topimage

2009-10

武田神社とHALLOWEENの思い出 - 2009.10.30 Fri

山梨と言えば、『小作』の【ほうとう】ですが、独身時代の行きつけのそばや「奥藤」で昼食です。
息子が、iPhone で、いとも簡単に検索。「ここの名物は、鶏モツ煮だよ」・・・と。
ここの蕎麦も美味しいのですが、私にとっては懐かしい鶏モツ煮。グルメな父の作る味に似ていますが、
父のは、玉子になる前のキンカンと呼ばれる卵が沢山入っている鶏モツ煮です。
take take

武田神社は、武田信玄公を祭神とする神社で、躑躅ケ崎の武田氏館跡に建っています。
信玄公の命日の4月12日の例大祭には神輿の後に地元相川住民による武田二十四将を模した
騎馬行列が行われていたが、最近は4月12日前の土日に信玄公祭りが行われているそうです。

武 田 節   作詩 米山愛紫  作曲 明本京静   (昭和36年)
 
 1 甲斐の山々 陽に映えて われ出陣に うれいなし
   おのおの馬は 飼いたるや 妻子(つまこ)につつが あらざるや あらざるや

 2 祖霊(それい)まします この山河 敵にふませて なるものか
   人は石垣 人は城 情けは味方 仇は敵 仇は敵

   「疾(と)きこと風の如く 徐(しず)かなること林の如し
    侵掠すること火の如く  動かざること山のごとし」

 3 躑躅ケ崎の 月さやか うたげを尽くせ 明日よりは
   おのおの京を めざしつつ 雲と興(おこ)れや 武田武士 武田武士


「風林火山」の軍旗(孫子の旗) 
この旗が翻っただけで兵の志気は上がり、逆に敵軍震えあがったといわれる
    疾 風 如  徐 林 如
    侵掠火如  不動山如
詩句の出典は、信玄公の崇拝した中国の「孫子」で、公の行動哲学を端的に表現しているそうです

武田節は、山梨県人に限らず、よく歌われますが、詩吟の所を見事に歌いきる事は難しいですね

「孫子の旗」が、翻っている神社の中に入ると、家紋の武田菱(四つ割菱)を模った手水舎があり、
奥手には、能舞台(甲陽武能殿)、正面に拝殿、そして、その右手に宝物殿がありました。
<<<<<

主人と私は、お見合い結婚なんですが、何処に縁があったのかと何時も不思議に思っていましたが
赤い糸は、宝物殿の晴信公(信玄公)を囲む布陣図の中に発見しました。
take

NHK大河ドラマ『直江兼継』、≪天の時、地の利、人の和≫は、孟子の教え
take

武田神社を訪れる目的の一つに、ここの名水『姫の井戸』                   マウスオン
<


姫の井戸のすぐ傍には、綺麗な音を奏でる水琴窟
take

何故か皆が立ち止まるのは、仲よく寄り添っている武田神社境内のつがいの鶏
take

秋に相応しく綺麗なコスモスに見送られ帰路につきます。
take

中央高速道路は、渋滞していました。行きのスムーズさを思うと、閉口してしまいます。
リニューアルの談合坂のみやげ物に、『みのぶまんじゅう』があったのは、嬉しかったです。
take

圏央道の開通で、八王子から圏央道を使って、練馬の我が家に帰る事が出来ます。

『ほったらかし温泉』では、日ごろの疲れを洗い流し、『昇仙峡』では、強いパワ-を受け、
『武田神社』の【姫の水】で邪気を払い、明瞭な意識が成功をもたらす事を期待しての一日でした。


☆★☆★☆★☆★ HALLOWEEN ☆★☆★☆★☆★☆

昇仙峡ロープウエイ七宝美術館前には、立派なかぼちゃが、沢山並んでいました。
沢山あるので、パンプキン・ランタンを作りたく、一つ譲ってくれるように頼みましたがダメでした。
                                                     マウスオン
<


皆さんは、HALLOWEENって、どんな行事か知っていますか?。いつからこの行事を知っていますか?

西洋のお盆・・・とも 言われていますが、私が、HALLOWEEN の行事を知ったのは、30年前、
主人がアメリカ留学した時に、夫婦同伴のパーテイーに誘われお出かけした日が、10月31日でした。

ハロウィンは、古代ヨーロッパの原住民ケルト人の年の終わり(10月末日)の収穫を祝うお祭りが
起源とされ、毎年10月31日の夜になると魔女やゴーストなどの姿に仮装してパーティーを開いたり
また、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。
日本のお盆のような行事なのですが、アメリカのハロウィンは大人も含めてかなり盛り上がります。
Pumpkinの中味をくり抜いて魔除けの飾り物の「ジャック・オー・ランタン」を作ったりします。

子供たちは、やっぱり“Trick or treat”(お菓子をくれないといたずらするぞ)と言いながら
近所の家々を回り、お菓子を貰って回るのが愉しみで、ベビーシッターに預けられた我が子達は、
初めてHALLOWEEN の行事に参加して、近所中に、お菓子を貰い歩いたようです。

また、娘の通っていたYMCAナーサリースクールでは、ハロウイーンのコスチュームを着て
登園するよう連絡が入っていましたので、【トイザらス】で買い求め参加しました。
思い出の写真、そして、これが本場のHALLOWEENです。
娘は、ピーターパンのティンカーベル、息子は、ピエロのダースベーダーに扮しています。
<<<<<


