topimage

2018-06

脂肪燃焼スープ - 2018.06.07 Thu

これからの季節、半そでになったり薄着になりますね。
冬の間にため込んだ脂肪を何とかしなくってはなりません。
私が、究極のダイエットと自負しているのが、昔流行った『デンマーク国立病院ダイエット』です。

IMGP1678.jpg

今から30~40年前の事なので、我慢も効いて2週間のレシピ通りに実行して、2kgは簡単に痩せて
これを繰り返し、5~6kgは痩せられました。
メカニズムは、分かりませんが、味覚が変わって甘いものが欲しくなくんるのです。

IMGP1688.jpg

3年前の膝のトラブル時も、このレシピと漢方薬とプールでのウオーキングで
半年後には10kg減量に成功しました。

ただ、元々肥満細胞で満ち溢れている体・・・やり続けないとリバウンドします。

10kgの減量は、5kgの筋肉と5kgの脂肪の減少によるものとか!?

IMGP1698.jpg

最近シフトが変わって、なかなかプールのウオーキング時間が取れません。

漢方も休薬しています・・・が、そろそろ再開しようと思っています。

IMGP1676.jpg

喘息の家族を抱えている友人が、1週間分作り置く『櫻井良子流作り置き御御御付』もありましたが
脂肪燃焼スープ
という高脂血症必見のタイトルが目に入りました。

IMGP1714.jpg

【スープのレシピ】
キャベツ半玉
タマネギ3個
セロリ太めのもの1本(セロリがダメな人は人参でも可能)
パプリカ1個
ホールトマト1缶
チキンスープのもと(コンソメ)1個

IMGP1708.jpg

・1日目:スープと果物(バナナ以外)
・2日目:スープと野菜(夕食のみ少量のバターとベイクドポテトはOK)
・3日目:スープと野菜(ベイクドポテトもダメ)と果物(バナナ以外)
・4日目:スープとバナナ(3本)、スキムミルク500ml
・5日目:スープ、肉(鶏肉か茹でた赤身の牛肉、煮魚でも可)、トマト
・6日目:スープ、牛肉(ステーキ3枚程度)、野菜(ベイクドポテト以外)
・7日目:スープと玄米、野菜

IMGP1701.jpg

【7日間のルール】
・禁酒(もし飲んでいたら、飲んでから24時間以上空けてから開始する)
・甘味料、砂糖などあらゆる甘味料は取らない
・清涼飲料水は禁止(カロリー0の物もダメ)
・飲み物は水、お茶、ブラック珈琲のみ(日によっては無添加・無糖のフレッシュジュースなら可)
・揚げ物、パン、小麦粉を使った食品は食べない
・5日目の肉は茹でるか焼いた鶏肉で皮は食べない(煮魚でもかまわない)
・1,3,7日のみ100%ジュースは可(しかし市販のものの多くは砂糖や甘味料が入っているので
 手作りのフレッシュジュースなら可と考えた方が良い。)

このルールは脂肪燃焼と体重減少をより効果的に促進させます。
よりダイエット効果を高めたければルールの遵守は絶対です。

IMGP1731.jpg

実際スープを作って、2週間、このレシピ通りの生活をしたら
水溶性植物繊維が豊富なので、確実に痩せそうです。

この歳になると我慢も効かなくなり、一気に7~8kgも痩せなくても徐々に痩せるのでイイのでは~と
思うようになり、スープは、1日2回(昼―夕)に摂ることにしました。

そして、4日目からは、鶏肉も入れて『スープカレー』に変身です。

鈴木一郎選手が、『朝からカレー』で、3食カレー・・・という時期もありましたね。

究極の薬膳・・・のカレー
私も、毎日でも飽きないです。

作り置きが効くカレー

ある日の夕食は、ちょっとお洒落に、キャベツとトマトのサラダを添えてみました。

IMGP1749.jpg

どう!?
作り置き、手抜き料理でも、目先が変わって・・・お洒落でしょう!?


写真は、「クレマチスの丘」「ヴァンジ彫刻庭園美術館」の作品です。


 ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン



スポンサーサイト

食養生 - 2018.04.05 Thu

花粉が飛び交っていますね!?

朝、目が覚めてすぐに、くしゃみや鼻水が止まらなくなったり、鼻づまりが普段よりもつらく感じたり・・・
これは、花粉症で悩んでいる人の~『モーニングアタック』の症状です。

モーニングアタックの原因のひとつは、
起きてすぐの時間帯は、自律神経のバランスがまだうまくとれていないから・・・だそうです。

昼間は交感神経が優位になるため、体はくしゃみや鼻水などの症状を抑えようとしますが、
眠りから覚めてすぐは、副交感神経が優位であるため、
症状をうまくコントロールできず、モーニングアタックが起きると考えられています。


もうひとつの原因として考えられるのが、睡眠中や起きた直後の花粉の吸い込み。
目が覚め、起き上がろうとすると、たとえわずかな動きであっても、
布団や床に積もっていた花粉は自然と撒き上げられてしまう。
それを吸い込み、症状が現れている可能性があるのです。


