topimage

2010-01

黒鳥の池 - 2010.01.27 Wed

庭木の整理をしていたら、地味な黄色い蝋梅の花が俯いて咲いているのに気がつきました。

フラワーアレンジメントの友達と、水戸の梅を見に行き、弘道館の管理人から頂いた蝋梅の種を
庭に播いたのは、8年前のことです。
大きくなっても花が咲かず、どうしたことかと思っていましたが 実生の蝋梅の花は、種まきから花が咲くまで
6~7年かかり、ヘタすると10年以上かかるそうでが、我が家の蝋梅は由緒正しい蝋梅なのです。
                                                マウスオン
<


栃木県足利市を流れる渡良瀬川では、去年の暮れ頃から日本には普段飛来しない黒鳥が姿を見せ、見物客で
にぎわっているらしいですが、石神井公園にも、飛来してきているニュースが流れ、写真を撮りに行きました。
ht
黒鳥は白鳥の仲間で体形は白鳥に似ていますが、全身が黒色でくちばしが赤く、
風切羽の一部に白い羽が見られるのが特徴で、オーストラリアに生息しています。
<<<<<

今年は、暖冬なのでしょうね。鹿児島の出水では鶴の北帰行が、もう始まった様です。

石神井公園には、カワセミも飛来してきて、池の周りにはいつもカメラ小僧でいつも賑わっています。
                                               マウスオン
<

石神井公園には、石神井池・三宝寺池があり、井の頭池・善福寺池と並び武蔵野三大湧水池として知られています。
三宝寺池は古来より、武蔵野台地からの地下水が湧き出る池として存在していました。
ht
それを1959年に市民が散策できる公園として整備し、自然や野鳥と共存できるように造られたそうです。
ht

また石神井公園を舞台にして生まれた作品も多いそうで、
Mr.Childrenの桜井和寿さんは、ここをジョギングしている時に ダブルミリオンを記録した曲
Tomorrow never knows』の歌詞を思いついた、というエピソードがあるそうです。
       マウスオン
<

さらに、漫画「島耕作」の作中にも、ボートに乗るなど数多く石神井公園でのシーンが登場するそうで
漫画「孤独のグルメ」にも、石神井公園の売店を舞台にした一編があり有名。
漫画「ドラえもん」に登場する裏山は、この石神井公園を舞台にしたといわれ、
ちなみにのび太たちの通う学校は、公園近くの石神井中学校もしくは石神井小学校を元にしたという。
子供たちが小さい頃、流行ったテレビ漫画「ど根性ガエル」も石神井公園付近がモデルになっている・・・など、
調べてみると面白い事に出会います。
                                                マウスオン
<

そんな石神井公園近くに住んでいますが、実際出くわした有名人は、犬と散歩している壇ふみさん。
ケーキ屋さんで石神井ロールを買っていた野村万作さん。息子とは小学校が同窓生の野村萬斎さん
何故か出会う所が2回とも同じ所の向井万起男さん(宇宙飛行士:向井千秋さんの夫)

あらあら、すっかりミーハーになってしまい、東京ならではの話題でした。
スポンサーサイト

heartと一緒 (ランチする?) - 2010.01.21 Thu

今日は、母の9回目の命日です。
生き方に個人差はありますが、瀬戸内寂聴さんは、母と同じ年です。

病気がちな母が、晩年よく言っていた言葉は「早く死にたいよう~~」でした。
そんな時、私が母に言い返したのは、「『生き様が、死に様』って言うじゃあない。
一生懸命生きなさい、そうすれば一生懸命死ねるよ(イキイキと楽に死ねる)」と・・・・。

一生懸命死ぬ

老いては、子に従え・・・と言いますが、いつしか親子逆転していました。

                  マウスオン
<


子どもしかるな来た道じゃ、年寄り笑うな行く道じゃ・・・よく母が言っていた言葉です。


★=☆=★=☆=★ ラ ン チ す る (下北沢) ★=☆=★=☆=★

娘の所から下北沢まで徒歩20分。heartをバギーに乗せて、散歩です。
mixiブロ友のLovely Marieさんは、下北沢で「Lavender Days」というお店を開いていて、
ドライフラワー アレンジメント、花材、資材、ラベンダー雑貨 文房具、食器、書籍、布小物類、 香りの雑貨を
扱っている癒しの雰囲気が溢れている素敵なお店です。
sk