ハロウィーンが、悪戯に悪用された事件が報道されると、ちょっと悲しいですね。

スポンサーサイト

昇仙峡 - 2009.10.26 Mon

生まれは山梨県でありながら、「昇仙峡」は知っていても、なかなか行く機会は少ないです。
【ほったらかし温泉】を後にして、1時間半 【昇仙峡】を目指して行きました。

主人は、睡眠を充分取っていますが、私と息子は、寝不足と湯疲れで、頭が朦朧としてます。
1時間程の睡眠を取っている間に、主人に昇仙峡ロープウエイの事や周辺の事を調べてもらいました

まず、昇仙峡ロープウエイに乗って、秩父多摩甲斐国立公園の展望を楽しむ事にしました。
昇仙峡は、秩父山系の主峰・金峰山(標高2595m)を源とする荒川の中流にある渓谷で、
ロープウエイからは、龍泉湖と荒川ダムが見えます。
荒川ダムは、甲府市、富士川水系荒川に建設されたダムで、甲府市街を流下し笛吹川へと合流し
富士川に流れ入り、故郷・南部町を通り抜け、駿河湾にまで行くんですね。
sy

ロープウエイの案内によると昇仙峡一帯は昔より"気”の強い場所だそうで、
なかでもロープウエイ山麓から山頂にかけては、かなりのパワーポイントで、風水の専門家によると、
仙娥瀧駅から始まりパノラマ台駅の霊峰富士を仰ぐ方位が絶好で、
ロープウエイで昇り、パノラマ台で富士を拝遥し、下りて来る間に強い運気を持って帰れる
・・・との事
sy

ロープウエイ頂上の富士山ベストショットを望める富士山遥拝所
sy

和合権現の夫婦木姫の宮   約束の丘
sy sy

南アルプス連峰を臨む絶景地のうぐいすの丘
sy 



縁結びの神の八雲神社
sy sy

パノラマ展望台からの富士山も素晴らしい
sy

パノラマ自然遊歩道は、とても険しい道です
sy sy

木の根っこが、地表に現れ、そこを手摺のように頼りに上り下りするので、黒光りになってます
sy sy

南アルプス、駒ケ岳を望む
sy

sy

弥三郎登山口へ
sy sy

弥三郎権現の話は、身につまされる人が多いようだ。
sy

木の階段や岩をえぐって作られたステップを登っていくと丸っこい大きな岩の弥三郎岳山頂に着いた。
sy sy

お椀を伏せたような白い花崗岩で出来ている弥三郎岳頂上は、
風化して粗目状の粒ができてくる。見晴らしは、とっても良いが、滑りそうで、足がすくむ。
sy sy

弥三郎岳より眺めた山口湖
sy

鎧岩
sy

弥三郎岳の頂上の、こんな所に・・・置いていく人はいても、流石に持ち帰る人はいないでしょうね。
sy

sy

険しい弥三郎岳を降りてきた所で、主人が切り株に座っていると、おじいさんが、主人に
「お元気そうですね。おいくつですか?」と、 主人は、「有難うございます。昭和18年生まれです。」
おじいさんは、「私は、88歳です」・…。杖もつかず、シャンとした姿勢で歩いているおじいさん。
本当は、おじいさんが投げかけて欲しかった言葉だったように思えます。

いく度ともなく出たり隠れたりする富士山に敬意を示し、次なる目的地、仙娥滝方面に。

仙娥滝入り口では、美味しそうな岩魚の塩焼の匂いが漂っています。
sy

地殻の断層で出来た高さ30mの壮麗な仙娥滝
sy

昇仙橋
sy

日本一の渓谷美の覚円峰(かくえんぼう) その昔 覚円が畳数枚 敷ける広さの頂上で修業した
sy
6年前のスペイン旅行で、アンダルシアから、オリーブ畑を過ぎてモレナ山脈、
デスペニャペロス峠(犬ども逆落とし峠)を越える時に、ツアーコンの水野さんが、
「これは、スペインの昇仙峡です」と言ったのを思い出しましたが、Graceさんは、覚えていますか?。
sy
sy sy

巨大な花崗岩に囲まれた石門 は先端がわずかに離れておりスリリングな不安定さを満喫できる
sy 

天狗岩
sy 

朝日に映える木々。逆光がいいよね。
sy

御岳新道を開設した長田円右衛門の碑
sy sy
sy

つい最近クマ出没した様子です。道で出会ったワンちゃん、お留守番の凛を思い出しました。
sy sy

覚円峰の絶景スポット
sy

浮石
sy

夢の松島
sy

水晶などのみやげ物屋が多い。外人さんに、おじいさん店主が、水晶ペンダントを
「本当は、3500円だけど、お客さんだから3000円にしとくよ。本当は5000円する品だよ」・・・と
sy sy

店先の看板「よってけし」は、甲州弁の一つ。
昔、有名な甲州弁として「はんで めためた ごっちょでごいす」とよく言われている言葉は、
「よく来ましたね。ちょっと寄ってお茶でもどうぞ」と言う意味だそうですが、もはや、死語ですね。

ロープウエイの頂上の店で、胡桃を買った時、店主が「白く漂白したクルミは、やじゃんねェ」
「これは、地の山クルミだから、味もいいだよ。買ってけし」と・・・。懐かしさに引かれて買ったクルミ
1袋500円でしたが、麓のお店では、300円で売られていまして、やられちゃいました。
sy

その日、一番美しかった富士山。
sy



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (66)
至福の時 (49)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (11)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。