凛とmonalisa

2017-04

ご馳走様で~す - 2012.04.24 Tue

仕事柄、勉強会の+αとして、お弁当を頂く機会がありますが、結構、楽しみなものです。
誰にも経験があるでしょうが、お弁当を開ける瞬間のトキメキ+.(ノ。'▽')ノ*.ワオ~~ォ☆゜・:*☆

頂き物ですが、左から人気があった順番です。ご馳走様で~す。
<<<<<

因みに、叙々苑の焼肉弁当は、3ヶ月前にも・・・
昼休みは、2時間程ありますので、家に帰って、頂きますが、夜更かしなので昼寝をしないと体が持ちません。
悠々自適な主人は、『我が家には、シエスタがあるね~』なんて言ってますよ。

ブロ友のriomanさんは、お子様のお弁当を・・・
いつも、とっても可愛く、またアイデア豊富に作っていらっしゃり、驚いています。
幼稚園児のママ達、是非riomanさんを見習って、素敵なママ弁当を心掛けてほしいです。

庭のクリスマスローズも、もう終わりですね。
クリスマスローズ037
ひっそりと咲いていた日本春蘭(ホクロ、ジジババ)寒さにも強いので育てやすく、葉は細長く株元から伸びます。
山菜としても用いられ、花を採り、茹でて酢の物にしたり、塩漬けにしてお茶として用いられるようですが
「可愛い花を、摘んで食す」なんて、とっても可哀相ですね。食べた人、いらっしゃいますか?
IMG_0937.jpg
和風の築山に、スミレを植えてみました。来年は増えて、そこここに見られるでしょうか?
IMG_0933.jpg
スミレの花言葉って ~謙遜、誠実、つつしみ深さ、小さな幸せ~なんですって・・・。その通りね。
IMG_0934.jpg
ビオラもそろそろ終わりでしょうか?
IMG_0777.jpg
「heartがね~、『お花にお水をやる~』って、最近、花に興味を持っているみたい。
教育上も良いから、チューリップでも買って・・・と思って、花屋さんに行ったけど、
チューリップとビオラの鉢植えが、2個も我が家にあるじゃあないの!!どうしたの?」と娘が言うのです。
「どうしたの?って、チューリップは、10月頃にビオラと一緒に寄せ植えしたんだけど・・・」
heartの情操教育に・・・と言われると、「持って帰れば」と言わざるを得ず・・・1鉢プレゼントしました。
もっとも、そんな事を想定して2鉢用意していたんですが、上手い具合にチューリップが咲きだしました。
鉢植え423
家の西側に植えたツルバラ『ロココ』が、2~3年後には、充実してくれることを想定して枝の誘引をしました。
本当は、12月~1月にするのが,goodの様ですが、遅くなってしまいました。仕方がありません。
もう4月の下旬なのに、いつまでも寒いですね。お庭で過ごす時間も多くなるでしょうから、このコーナーも整理。
クレマチスや薔薇が咲き誇る庭を夢見ています。
IMG_1340.jpg
綺麗になったテラスで、庭で摘み取ったみつ葉をたっぷり入れて、日曜日のランチは、鰊入り鴨汁そばです。
IMG_1337.jpg
「美味しかった?美味しいと思えたのなら、お片付けしてね~」日曜日位はね~ェ、オネガイッ…(*゚。゚)m。★.::・'゜☆


ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン




スポンサーサイト

再び、パッション - 2012.04.05 Thu

「『pachon』って、情熱よね」って、Graceさん。・・・そうなんです。
「おいしいイタリア倶楽部」3月のレクチャー会場、『レストラン・パッション』のオーナーシェフの名は、
Andre Pachon. 奇しくも、私にとって、『レストラン・パッション』は、今年になって、2回目の訪問です。
「おいしいイタリア倶楽部」にとって、フレンチのお店で初開催です!
こちらはMr.坂間がレストラン業界の仕事に就いた際、初めてお世話になったお店で、そのご縁もあっての事。
                                                             マウスオン
<


