topimage

2011-05

blog 1000 flowers ( 薔薇 ④ リストランテ「ジャジョーロ」) - 2011.05.28 Sat

『おいしいイタリア倶楽部』は、“Mr.坂間と訪ねるおいしいイタリアン”として、3月に再開しました。
1回目は、エノテカ・ピンキオーリから「リストランテOZIO(オッジィオ)」へ移って新料理長に就いた辻シェフにエールを贈り、
大震災時の経験談を語り合いながら、美味しい辻さんの【日本の食材を取り入れたイタリアン料理】を頂きました。

2回目の5月は、銀座の「ジャッジョーロ」にて、【香りの歴史、香りの効果】がテーマです。
P1140083.jpg 「ジャッジョーロ」は、イタリア・フィレンツェにある世界最古の
 薬局「サンタ・マリア・ノヴェッラ」の自然治癒や予防医学の
 思想をもとにしたイタリア料理のお店なんですが、
 仕事柄 興味深々のお店でもあるんです。

 鮮度や産地、栽培法にこだわった食材を取り寄せ、
 できる限り素材にストレスを与えないシンプルな調理法を
 用いた料理、また、天然ハーブ類(香草、薬草)の効能を
 生かした料理も多く、からだの中から自然に
 美肌&アンチエイジング効果も生まれる・・・というのです。
 レクチャーの内容は、
 ①スパイスとハーブの違いと基本的な使い方、保存法
 ②胡椒は、金に匹敵するほど貴重品
 ③スパイス交易で繁栄したベネツィア、フィレンツェ
 ④7つの海を舞台に、スパイス争奪戦は激化して行った・・・です

この店の名物は、15種類のハーブサラダ。 15種類って、どんな香草が入っていると思いますか?
P1140098.jpg イタリアンパセリ、オレガノ、チャービル、ディル、フレンチソイル
 レッドアジアンマスタード、赤ミズナ、キクナ、マジョラム、
 ニンジン、ストロベリー、ブルーベリー、赤玉葱、ペパーミント
 エストラゴン
 【ハーブサラダの作り方】
 ハーブサラダミックスを水洗いして、水気を切って
 ボウルに入れて、ラップをして30分位冷蔵庫に入れ
 取り出して、塩、こしょうをして、混ぜながら、
 ボウルの周りからバルサミコ酢を回し入れ味を調える
 最後にオリーブオイルを入れ、
 トッピングに生ハムやフルーツを散らす
 
 食前にハーブサラダなどの植物繊維を沢山摂ると、
 消化にとてもよく、コレステロールなどの沈着も防ぐのです。

薔薇の香りは、“花の女王”と呼ぶに相応しい華やかな印象、強い気持ちを持たらしてくれる香りなのです。
薔薇好きといえば、クレオパトラ
毎日薔薇を浮かべた香水風呂に入り、廊下には花を敷き詰め、ローマからやってきたアントニオを迎えたそうで、
ダマスクローズやローズアルバ、サフラン、ジャコウ、オレンジの香りを好んだそうです

そんなクレオパトラやファラオが、最も愛した香りは、実は『キフィ
エドゥフ神殿やフィラエ神殿のヒエログリフに記されている処方、古代ギリシャの歴史家プルタルコス、
薬物学者デモクリトス、1 世紀ローマの植物学者 ディオスコリデスなどにより記された処方で、
ワインをベースに、ショウブ(カラムス)、カシア(桂皮)、乳香、シナモン、ペパーミント、レモングラス、アカシア(カシー)、
没薬(ミルラ)、ニオイアヤメ(オリス)、ジュニパー、パチュリ、カシス、干しぶどう、ハチミツ、スパイクナルド、サフラン

などの16種類が主成分と言われます。
一体、どんな香りなんでしょう? 興味が、わきますね。

「キフィ」は、“おしゃれ”のみならず、風邪等に対して、または快眠といった薬効も期待されていたようで、
身体につけたり、焚いたりしていたという記録も残っているようです。
特に寺院や家などでは日没とともにキフィを焚き始め、夜通し薫らせていたそうです。

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

クレオパトラが薔薇を浮かべた香水風呂に入ってたって・・・?我が家の薔薇を浮かべて、真似てみようかな!!

