topimage

2017-10

秋のバランスメニュー - 2017.10.20 Fri

月1度の雀友とのゲーム後の会食は、有元レッスンで習った『秋のバランスメニュー』の再現です。

20170924-P1300114.jpg

冷蔵庫を整理していたら、お中元のgiftでお取り寄せしたキャビアが、見つかりました。
早速、簡単メニューで、寄せ豆腐に載せて、オリーブオイルでいただきます。
キャビアの塩気と淡白なお豆腐とのマリアージュ~

私は、自家製ヨーグルトを朝食としています。
明治おいしい低脂肪牛乳+R-1ドリンク 1本⇒40℃で7時間で自家製ヨーグルトが出来上がります。

20170924-P1300113.jpg

イチジクが大好き・・・という幸ちゃんには、イチジクをどっさり~

イチジクと椎茸のサラダなんて食べたことがない・・・と言った娘は
早速、友人との会食のお持たせにする~と言っていました。
季節を盛り込んだトレンドメニューです。

しいたけのサラダ
【材料】
  しいたけ 8個、クレソン 8本、ホウレン草 10本、ルッコラ 1/2束、イチジク 2個
  塩、胡椒、オリーブオイル

【作り方】
  ①シイタケは、石づきを落とし、軸ごと、縦に2~4等分に裂く。
   焼き網を熱してシイタケは、強火で焼く。焼き上がったら、オリーブオイル、塩、胡椒で和える
  ②クレソン、ルッコラ、ホウレン草は、シャキッと水揚げさせ、水気を切る
  ③②の葉野菜にオイル、ビネガー、塩、胡椒を加えよく混ぜ、器に盛る
   その上に、①のシイタケ、イチジクをのせ、塩を全体にかける。

椎茸のサラダ

イワシのフリットと野菜のアンティパスト

【材料】
  イワシ(3枚おろし) 4枚(2尾分)、塩、胡椒、薄力粉、オリーブオイル
  
  さやいんげん  6~8本、カリフラワー 1/4個、ブロッコリー 1/4個、ラディッシュ 4個
  カラフルミニトマト 10個、イタリアンパセリ 1束、オリーブオイル、塩、ビネガー
  おろしニンニク、ハーブ、レモン

【作り方】
  ①さやいんげん、ブロッコリー、カリフラワーは食べやすく切り、蒸す
  ②みじん切りのパセリをオリーブオイル、ビネガーで和え、①の野菜とトマト、ラディッシュを入れ
   塩胡椒して、好みのハーブをふる
  ③イワシは、軽く塩をして、水気が出てきたら、ペーパーで水気をふき取り
   小麦粉を全体にまぶし、カリッと揚げる
  ④皿に②の野菜をしき、イワシを載せる。レモンを絞っていただく。

イワシのフリット

鶏と野菜のオーブン焼き

【材料】
 鶏モモ肉(骨付き)  2本、つぶしニンニク  2かけ、ローズマリー、オリーブオイル…マリネする
 じゃがいも 2~3個、フェンネル 1個(4~5等分する)、パプリカ 大1個(4つ切り)、
 赤玉ねぎ 1個(4つ切り)、パンチェッタ(かたまり) 4~5cm(5mm幅に切る)、ロリエ 4~5枚
 塩、胡椒、オリーブオイル 各適量、 アリッサ(お好みで)

【作り方】
 ①鶏もも肉は、1本を3~4等分にして、つぶしニンニク、ローズマリー、オリーブオイルでマリネする
 ②ジャガイモは皮をむいて水にさらしてから蒸す。フェンネル、パプリカ、赤玉ねぎは、ボウルに入れ
  塩、胡椒、オリーブオイルを全体にまぶす。
 ③耐熱皿に①と②、パンチェッタ、皮付きニンニク、ロリエを並べる
 ④220℃に熱したオーブンで30~40分焼く。皮付きニンニクはポックリ柔らかいのでそのまま食す。
  好みでアリッサ(唐辛子のオリーブ油漬け)をつけて食す。

鶏と野菜

穀物と栗と豆のバター和え

【材料】
 玄米(炊いたもの) 1Cup、麦(茹でたもの) 1Cup強、黒豆(固めに茹でる)1/2Cup
 栗の甘露煮 5~6個、バター、塩、胡椒、溶かしバター

【作り方】
 ①黒豆は、一晩水に浸ける。翌日、たっぷりの水と中火にかけ煮立ったらアクをすくって、固めに茹でる。
  栗の甘露煮は、水洗いして水気を取る。
  玄米は硬めに炊く。
  麦は水から20分ぐらい茹で、ザルにあげる。
 ②フライパンに、①の黒豆、栗を入れ、バターで軽く炒め合わせる。
  全体が艶やかになったら、塩、胡椒する
 ③玄米と麦を大きなボールに入れ、②を加えて混ぜる。
  たっぷりの溶かしバターを加え、全体をよく混ぜて、塩、胡椒で味を整える。