いつものように、30分のレクチャーでは、豆料理について
豆は、栽培が楽で、害虫がつきにくく、収穫後は保存がきき、連作をすると土壌の再生に役立つそうで
なんといっても、美味しいけど食べにくく、すぐお腹がいっぱいになり、
栄養素の植物性たんぱく質、ビタミン、ミネラル、植物繊維、ポリフェノールなどが豊富で、
ビタミンB1は、ご飯の10倍もあり、脂質代謝に役立つサポニン、イソブラボンが多く、
量が食べれないので地中海ダイエットに好都合とか・・・。
IMG_0802.jpg
 トスカーナ地方には、毎年4月~5月にかけて
 春の限ぎられた期間しか出回らない人気の前菜
 「Baccelli e Pecorino」があるそうで、
 ソラマメを生のままで、ペコリーノチーズと共に
 EX.バージンオリーブオイル、塩、こしょうで
 さっと和えた、シンプルでフレッシュな前菜
 そんな「パッチェッリ・エ・ペコリーノ」は
 春を告げるそら豆料理なのです。
 Baccelli.jpg

アミューズブッシュ
カブとコンソメで味付けをした赤いビーツのピュレの2層が綺麗。そら豆とアンチョビパンを添えて
IMG_0799.jpg
アボガドとリンゴを詰めた自家製スモークサーモンのフュゾ 香川県産グリーンアスパラガスと共に
スモークサーモンの中に、みじん切りのリンゴとアボガドが・・・シャキシャキ感が、面白い
IMG_0807.jpg
帆立貝のガトー アルモリケーヌソース
IMG_0808.jpg
『レストラン・パッション』の名物料理は「カスレ」
Cassoulet」とは、白いんげん豆とさまざまな肉類を煮込んだ後、更にオーブンでこんがりと焼いたもので
フランス南西部ラングドック地方の冬の郷土料理。陶製鍋の“キャセロールorカソール”が訛ったものとか
オーナーシェフのアンドレ・パッションさんは、ラングドックのオック地方出身。
よって、このお店のカスレは「カルカッソンヌ風」だそうです。
肉は、鴨モモ肉のコンフィ、豚スネ肉、豚足、生ハム、ソーセージ・・・これらを下ごしらえして、
白いんげん豆と一緒に煮込むので、マメにそれぞれの肉の旨みが浸みこみ、極上の味わいに・・・。
さらにそれをオーヴンで焼くことで表面にうっすらと膜が張るので、この膜を7回ほど破り、下に沈めてから
再び焼くことで、一層深い味わいになるとか。19世紀生まれの詩人の作品には、
この膜を何回破ればカスレが最も美味しくなるかを主題にした詩があるほど・・・とか

パッションさん達が「カスレ」を掲げて、音楽に合わせ歌いながら練り歩いて来ました。
パンションさんは、MCF(Metre Cuisinier de France)やカスレ協会理事長等の称号を持つ素晴らしいシェフ。
去年66歳の誕生日にスタッフからプレゼントされた背中に「カスレ番長」と書いてあるハッピを着て再登場。
日本大好きなオチャメなおじさま。日本語は苦手だそうですが、イケメンの息子さんが通訳代わりで、
震災地にカスレを持っていったり募金活動を行ったりしている様子を伺い、とっても胸が熱くなりました。

カスレ“オード・ペイ・カタール”
<<<<<

『レストラン パッション』では、2~3月にカスレディナーパーティーを行っていて、一回のお客さんは約100人。
長いテーブルに初対面の人たちが集い、食事とおしゃべり、そしてカスレを楽しむ和気藹々としたパーティだそうです。
ワインは、料理にあわせて5種類、セルフサービスとか。ワイン好きにはたまらないパーティーのようです。
カスレをもったServiceの人達20数人が大行進したり、ステッキと仮面が配られて皆で仮面パーティになったり、
カスレの王様が発表されたりとイベントも満載。来年度のカスレパーティーには是非参加してみたいと思いました。
ウズラのロースト 生ハムとチョリソー入りバスク風ピペラード添え
IMG_0826.jpg
清見オレンジのサブレとシャーベット
IMG_0829.jpg
コーヒーと小菓子
IMG_0831.jpg
『レストラン・パション』では、しばしばナイフやフォークの置き方に、???
Serverに伺ったら、ナイフとフォークは、イギリスの文化。それへのアンチテーゼスタイルだそうです。
IMG_0832.jpg