『三大アイスバーグ』と称して、我が家の玄関先で、お客様をお出迎え。
明日は、雨・・・と言うので、夕方撮った写真です。ちょっと、咲ききった状態で、申し訳なし・・・。
P1140185.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━      
┃★┃ アイスバーグ  Iceberg
┗━┻━━━━━━━━━━━━━ 
系統:フロリバンダ
作出:1968年 B R Cants
花径: 中輪
半八重咲き
花期:返り咲き
芳香:微香
DSC_0071_425.jpgDSC_0072_426.jpg

一昨年の「国際バラとガーデニングショウ」で、「日陰でも咲く」つるバラ・・・との掲示を見て買いました。
家の北側で、1~2時間だけでも 日が当たるので、なんとかなるかしら・・・と、植えてみました。
純白で、清楚で気品高い雰囲気のアイスバーグが、ホント、本当に見事に咲いています。
DSC_0054_347.jpgDSC_0060_353.jpg

アイスバーグは氷山ですが、【シェネ・ビッチェン】白雪姫の別名もあるそうです。花弁16~20枚
つるアイスバーグは、苗が、若いうちは春一季咲きですが、株の充実とともに返り咲き二季咲きになるそうです。
DSC_0014_473.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      
┃★┃ ブリリアントピンク・アイスバーグ  Briliantpink Iceberg
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
系統:FL フロリバンダ
作出:1995年 オーストラリア  Lilia Weartherly作
花径:中輪
花弁:18~24枚
花形:半八重咲き
花色:ホワイトに染め霞めたような、パープルピンクの絞りが入る。外側はパールピンク。
   とくに秋の花は全体が深いワイン色になり美しいです。
樹高:100cm
樹形:半横張り性
花期:四季咲き
芳香:ふくよかな中香
DSC_0051.jpgDSC_0083.jpg

白バラの名花「アイスバーグ」の枝変り品種です。ピンク・アイスバーグの更なる変異種・・とのこと。
我が家には、ピンク・アイスバーグは、なかったね。う~~ん? 買う? これ以上 増やせないね。
DSC_0009_224.jpgDSC_0080.jpg

たくさんの花が房咲き。クリーム地にピンクの絞りが入り半八重咲き、とても上品な雰囲気です。
DSC_0006_465.jpg

素敵なブリリアントピンク・アイスバーグの根元の幹にこんな穴を見つけたのは、3年前です。
「もしかしたら、枯れてしまうのかしら?」と思いつつ3年経っています。耐寒性も強く、健康優良種です。
挿し木でもして、子供を残さねば・・・でしょうか?
DSC_0022_481.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      
┃★┃バーガンディ・アイスバーグ Burgundy Iceberg
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
系統:FL フロリバンダ
作出:2007年  ドイツ Edgar Norman Swane
花径:中輪 6~8cm
樹形:半横張り性
花期:四季咲き
樹高:80cm~1m
芳香:微香
白バラの名花「アイスバーグ」の枝変わり。深い赤紫色=バーガンディのシックな色彩で、とっても素敵です。
花びらは裏が少し白っぽく、淡いグラデーション調。花開くと赤紫色のしべを顔をのぞかせ、
最後まで重厚感あふれる、お洒落なバラです。

DSC_0020_374.jpgDSC_0045_338.jpg

4年前の憧れのバラのオークションで今までに最高の値を付けゲットしました。
今でこそ園芸店で見かけることができるでしょうが、4年前は珍しい品種だったのでしょう。
DSC_0049_342.jpgDSC_0030_384.jpg

1958年ドイツのコンデスが、アイスバーグ【(父)ウィルゴ×(母)ロビンフッド】を作出して
シェネ・ビッチェン(白雪姫)の別名で広く育て継がれていた。
年を経て、オーストラリアのタスマニア島で リリア・ウェザー(イギリス出身の女性育種家)によって
アイスバーグ⇒(ブラッシュ)ピンクアイスバーグ(1995)⇒ブリリアントピンクアイスバーグ(1995)
⇒バーガンディーアイスバーグ(2007)と枝変わりしたもの
DSC_0005_464.jpg


凛ちゃんのお出ましです。やっぱり、いいコだよね。美犬でしょ。
DSC_0044_398.jpg

このアレンジメントは、先生の作品です。
            。,・~~・,。☆。,blog 1000 flowers,。☆。,・~~・,。


      
      flower 20110528



               聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥


 



最近、職場で流行っている諺の一つです。お互いに、刺激し合って、知識を深めています。


         blogram投票ボタン


 



スポンサーサイト

blog 1000 flowers ( 薔薇 ③ 「十薬会」 ) - 2011.05.24 Tue

今年の「十薬会」は、予定していた「横浜・八景島シーパラダイス」が、大震災の液状化による営業停止や
お食事処に問題があって、豊島園にある「庭の湯」で・・・、皆の予定が揃わず、出席者は半分になっちゃった。
P1140058.jpg
11時に入館。水着に着替えて、アクアビックス、天然温泉ジャグジーを2時間楽しみ、アジサイの咲く庭を散策。
サウナ大好きな私は、ここの「アウフグース」を是非体験してほしい・・・と思って、昼食後の3時からの施術を受ける
予定にしていましたが、地震の時の事や趣味の話に夢中になって、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
アウフグース アウフグースって、ご存知ですか?
  
