って付けのメニューでした。
25IMG_1565.jpg

「お母さんのお節が食べたい」なんて、虫のいい娘の発言に、簡単に頷いてしまいました。
仕事は、30日まで、バッチリあります。
31日は、新年を迎える準備をして、娘に、我が家流「お・も・て・な・し~」の極意の伝授~といたしましょう。

年の瀬や 川の流れと 人の身は あした待たるる その宝船

俳諧師 宝井其角と赤穂浪士の大高源吾が、討ち入りの前日に両国橋で交わした句だそうです。

皆様にとって、年の瀬を越したその船が、きっと宝船でありますように~

今年も、*アリ*:・('v`*人)・:*ガト* 

blogram投票ボタン



スポンサーサイト

倍返し - 2013.12.21 Sat

今年の流行語大賞は、何時もの様には絞り切れず、「おもてなし」「倍返し」「今でしょう」「じぇじぇじぇ」
4つありました~ね。鬩ぎ合いを見るのも面白いけど
私は、前回の朝ドラは見ていなかったから、3つ選べ~と言われたら「じぇじぇじぇ」を外すでしょう。
25P1110346.jpg

孫のお世話は、当たり前~と思っていますが、
heart-papaから、「いい意味の『倍返し』です。一緒に、温泉旅行しましょう!」と、お誘いです。

11月23~24日は、連休で、混み合っていて、東京から伊豆・北川まで8時間かかり・・・遠かったです。
ランチは、小田原PAで、大評判の美味しい小田原あじ天丼 
丼王座決定戦!! 審査員特別賞受賞した地元小田原漁港直送のあじ天丼なんです。

小田原PAには、『二宮尊徳の生誕の地』の看板がありましたが。
私の通った小学校の校庭には、薪を背負って、読書をしながら歩いている銅像がありました。
<<<<<


二宮尊徳は、明治時代に、明治天皇に次いで当時の教科書登場回数第二位だったそうです。
こんな歌、知っていますか? 小学唱歌でしたが、今の小学校では、歌われているのかしら?!
          。,・~~・,。☆。,二宮金次郎,。☆。,・~~・,。

    1、芝刈り縄ない わらじをつくり 親の手助け 弟を世話し
      兄弟仲良く 孝行尽くす 手本は 二宮金次郎

    2、骨身を惜しまず 仕事をはげみ 夜なべ すまして 手習い読書
      せわしい中にも たゆまず学ぶ 手本は 二宮金次郎

    3、家業大事に ついえをはぶき 少しの物をも 粗末にせずに
       遂には身を立て 人をもすくう 手本は 二宮金次郎

 

「heartくん(自分で自分の事を、この様に言うんです)温泉大好き。お泊り、大好き!!」と~
連れてってもらったのは、北川温泉の「望水
定宿のように利用している全室オーシャンビュー。相模湾を一望でき、伊豆大島が目の前に見える旅館です。
プライベートガゼボ『時の風』には、4つの趣向の代わったお風呂が用意されていて
私が選ぶとしたら、ドライサウナのある「浮舟」かしら?!
heartと主人とheart-papaは、波打ち際の「黒根岩風呂」で、アメリカを見ながら入る野天風呂を楽しんできました。
お風呂上がりには、用意されているトコロテンが美味しいんです。
25DSC_0328.jpg

夕食には、静岡産の三種類 純米吟醸(磯自慢、初亀、正雪)の利き酒セットを・・・
違い?・・・これが、分かるようなら、違った人生を選んでいたでしょう?!
25P1110366.jpg

盛り沢山のお料理。伊豆ならではの新鮮なお魚たっぷりのメニュー。総カロリーは、考えないことにしま~す!!
<<<<<<


朝風呂を浴び、朝日が差して来て、夜が白々と明けていく様子を眺め・・・伊豆大島の先は、アメリカ(゚ー゚)(。_。)ウンウン
時々、現れ消えていく大きな船の行き先を想像してみるのも面白い。
25P1110376.jpg