白ワイン:2009 BourgogneChardonnayEmileDurand
赤ワイン:2005 CuveeChevaliereduClos-cotesduRoussillon

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

トスカーナ人は、マンジャ・ファジョーリ(豆食い)と呼ばれるほど、豆が大好きだそうです。
我が家でも、手軽な納豆は、毎日食卓に・・・。

春野菜が店先に並び始め、そら豆を見かけると、お酒のアテに・・・塩茹でにしたり、翡翠煮にしたり。
そら豆は、動脈硬化予防のためにも摂っておきたいビタミンB2が豊富。カリウムや鉄分も含まれていて
疲労回復や貧血予防にも役立ち、血中のコレステロール値の上昇を防ぐレシチンも含まれているのです。

さやをむかずにさやのままグリルか焼き網で焼いて、表面に焦げ目がついたら網からおろして、
さやをあけて塩を振って・・・簡単な『焼きそら豆』は、カロリーや脂肪分が気になる人には、お薦めです。


ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン



猫は家につく? - 2012.02.21 Tue

第96回「おいしいイタリア倶楽部」は、銀座の『アルジェント ASO』。
aso.jpg アルジェントは、イタリア語で“銀”という意味。
 銀座3丁目のビル8F~9Fに広がる、
 とってもシックでモダンな空間なんです。
 
 2011年ミシュランガイド東京版では、
 ☆に選ばれていましたね。

 「おいしいイタリア倶楽部」約30分の、レクチャー
 今回のテーマは「イタリアのテルメ巡り」でした。

 温泉大好き・サウナ大好き人間なので
 ギリシャの医学者アスクレピオスの提唱した
 「湧水医学(温泉医学)は 興味深く、
 また世界遺産にもなっている「カラカラ浴場」は、
 2千年前から娯楽施設(図書館、体育館、散歩道)で
 健康管理の場だけでなく政治・経済の情報交換の場、
 そして同性愛者の会合の場だったって驚きでした。

 『テルメ』って、イタリア語で温泉のことで~す。

イタリアの温泉に、行きたいな~とも思いますけど・・・  
イタリアのテルメ事情と頂いた料理を忘れない内に、(*´艸`)ププ~ブログUPしますね

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ イタリアのテルメ巡り
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━
イタリアを代表する温泉保養地は 『モンテカティーニ・テルメ』 
フィレンツェから列車で1時間。トスカーナ北部のなだらかな山間に『モンテカティーニ・テルメ』は、あるそうです。
カラカラ浴場 
 肝臓疾患・リュウマチ・呼吸器や消化器・心臓疾患・
 婦人科系の疾病など20以上の適応があって
 Dr.20名、看護師200名が常駐。音楽家のヴェルディは、
 この地を『この世の天国』と呼び、気に入ってよく訪れ
 メインストリートは『Viale Verdi(ヴェルディ通り)』と
 名付けられているそうです。
 
 プッチーニもこの地を愛して『マダム・バタフライ』は、
 ここの泉の傍で作曲した・・・と言われているんです。

トスカーナ週のラッティオ州の州境にある『サトゥルニア・テルメ』
ここの源泉からは毎秒800㍑もの温泉が湧き出ていて、川の上流から豪快に流れ落ちる滝が温泉水なのです。
このテルメは、無料で誰でも利用可その代わり脱衣所の設備がなく、自分の自動車の中で水着に着替えるのです。
この周辺でとれるファンゴ(温泉泥)は、ヴェネト州のアバノ・テルメと共に「テルメ・ディ・サトゥルニア」として有名サトゥルニア・テルメ ファンゴ