 ドイツのバーデ施設では一般的に行われているプログラムで
 屋外のフィンランドサウナで、老若男女が 水着を着たまま
 受ける施術で、サウナ室の熱せられた石にアロマ水をかけ
 発生させた蒸気をインストラクターがタオルで送ってくれます。
 
 この日のアロマは、『ラベンダー』
 鎮痛や精神安定、防虫、殺菌などの効果のあるアロマ香で
 10分間に2回に分けて香りの熱風を送ってくれます。
 気持ちの良い汗をかいて、心身ともにリフレッシュするのです

年一度の会食とお喋り。幹事としては、軽いスポーツと温泉とアロマの香りで、大震災後の閉塞的な気分を
癒してほしくって、いつもと違った企画をしたので、1日6回あるアウフグースの予定時間のうち、
なんとか5時の会を体験してもらい、お役目を果たしました。幹事って、た~~いへん!!

会の名前の『十薬』とは、ドクダミの事です。
ドクダミは 5~7月の開花期の地上部を乾燥させたものを、生薬名十薬(じゅうやく、重薬とも書く)といい
日本薬局方にも収録されています。
十薬の煎液には利尿作用、動脈硬化の予防作用などがあって、
生葉をすり潰した汁を湿疹、かぶれなどの患部に貼っても消炎効果を得る事ができるのです。


☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

今が盛り・・・と咲き誇る我が家のバラたち。
今回は、紫玉、セント・エセルバーグ、マチルダ、ウイリアム・シェークスピア2000です。

┏━┳━━━━━━━━━━━━    
┃★┃  紫 玉  shigyoku
┗━┻━━━━━━━━━━━━
DSC_0053_407.jpg
 系統:オールドローズ ブルボン系
 作出:日本で作られたガリガ・ローズで、
    明治頃から栽培されていたそうです。
 花:赤紫色/6cm/ポンポン咲き
 強香
 一季咲き
 樹高:150cm
 赤紫色の中輪花でたいへん可愛い。

 少し古いカーディナル・ド・リシュリューに良く似た
 花形・・ということですが
 紫玉との出会いは、一昨年の国際バラ展でのこと。
 
 ツルバラを何本か絡ませたスクリーン仕立てが
 素晴らしかったので、
 樹形は半横張り性で細めの枝には細かな棘があって
 寒さに強く強健で育てやすく、日陰でも育つ・・・
 という『紫玉』を買って、
 いつかスクリーン仕立てにしたい・・・と
 白樺の枝に絡ませてみました。
 
 2年目にして、綺麗なボンボン咲き。
 強い香りに、虫も呼び寄せられお出ましです。
DSC_0034_327.jpgDSC_0033_326.jpg
DSC_0032_325.jpgDSC_0055_409.jpg

「紫玉」・・・ この花にピッタリの可愛い名前です。
良く伸びるしなやかな枝に素敵な色の小さな可愛い花が沢山つきましたが、一季咲きなのが寂しいです。
DSC_0056_410.jpg

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
┃★┃ セント・エセルバーガ  St. Ethelburga  (レクシー似)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
系統:モダン・シュラブ
作出:2003年 イギリス Peter Beales
花径:中輪~大輪(8~10cm)
花弁:41枚
樹高:1~1.5m 花径 
花期:四季咲き
芳香強香(クローブの香り)
5年前に≪憧れのバラ苗≫のオークションでゲット
雨にも強く、花痛みもなく、いつも同じように、同じ大きさ、花容、ベビーピンク色で咲いてくれ
花弁 41枚の重ねで葉っぱはミッド・グリーンの綺麗な薔薇です。
切り花にしても花持ちがよく、雨に強い・・・というのがいいですよね。
DSC_0016_231.jpgDSC_0037_391.jpg

『レクシー似』ということですが、『レクシー』は、エアルーム・ロージーズ(権利者)の許諾を取らないと
アメリカから持ち出すことが できない入手不可能なパテント品種だそうです。
ボストン在住のりょうこさん、どうですか? 「レクシー」を見つけて育ててみてください。

品種名の「セント・エセルバーガ」は、7世紀のイギリスの修道尼の名前
ロンドン北東部のバーキングという町に14世紀に女子修道院「セント・エセルバーガ」が設立されたそうです。
セントと呼ばれるからには、その生活が人々に感銘を与えるものであり
しかも生涯のうちで、考えられないような出来事(奇蹟)を起こしたはずですね。
異例の速さで「福者」と認定されたマザー・テレサも 
奇蹟の認定が降りない限り「聖人」にはなれないと聞きました。
エセルバーガさんの起こした奇蹟はどんなものだったのでしょうか?