下北沢のお洒落な花屋さんのビオラと葉ボタンのハンギングバスケット。こんなのもありですね。
sk
子連れのランチに相応しいお店を物色して選んだのは【 bio ojiyan cafe
今時のカフェ風だがガラス戸になっていて和の雰囲気が漂うコンクリート打ちっぱなしの店内は
さっぱりしていて ちょっと変わった居心地の良い所です。
よく「カフェごはん」系の料理本に登場しているそうで、創作メニューも豊富でmonalisa的☆☆
食事にもティータイムにも使え、犬とも一緒に入れるお店。特徴的なお店の名前の bio とは「生命」の意味で
ojiyan cafe の名前の通り、12種類の色々なトッピングでおじやを 食べることが出来るようです。
sk sk
気にいったのは、勢いのあるタッチの壁の絵。長友心平さんによるものとか
sk
私が頼んだのは【明太子アボガド丼】
マヨネーズを少し加えて練った明太子をご飯に混ぜて、上にアボガド、水菜、鰹節、海苔がのっていました。
ご飯と具材のバランスが本当においしくて、【おうちご飯】でも、辛子明太子で、時々再現します。
sk
興味を引いた【アボガドコブサラダ】昆布??? 娘曰く「コブサラダドレッシング」を使っている・・・と言う事
キューピーのコブサラダドレッシングによるとクリーミィでスパイシーな仕上がりで
アボカド、ゆで卵、ローストチキンなどを使った「コブサラダ」によく合う・・・との事
bio ojiyan cafe】 のアボガドコブサラダは、クリーミーな味わいで、とろっとした茹で卵が目を引きスパイシーな味が美味しかったです。
sk
今回は、アボガドを使った料理に興味があり、上の2種類を選びましたが、
【おじや】と言えば、母が留守の時に、「今日は、おじやにしよう」と父が、よく作ってくれました。
雑炊とは、ちょっと違った煮込み系のおじや・・・懐かしいです。次回は、おじやを食べてみましょう。

★=☆=★=☆=★ ラ ン チ す る (東京ミッドタウン) ★=☆=★=☆=★

ベビーシッターに駆り出されることが多く、その報酬は、育児に勤しむheart-mamaのストレス解消の意味もあり
東京ミッドタウン・ガーデンテラス4Fの【Botanica】でランチです。

Botanicaは、テレンス・コンラン卿が展開するスタイリッシュなインテリアに囲まれた店内で、
大きな窓の向こうに広がるイングリッシュガーデンは、人気ガーデナーの吉谷桂子さんが手がけたとか。
さわやかな午後のひと時を演出してくれる。12時半で満席、予約をしておいて良かった~~。
ランチタイムなので、パスタランチを選びましたが、生ハムとチーズ添えのシーザーサラダ、
旬の芽キャベツ入りのボロニア風ミートソース、デザートは苺ソースのピスタチオ・アイスクリーム添え
<<<<<


ボタニカのシェフは、糖質に着眼した低糖質ダイエット法で、3ヶ月で体重を100㌔から60㌔強まで落としたとか。
職業柄、食べることが多く、体重増加と血糖値の高さに悩んでいたときに、京都にある高雄病院理事長の
江部康二氏の著書『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社刊)の糖質制限食に出会ったそうです。

江部先生の理論は、糖質を減らせば肉類やアルコールは好きなように摂ってOK、というシンプルなもの。
イタリアンはパスタとドルチェを除けば、もともと糖質の少ない料理。『これなら』と思い実践したところ、
閉店後の夜中に肉や魚をお腹いっぱい食べていたにもかかわらず、どんどん体重が落ちていって
過去に実践していたカロリー制限ダイエット法と違い、ストレスからも解放されたうえ
血糖値などの数値も改善されたそうです。

これは「糖質を減らしてしばらく経つと、脂質などでエネルギー代謝をするように
身体が変化するので、体調不良も起こらない」からとか。

炭水化物の主力、お米や小麦は糖質のカタマリですが、低糖質にするために
パンやパスタには、グルテンを多く配合するなど、独自の開発で編み出したのだそうです。

ボタニカでは、小麦フスマを使ったパンと、そば粉のパンをいただきました。
生クリームに塩を少々加えてをホイップして作った自家製バターは、軽く低脂肪な食感でした。

クリスマスの時の和紙で作った【ウエルカムシャンデリア】も まだ印象に残っていますが、
空間を飾る和紙は新春のイメージです。
3Fには、キッズのライフスタイルグッズが揃うセレクトショップ【LE WATOSA+notsobig
40%OFFの表示で、可愛いheartのカバーオールとジャケットを買ってしまいました。
フロアーのソファーには、こんな日本のお父さん達の姿が・・・。皆さん、日曜日でもないのにお疲れ様です。
                              マウスオン
<


可愛い犬を連れたご婦人持参の折りたたみ用水飲み皿に興味が・・・「日本愛犬協会で扱っていますよ」・・と。
                              マウスオン
<


最後は、【京はやしや】の東京ミッドタウン限定パフェで〆です。
食事とショッピングにたっぷり時間をかけて、heartのエネルギーチャージも2回。heart、お付き合いご苦労様
                              マウスオン
<


こんな幸せな毎日を過ごして、ボタニカのシェフではありませんが、おなか周りと体重が気になってきました。
冬の間はある程度の皮下脂肪も風邪予防に必要でしたが、そろそろ温かくなり始めました。
夏に向けて私も、monalisa式ダイエット法、開始しましょうかね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。