朝食も盛りだくさん。旅館自慢の地ノリが美味しい~と、heartは、いつになくご飯をたくさん頂きましたよ。
<<<<<


連休とあって、朝から渋滞が始まっています。
こんな状態なので、近場で遊んで、早めに帰りましょう~と、大室山に行って見ることにしました。
車に乗って、走り出したら「アッツ、シートベルしていない。お父さん、スピード出し過ぎだよ~」とheart。
heartから、パパでなくって、『お父さん』という言い方を聞いたのは、初めてで 驚きました。

大室山は、標高580m。最も新しい噴火口で、4000年前の活動と推定されていて、伊豆半島の中央に美しい姿を見せ
昔から船の航行の目標地であり、願い事を聞いてくれる優しい神の山として、付近の住民に慕われているそうです。
25IMG_1435.jpg

リフトで約5分。頂上に着くと、すり鉢のように窪んだ深さ70m、直径300m、周囲1kmの噴火口跡があって、
アーチェリーを楽しめる施設があるんですよ。
25P1110392.jpg

360度のパノラマ展望は、気象条件が良ければ、北は南アルプスから富士山、箱根の山々まで、
東から南に伊豆大島をはじめとする伊豆諸島、遠くには三浦半島から房総半島、東京スカイツリーまでも
望むことができる~というのです。
25P1110394.jpg

火口の周りには遊歩道が整備され、1周20分の周遊ハイキングコース『お鉢周り』を楽しんでみました。
25P1110396.jpg

海上安全・海難防除・大量祈願のため漁師の人たちによって建てられた八ヶ岳地蔵尊。
ここに立って海上を眺めると伊豆半島から房総半島を一望におさめることができるのです。
近代装備を持たない昔の漁師は、八丁櫓で威勢よく海に乗り出し、大室山を目印に、最良の漁場を定めたのです。
25P1110401.jpg

伊豆の自然と明るさと豊かさを「初夏の日差しが滴るようだ~」と見事に表現した鷹羽狩行の句碑
25P1110404.jpg

眼下に見える池盆地の田園風景は、大室山から流れ出た溶岩によるせき止め湖のなごり。
明治初年まではこの湖が残っていたため、この盆地周辺は『いけ』と呼ばれていて、
明治以降、湖を干拓して生まれた水田では、四季を通じて美しい里山風景が楽しむことができるそうです。
池盆地の背後の矢筈山と孔ノ山は溶岩ドーム(粘り気の強い溶岩で出来たドーム状の山)
その左手の伊達山は、スコリア丘(粘り気の弱い溶岩のしぶきや火山弾が積もった丘)
いずれも2700年前の割れ目噴火で同時に作られたそうです。
25P1110409.jpg

寛文の初めごろ(1663年)相州岩村の網元、朝倉清兵衛の娘が9歳で身ごもり、
その安産を大室山浅間神社に祈願したところ、無事安産したので「おはたし」と称してお礼に、
真鶴石で五智如来蔵を作らせ、船で城ケ崎の富戸港に運び、富戸の強力兄弟が、1体を3回に分けて背負い
計15回で現在地に安置させた・・・と伝えられている『五智如来尊』
昔から願い事を叶えてくださる優しい心の神様として、
伊豆、相模付近の方々の信仰が深く、特に、安産と縁結びの神様として参詣が多いそうです。
25P1110413.jpg

特に下りのリフトは絶景で、風も心地よく最高でした。
リフトで、麓に戻ると、もみじまんじゅうや肉まん、珍しいシラスマンを食べることができます。
25P1110414.jpg

帰り道も、混み合い、東京に戻ると夕方5時。
以前から気になっていたイタリアン『ベビアーモチスー』で、旅の締めくくりを~
heart-papaからの嬉しい『倍加返し』には、こちらからイタリアンの『半返し』で~
25IMG_1434.jpg

ジージ、バーバの孫孫シッター。できるだけ協力しますので・・・また、『倍返し』ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ です。


blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。