セント・エセルバーガさんを讃える教会は1666年のロンドンの大火事の際
何日の燃え続けてロンドン市内の85%の建物が焼け落ちた中、生き延びたそうです。
                                       資料:アンティーク・ローズ・ガーデンによる
しかし、1993年には、IRA爆弾によりほとんど完全に破壊されたそうですが
2002年に回復し、和解と平和のセンターとして存在してるそうで、その名を冠しているそうです。
DSC_0011_470.jpgDSC_0023_482.jpg

地植えにしたいと、昨年 候補地に鉢植えのまま置きました。日照時間も合格のようで、枝数が、増えています。
少しずつ、地植えに変えて行きたいと思っていますが、場所に限りがありますので、全てという訳にはいきません

┏━┳━━━━━━━━━━━━    
┃★┃  マチルダ matilda
┗━┻━━━━━━━━━━━━
系統:フロリバンダ
1988年 フランス Meilland International作出
交配:(父)Coppelia × (母)Nirvana
別名【Charles Aznavour】【MEIbeausai】【Pearl of Bedfordview】【Seduction】
  【Charles Aznavour】シャルル・アズナブールというシャンソン歌手、いましたよね。
花径:中輪 八重咲き
花弁 20枚
四季咲き 半横張り性
樹高 0.8~1m/微香
柔らかく滲む桃色、開花につれ花びらにはウエーブがかかり花もちもよく秋の色は春より濃い色になるそうです
DSC_0013_306.jpgDSC_0024_317.jpg
DSC_0097_451.jpgDSC_0012_305.jpg

日照時間が、5時間は必要。我が家のバラたちは、太陽を追いかけるように、鉢植えで育てているんですが、
マチルダは、とっても強健・・・というので、2年前に地植えにしました。
DSC_0094_448.jpg
「マチルダちゃん!!」とお目覚め一番に会いに行ってます。
鉢植えの時と違って、居場所を得て大地にしっかり根付いて枝数も増えて、喜びを表わしているようです。
健康優良児の「マチルダ」。2年目ですが、横から枝がメキメキ出だして、なんだかもっと大きくなりそうです。
地植えにして良かった・・・安心して育てられるバラとして、皆さんにお薦めしたいバラです。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
┃★┃ ウイリアム・シェークスピア 2000 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
系統:En イングリッシュロオーズ
作出:2000年度   David Austin
花色:ベルベット状のクリムゾンレッド
咲き:四季咲き
樹形:ブッシュタイプ 130×90 
香り:強いオールドローズの香り
イングリッシュローズの名花。品種名は、かの文豪に因んで命名されたものですが、2000と名前に付くのは、
1987年に発表された同名の品種には耐病性に問題があり、改良されて2000年に再発表されたからだそうです。
DSC_0061_415.jpgDSC_0011_284.jpg

フラワーアレンジメントの先生から、「ウイリアム・シェークスピア 2000、持っていますか?」と言う言葉に
刺激されて、我が家の一員になって5年位経つかしら。
ベルベット調の鮮やかなクリムズンが紫に変化し、花付きの良いとても魅力的な品種ですが、
花付きの良いが為に細い枝を伸ばしておくと「これって一体なに?」と言うような、貧弱な花がつきます。
赤薔薇の宿命なのだそうで、細い枝はバッサリの剪定が良い・・・とも教えていただきました。
DSC_0016_289.jpgDSC_0004_358.jpg

強香のバラを集めたいのなら、5本の指に入る・・・外せない品種で、
連続開花する四季咲性の強い品種を探している方、イングリッシュローズを初めて栽培する方におすすめです。

濃厚なクリムゾンレッドと称される色合いと、繊細な花弁の重ねの美しさ・・・どうですか?衝撃的でしょ。
花は深いカップ咲きからクオーターロゼット咲きとなり、その間に深い紫色に変化していきます。
目いっぱい開いたウイリアム・シェークスピア2000、オールドローズ香が素晴らしく、強く香ります。
DSC_0002_461.jpg

凛ちゃんとのコラボ。此方に合わせればあちらがボケて、あちらに合わせればこちらがボケて
なかなか上手く行きませんが、一生懸命見つめている凛ちゃんUPします。
DSC_0010_364.jpg

個性的な≪パリのエスプリ≫として、パリのイメージやデザイン性をアピールしたアレンジメントです。
【花材】バラ(フェアビアンカ、イヴェ・ピアジェ、ストロベリー・パフェ、オリービア)、スズラン、
    ファレノプシス(ミディピンク、アマビリス)、ブラックベリー、スモークツリー、ハーブゼラニューム
    ゲーラックス、グレープアイビー
            。,・~~・,。☆。,blog 1000 flowers,。☆。,・~~・,。


      薔薇
                   

                恩は石に刻め、恨みは水に流せ


 

上司 ゴールデンロックさんは、心の戒めとして、この格言を座右の銘にしているそうです。


         blogram投票ボタン


 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。