スギ・ヒノキの花粉は春先に飛散しますが、自然界には花粉を飛ばす植物が・・・

花粉
出典:花粉カレンダー・花粉ナビ

中には、ホコリ、ダニなどのハウスダストが、アレルギーの原因(アレルゲン)であることもあって
1年中抗アレルギー剤を服用している人もいます。

そのアレルギーを起こす仕組みは・・・

ロイコ
アレルギー性鼻炎の原因

「monalisaさん、ミツゾウやっている!?」と、ある御仁から聞かれました。
彼は、痛風持ちなので、食の制限がかなりあるようです。
アメリカに旅行した折には、野菜と牛乳だけでやり過ごした・・・と言うのです。

「酷い風邪を引いて」と言ったら
「私は、R-1とPA-3を自分で作っているから、インフルエンザも花粉症も大丈夫」って言うんです。

「それって・・・ミツゾウじゃあないですか!!」って言ってやりましたが
『PA-3』って、何だろうと思ったら・・・プリン体を吸収する作用のあるヨーグルトでした。

痛風の心配はないけど、こんな話が合った1年前から
骨粗鬆症の予防も兼ね、『R-1』のミツゾウをし、

『自家製ヨーグルト 200cc + エクストラバージンオリーブオイル 大匙 1 +オリゴ糖 大匙 1』

毎朝、頂いています。


 ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン



まるまえ角向こう - 2018.03.24 Sat

「これを知っていたら、料理に精通していると評価できるが
『料理を盛り付けるときに、 継ぎ目や綴じ目がある器の場合、
丸い器と四角い器では、客に向かって出す方法に、ある法則があるけど』・・・如何に!?」

P1320251.jpg

ある会の会食で・・・博学なIM氏から、ちょっと意地悪な~でも知っておくべき質問をされました。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と心得て
「丸い器の継ぎ目の場合は、茶事の時に正面を避けていただくように、向こう側に置くのでは!?」と
答えた。

「それでよく懐石料理を習っていえるな~ァ!!」と返されました

18P1320246.jpg

1~2月は忙しくって参加できなかった「懐石レッスン」久しぶりに参加。

『弥生』の献立は・・・

ワラビ飯、紅ますの白焼き、鳥貝と分葱の鉄砲和え、海老と蓮根の磯ロール焼き、
プルーン・オレンジのチーズ和え、南禅寺蒸し

18P1320254.jpg

会食中、件の器の継ぎ目の事について、聞かれたことを話題にしてみました。

「よく『丸前角向こう』っていうから、丸いお皿の場合は、継ぎ目が前なんじゃあない!?」と
タヌキ(学生時代のアダナ)が・・・。

18P1320256.jpg
ワラビ飯は、ワラビの芽が土から出てきたように置いて物相で型抜きをします。

お茶の世界や日本料理では「丸前角向(まるまえかくむこう」と教えられますが、
なぜだかわかりますか? 意味わかります?


『丸い器は綴じ目が正面。そして、四角の器は綴じ目が向こう側』




料理を盛り付けるときに、継ぎ目や綴じ目がある器の正面を把握するために
お茶の世界や日本料理では「丸前角向(まるまえかくむこう)」と教えれます。

これは、元々は木製の器である「曲げ物」の向きを判断するために考えられ

“陰と陽”に基づいた判断だそうです。

どちらが『陰』で、どちらが『陽』か!?

陽=光、太陽、明、剛、火、夏、昼、動物、男
   包丁の右側(角度が付いている方)、丸い器・浅い器、身体を温める食べ物、
   菜っ葉類、海の魚や丸ごとの魚、位置では向こう側、

陰=闇、月、暗、柔、水、冬、夜、植物、女
   包丁の左側(平らな方)、角のある器・深い器、身体を冷やす食べ物、
   根菜類、川の魚、切り身、位置では手前側

陰陽
 左は、対極図(対極魚とも呼ばれ、黒が陰、白が陽を表し
 陰の中央にある魚眼のような白色の点は陰中の陽を示し、
 いくら陰が強くなっても陰の中に陽があり、後に陽に転じることを表し、
 またその逆もありえるんです


相反する二極によって自然の調和・秩序が保たれる・・・という東洋医学の考え方で

お客様側に“陽”の方向でお出ししなければならないため、
角のある器は継ぎ目をむこう側にすることで“陽”になり、
丸い器は継ぎ目を手前にすることで“陽”となり・・・これが「丸前角向」の由縁だそうです。

どっちでもお料理が美味しければいいようなものの
知識がある人との会食では、恥をかかない様に・・・

『まるまえ角向こう』

 ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (68)
Fleur Creatif Deco (17)
フラワーアレンジメント (68)
至福の時 (54)
monalisa亭(医食同源) (87)
Monalisa's Selection(外食) (6)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (15)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (1)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (8)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)
オーストラリア旅行 (7)
鎌倉散歩 (6)

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。