凛とmonalisa

2010-03

初めての一泊旅行(heartと一緒) - 2010.03.25 Thu

3月22日例年より6日早く、去年より1日早く東京でも桜が開花しました。

★=☆=★=☆=★ 伊豆長岡温泉『吉春』 ★=☆=★=☆=★
主人は、所用があって参加できませんでしたが、heartの家族と伊豆長岡温泉『吉春』に一泊旅行に行きました。
『吉春』のある伊豆の国市は、2005年に伊豆長岡町、大仁町、韮山町が合併して出来た市です。

お部屋は、12.5畳+8畳の次の間が付いた露天風呂付き特別室 【浮舟の間】です。
広縁のテーブルやごみ箱には火鉢を再利用し、むかしの欄間を取り付けたりと和心を大切にした室内空間が特徴で、
≪窓ガラスを最大限に大きくし、河津桜が咲く庭との一体感が味わえる≫というフレコミですが、
河津桜は終わっていました。ガラス張りのシャワーブースの外の伊豆石のシンプルな露天風呂が新鮮です。
マウスオン
<


ハイハイもおすわりも上手になり、手や指先も器用になったheartは、おもちゃをたたいたり、しゃぶったり
お気に入りのおもちゃでしばらくご機嫌で遊び、カメラを向けられている事に気付くと笑って見せます。
マウスオン
<


楽しみの夕食は、行けなかった主人も羨ましがる鮑・伊勢エビ付の豪華な美味しい≪弥生の御献立≫です。
<弥生の御献立>
<>
<>
<>
<>
<>
<><>
<>
<>
<>
<>
<><><><><><>

前歯も2本生え始め母乳のほか離乳食も食べ始め、大好きな麦茶は自分でマグを抱えて飲みます。
初めてのheartと一緒の旅行。バンボに座って麦茶を飲みながら嬉しいのか足をちょんちょん動かします。
マウスオン
<


★=☆=★=☆=★ ハワイアンロミロミ ★=☆=★=☆=★
旅館「吉春」には、『湯めぐり』と称して、こだわりの風呂が用意されています。大浴場は、
ジェットバス・寝湯付きの半露天風呂感覚のひのき風呂と山々を見渡せる岩露天風呂の『せきれいの湯』と、
ゆったりとした内風呂としっとりとした庭園に二つの岩露天風呂の『つわぶきの湯』があり
時間ごとに男女の入れ替えをしています。また『もくれんの湯』『こもれびの湯』『おりーぶの湯』
『はーぶの湯』『さくらの湯』の5か所の貸切露天風呂の傍では、あし湯を楽しみながら待つ客もいました。

大のサウナ好きで、≪10分サウナ→1分水風呂≫を5回繰り返し、最後は、露天風呂で15分の半身浴が【私のスタイル】
痛風っぽい症状が出た時に、週に1度の天然温泉通いを主人に許されて鍛えた健康維持【自分スタイル】なんです。
今は、温泉地に行かなくっても、近くに【 極楽湯 】【 庭の湯 】があってお風呂好きには、時間さえあれば毎日行きたい所です。

旅でのお食事、お風呂、もう一つの楽しみは、マッサージです。
バリ式アロママッサージ、リフレクソロジー、ヘッドスパ、タイ古式マッサージなど色々な施術がありますが、
何と言ってもクライアントは、無防備なのでセラピストの呼吸までも受け入れ、上手なセラピストに当たったら
しめたものです。今まで受けた事のない『 ハワイアンロミロミ 』90分を受けました。
オイルを用い、掌と肘を使って、全身をリズミカルに刺激して行くオイル・マッサージの一種ですが、
ロミロミセラピストが、相手を癒すのではなく、自然のエネルギーがセラピストを通して相手に伝わって
癒していく・・・と言うのが、ハワイアンロミロミの概念だそうです。

昨年訪れた『 望水 』に比べ、マッサージなどの評価も入れて、伊豆長岡の『吉春』は、≪☆ ☆
【early check-in】【late check-out】のフレコミなので、安心して廊下に展示している額や
雛人形の撮影をしようと思っていましたが、照明は消され「お早いお帰りを・・・」と急かされているようでした。
11時のlate check-outは、もう少し余裕を持って対応してほしいです。

皆さんのお気に入りの施術は?、そしてお気に入りの宿は?

★=☆=★=☆=★  GOTEMBA PREMIUM OUTLETS ★=☆=★=☆=★
次の日,「まだheartには、水族館も早い」・・・と、我々は【GOTEMBA PREMIUM OUTLETS】に 一目散。
heartと一緒に【GOTEMBA PREMIUM OUTLETS】に訪れるのは、2回目。
baby同乗なので、East Zone の駐車場に案内されました。特権は、大いに利用したいものです。

アウトレットモール利用客のアンケート結果によると、
★アウトレットモール利用経験者は7割弱、最近1年間での利用者は4割
主に商品を購入するのは「カジュアルブランド」「ファッション小物」「セレクトショップ」などで、
★1回あたりの購入金額は『1万円未満』が過半数
★アウトレットモールの魅力は「カジュアルブランドをより安く買える」「高級ブランドをリーズナブルな
値段で買える」などで、不満は「行きたくても行けない」「期待よりも高い」「周辺が渋滞しやすい」・・・とか。

利用客は、30~40歳代が半数、男女比は、同数。
「御殿場プレミアム・アウトレット」が21.9%でトップ、
「軽井沢プリンスショッピングプラザ」が16.5%で続いています。