穀物と栗と豆

穀物と栗と豆のバター和えは、次回に是非とも作って皆を驚かせようと思っています。

秋のフルーツ

【材料】
  梨、リンゴ
  卵黄 4個分、ミルク 200cc、グラニュー糖 100g、生クリーム、粉砂糖、カルバドス

【作り方】
 ①卵黄にミルク、グラニュー糖を混ぜ、ザルで濾す
 ②①を弱火でトロッとするまでmixし、バットにあけて冷やす。
 ③半立ての生クリームと粉砂糖をかけていただく。

秋のフルーツ

秋ならば・・・のスイーツ。これも、サプライズなメニューですね。


 ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

芸術の秋   - 2017.09.18 Mon

朝夕めっきり涼しくなっちゃって、もう夏は終わり・・・世の中が不穏な動きに包まれています~ね。

北朝鮮が、「ミサイルを落として日本を海に沈めてやる。」と言っているという、ネット情報が
学校でも話題になっているようで、小学生の孫が、凄く怯えて
「凜ちゃんは、この恐怖を味合わずに死んだから幸せだ・・・とか、
ママは僕より早く生まれたから人生を楽しめててうらやましい。僕ももっと早くに生まれていれば良かった。
海なんかなければ沈まずにすむから、海なんかなければ良かった。
どこか海外に逃げた方がいいのではないか?」・・・と子供なりにこの時期を不安に思っているようです。

20170903-DSC_0015.jpg

2017年2月から8月までの改修工事を終え、サントリーホールの新たな幕開けで・・・
9 月1日(金)「Reオープニング・コンサート」がありました。

20170901-DSC_0005.jpg

何処が変わったんでしょう!?

ステージの床板や客席のいすをすべて張り替えた。
大ホール・ステージ奥に設置されているパイプオルガンの全面メンテナンスを開館以来初めて行い
また、ホール正面に向かって右側のスペース(旧喫煙コーナー)に増築を行い、トイレを増設。
さらにエレベーターや段差を解消するスロープを新設するなどして、車いすを使用する聴衆などに
対してもバリアフリーで移動できるよう配慮した改修も実施。
舞台回りでは照明をLED化し、舞台機構のメカニックも最新設備に更新。
その一方で、世界的に高い評価を得ている音響面には変化が生じないよう、ステージの床やいすの
クッション等については開館当時と同じ材質を使用。デザイン、形状等は、変更を行わなかったという。

20170901-DSC_0009.jpg

この日のメインプログラム は、ロッシーニ「ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ曲)」。
死者の安息を神に願うカトリック教会のミサ曲を歌って来たけど、この曲は知らない~でも、
ミサ曲の通常文によるキリエ(Kyrie)から始まる歌詞は、頭に入っているので楽しめました。

20170901-DSC_0007.jpg

世界的なテノール歌手として日本でも絶大な人気を誇っていたジュゼッペ・サッバティーニが、指揮!!
2007年から指揮者・声楽指導者に転向・・・と言うから10年は経っている。
サントリーホールの【Reオープニング】を全面メンテナンスを終えたパイプオルガンと共に
『世界一美しい響き』を目指した素晴らしい公演でした。

┏ ━┳━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━         
┃ ★┃ フランス宮廷ブーケ( 薪 束 )
┗ ━┻━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

9月のフランス宮廷ブーケのテーマは『薪束』でした。

フランス語で”薪束”を意味する Botte(ボット)・・・全ての茎が平行に並び、束状に組むんです。

【花材】 バラ(デュラ、エースピンク、ステラ)、エルダーフラワー、ユーカリ、
     レザーファン、カモミール

ボットスタイルのブーケは、ナチュラルステムであることを見せる目的のデザイン
このブーケを立たせるのは・・・困難!!

20170909-P1300070.jpg

花茎を組むたびに平行に入る様に・・・注意。
持ち手は、花から人差し指1本分ぐらいしたに持って茎をしなやかに扱う~のがコツ。
上から見て丸く

20170909-P1300072.jpg

横から見て扇状になるように組む

20170910-P1300089.jpg

茎を真直ぐ平行に組むと外側になるほど、花頭のすぐ下の茎が”くの字”に折れ曲がれることになるので
花頭の下の隙間には、グリーンなどをクッションの様に埋めて・・・
さあ~出来上がり!!

20170909-P1300076.jpg

上から見て・・・ちょっと楕円形になってしまいました~ね。

ボットスタイルは、ナチュラルステムの平行なラインの茎の美しさを見せる事と
茎に独自の装飾(アイビーなど蔦グリーンを巻いたり、ビーズなどを飾ったり)をする楽しみがあります。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン


ゴッホの気分で・・・ - 2017.08.07 Mon

ルーマニア人の農作業の様子、家畜との触れ合いを写した知人の写真展に行ってきました。
土や干し草のニオイ・・・馬の嘶きまでも聞こえてくるような大らかなルーマニアの雰囲気漂う
印象深い写真展でした。

P1290692.jpg

写真展の後は、フランス宮廷ブーケのフラワーレッスンです。

印象派のブーケ『ゴッホの気分で・・・』


ひまわり(フランス語: Les Tournesols、オランダ語: Zonnebloemen、英語: Sunflowers)とは、
1888年8月から1890年1月にかけてフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた、
花瓶に活けられた向日葵をモチーフとする複数の絵画の名称である。
ファン・ゴッホにとっての向日葵は明るい南フランスの太陽、ひいてはユートピアの象徴であったと
言われている。 南仏のアルル滞在時に盛んに描いた向日葵を、精神が破綻し精神病院での療養が
始まってからは描いていないこともその根拠とされる。

ファン・ゴッホの制作した「花瓶に挿された向日葵をモチーフとした油彩の絵画」という定義であれば、
7点が制作されたことが広く認められている。このうち6点が現存している。

ゴッホ「ひまわり」
最初に制作されたと考えられている。




2番目の作品とされる。
1920年に実業家の山本顧彌太が、白樺派美術館の
設立を考えていた武者小路実篤の依頼により、
スイスにて7万フラン(当時のレートで約2万円、
現在の価格に換算すると約2億円)で購入した。
1921年、東京京橋の星製薬ビルで展覧会が行われて
いる。1920年前後の同ビルでは多くの芸術展覧会が
開かれており、当時の公開においても「ファン・ゴッホのひまわり」が評判の作品として扱われていたことが
分かる。1924年、大阪で通算3回目の展覧会が開かれ
たが、美術館設立の構想が頓挫したため、以降兵庫県
芦屋市の山本の自宅に飾られていたが、太平洋戦争
末期の1945年(昭和20年)8月6日、アメリカ軍の空襲(阪神大空襲)を受け焼失した。
2003年に兵庫県立美術館で開催された「ゴッホ展」に
おいて「芦屋のひまわり」というテーマで特集された。
大塚国際美術館が原寸大の陶板で本作を再現し、
2014年10月1日から展示している
ゴッホ「ひまわり」
ゴッホ「ひまわり」
 3番目の作品とされる。



 ファン・ゴッホ自身が気に入った
「12本のひまわり」(ミュンヘン作品)を
もとに制作した4番目の作品とされる。


ゴッホ「ひまわり」
ゴッホ「ひまわり」
1888年12月の「耳切り事件」直前に描かれたとする説
もある。1987年3月に安田火災海上(現・損害保険
ジャ パン日本興亜)が3992万1750ドル
(当時のレートで約58億円)で購入した(当時の
代表取締役であった後藤康男が購入を推進したと
言われる)。
1997年10月に英紙『サンデー・タイムス』の報道で、
エミール・シェフネッケルによる模作であるとする
疑惑が 持たれたが、1999年の研究調査により
ゴッホの真筆と断定された。以降も贋作説が囁か
れたものの ゴッホ美術館の学芸員・修復技官らが
再度調査を行っ た結果、やはり真筆であると報告
されている

ファン・ゴッホが病院から「黄色い家」に戻って、
東京作品を模写したものと考えられている。

ごっほひまわり」
ゴッホ「ひまわり」
アムステルダム作品と同時期に、
ミュンヘン作品を模写したものとされる。


以上・・・wikiより

さて、今回のフラワーレッスンは、印象派のブーケ「ゴッホの気分で・・・」と言いますが
スパイラルブーケにするには、多すぎる花材。
特に、ピアノの鍵盤が1オクターブ届かない手の私には・・・辛いのです。

【花材】
 ヒマワリ(10)、ディアボロ(2)、アンスリューム(10)、ビバーナム(2)、スグリの枝(5)、
 ガマ(5)、ケイトウ(10)、デンファレ(10)、カラー(3)、ブラックベリー(4)、マリーゴールド(2)

P1290731.jpg

まず、花材を手のひら(親指~小指)の長さと一握り分の長さに合せ切りそろえ・・・下準備
中心に何を持ってくるか決めて・・・中心の花のまわりに1本ずつ(慣れてきたら複数本も・・)
花を斜めに束ねていき全体が「らせん状」になるように束ねる技法(スパイラル)で
花束を作ります。

手のひらが小さいので、スパイラル・・・というよりスタンディングスタイルになっちゃいました。



スパイラスブーケのまま・・・と言う手もありますが、夏は蒸れるし、バランスも良くないので
家に帰ってから花瓶に活け直しました。



最近、フラワーアレンジ仲間で話題になった・・・ 『プレバト』を欠かさず見ることにしています。
TBS系列で毎週木曜よる7時. 人気芸能人には本当に才能があるのか!抜き打ち テストでランキングを発表.



「プレバト!!」の俳句コーナーの査定員を務め、ゲスト出演者の作成した俳句を
容赦ない毒舌ぶりで評価・添削する夏井いつき先生の姿が人気を博し、一躍知名度が上がった番組で、
2012年10月から放映されているそうです。

夕食を摂りながら、俳句、書道、フラワーアレンジメントを主人と評価し合いも面白い。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (13)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。