お気に入りのお店は【 East Zone 】の East Square にある【 Mēlēze(メレーズ)】です。
フェラガモ、ディオール、セリーヌ、ジパンシー、ロエベ、などのブランドが並んでいて、
ゲランの口紅は 30%off、Diorの“プレステージホワイトフルイド”は 40%off、セリーヌの傘は 50%off
考えてみると、この店だけの買い物でした。免税店より安価な買い物が出来た・・・と、ホクホクです。

heart-papaとmamaが、買い物をしている間、私とheartは、凛ちゃんへのお土産とheartのおもちゃを買いました。
heart用品は、Northern Street の【ミキハウス】【バンダイアソビー】
凛ちゃん用品は、Pine Street の【Dog Dept】がお気に入りです。
<<<<<

買い物の後は、時の栖の【麦畑】でのバイキングでは、80分の制限時間付きで、大人3150円、子供(3~5才)525円
和洋中の料理とピルス、シュバルツ、ヴァイツェン、ヴェイツェンボックなど4種類の御殿場高原ビール飲み放題。
残念ながら、この日はドライバー宣言でしたので、次回の楽しみにします。

さて、アウトレットモールでは、どんな店、どんな買い物をしたら有意義でしょうね?
皆さんの行きつけのアウトレットモール、ショップ名は、ございますか?
スポンサーサイト

フラワーアレンジメント( Cylindrical ) - 2010.03.21 Sun

3月のフラワーアレンジメントの花材は、パンジー・・・しかも大好きなムーランルージュでした。

★=☆=★=☆=★ パンジー(ムーランルージュ) ★=☆=★=☆=★
最古の種苗会社 イタリアの「ファーメン社」が育種したフリル咲きのシックで大人かわいいパンジーです♪
マウスオン
<

パステルカラーの美しいグラデーションと貴族のドレスを思わせる華麗なフリルの花びらにはうっとり。
シックで微妙な色合いと豪華なフリルが独特の雰囲気をかもし出します。
花茎が長く、よい香りもあり、花壇やコンテナ植えは勿論、切花にしても花もちがよく、なんと1ヶ月は楽しめ
花色を取り混ぜたムーランルージュは、お庭も賑わせますが花束にしたらお部屋もさらに華やかにしてくれます。
<<<<<


★=☆=★=☆=★ Cylindrical ★=☆=★=☆=★

フラワーアレンジメントの3月のテーマ、Cylindrical(円筒形)

器にオアシスを差し入れ、ミスカンサスをオアシスに巻き付けてvaseを作り、細い試験官をはめ込んで、
ここに可愛いパンジーやムスカリ、スカピオーサを飾るのです。

【花材】パンジー、ムスカリ、スカピオーサ、リューココリネ、ミスカンサス(又はベアグラス)
    グラスチューブ(試験官)、木の棒、ワイヤー、虫ピン

スカビオサ 
 スカビオサ Scabiosa
(マツムシソウ科の1,2年草

 別名:セイヨウマツムシソウ 
 南ヨーロッパ原産
 野草的風情のある使いやすい花で
 水揚げは良い
 花や葉は繊細で傷つきやすいので注意
 真夏をのぞいて一年中出回る

 ムスカリ Musucari (ユリ科の球根草)
 地中海沿岸、西南アジア原産
 12~4月に流通、花持ちは3日、
 白花は傷みやすい
ムスカリ
リューココネリ
 リューココリーネ
 Leucocccoryne ixioides
 (ユリ科の球根草

 チリのアンデス産 
 水揚げは良く鑑賞期間は10日
 ツボミも咲くがいろが薄くなる
 比較的新しい花材で流通期は1~5月上旬

 パンジー Viola philadelphicus
 (スミレ科の一年草)

 ヨーロッパ原産のトリコロールを軸に
 他の種を交配し現在の品種が育成された
 (ガーデンパンジー、小輪パンジー、
 切り花用パンジー、ニオイスミレ等)
 普通花の茎を切ったものが出回るが
 枝葉のついた状態のものもあり
 花持ちは5日。花を揃えて纏めると形が
 取りやすく、花の美しさが出やすい。
 オアシスに挿す時は注意
パンジー


ミスカンサスを貼る作業は、結構手間がかかりますが、どんな器になるのか楽しみでした。
cylindrical cylindrical
試験官を埋め込んで、いよいよ花を挿すわけですが、直径12cmの中に、パンジー、ムスカリ、リューココネリ
スカピオーサを、何処から見ても可愛く違った表情の気品漂うCylindrical円筒形のアレンジです。
マウスオン
<

四方見ですので、何処から見ても違った花達の表情が楽しめます。
<<<<<

寄せ植えの中に埋め込んだサプライズなお花(?)も芽を出し始め、いよいよ春本番ですね。

★=☆=★=☆=★ 牧野富太郎博士もビックリ(植物の科が変わる)★=☆=★=☆=★
佐々木先生のお話によると、植物の分類体系にはいくつかあるそうで、
花の形態を進化と絡めて理解するタイプの分類(旧来の分類。図鑑なんかでよくもちいられるもの)に加え、
最近の農学・植物学あたりの先端では、DNA解析に基づく新たな分類が着目されているんだそうです。
アジサイは、今まで 新エングラー体系では、ユキノシタ科に含められていたが、クロンキスト体系では
スグリ科とともに別科としている。さらに分子系統学的にはユキノシタ科と縁遠いことが明らかになり、
APG植物分類体系ではミズキ目に入れられ、最近ではアジサイ科に変わったそうです。
牧野博士もビックリですね。

【参照】
アジサイ科について

植物の名前の話


科が変わる



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。