ファンゴパックで有名なのは、もう一つ『アパノ・テルメ』
『アパノ・テルメ』のファンゴは、熟成された“温泉泥”
ユーガニーヒルズから湧き出る温泉は、ミネラル分が豊富。更に、その辺一帯に点在している美しい湖には珪藻
その他の藻類が堆積していて、この湖泥と混ぜ合わせて、数カ月かけてかけ流して熟成されているのです。
ここのファンゴの効能は、リュウマチ・骨粗鬆症・関節炎・皮膚疾患とされ、代替医療としても確立しているのです。アバノ・テルメファンゴパック

ローマの南約60kmにある温泉地フィウッジ・フォンテには、中世にはローマ法王に献上されていたという
“飲む温泉”があって、この温泉水は“強い利尿作用があり、腎臓によく“腎臓結石を溶かし排出する”効果が
ある事でも有名なんですって。「フィウッジ」は、健康と美容に関心の高いイタリアの人々の間では、
「至宝の水」と称され、国の管理のもと8世紀の長きにわたり飲み継がれています。
独特の地層と土壌から生み出される源泉の特質、特性をそのままビン詰めにした、カラダにやさしい水で、
フィウッジ・テルメ イタリア中のスーパーで買う事が出来るそうです。
   フィウッジ

今年は何処に旅行しようかしら?
イタリアまで出かけて、テルメ三昧もいいけど、リラクゼーションどころかクタクタになっちゃうでしょうね。
日本でも、タラソテラピーやファンゴを取り入れて贅沢な養生滞在を試みているスパ施設が増えてきていますね。

温泉大好き人間だから伊勢志摩の「タラサ志摩」や勝浦の「テルムマラン パシフィーク」でタラソテラピーを
草津の「テルメ・テルメ」では時間湯を、沼田の「望郷の湯」の絶景の露天風呂と飲泉も・・・。
身近な「極楽湯」には、月に2回は、行っているかしら?

みなさんのお気に入り、お薦めの温泉は、スパ施設は、何処ですか? ☆~(ゝ。∂)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━         
┃★┃ アルジェント ASO
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━
イタリア語で、“銀”を意味するアルジェント。
                                                                マウスオン
<

いつも素晴らしいレクチャーをしてくださるS氏が、偶然にも同席する事になって、名古屋の
「エノテーカ・ピンキオーリ」の様子や、興味深い9匹のペットの猫のお話をお聞きしながらお食事を頂きました。
aso ローズマリーやオリーブ、ナッツを練り込んだパンを、
 クリーミーな自家製のバターで
 Insalata di patate e polpi marinati
 con mousse di finocchi
 水蛸とじゃが芋のサラダ 
 フィノッキオ(フェンネル)のエスプーマ(ムース)
 
aso
aso Ribollita ai semi di colza e fagioli bianchi
 con polpettine di pollo nostrano
 日向鶏のポルペッティ(肉団子)入り
 菜の花と白いんげん豆のリボリータ(煮込み)
 
 リボリータはもともとトスカーナの郷土料理で、
 いんげん豆と野菜、パンを加えて煮た、
 パン粥風の食べるスープですが、
 こちらはモダンにアレンジされ、
 さらに鶏のポルペッティ(ミートボール)を
 加えたものでした
 Spaghetti al pesto con shungiku e aguglie
 鱚と春菊ペーストのスパゲッティ
aso
aso Pasticcio d'anatra arrosto
 con saisa al pepe nero
 鴨胸肉のパイ包み焼き
 黒胡椒風味のソースートボール)も加えたものでした。

 Zuppa di sorbetto all'ananas
 パイナップルのムースシャーベット
aso
aso Millefoglie alla frutta
 バレンタインが近いということで、
 ドルチェはハート型を意識して
 フルーツのミルフィーユでした
 Biscottini 
 最後にテーブル中央に登場したのが、
 ASO 名物の食べる花
 (ギモーヴやフルーツ、プチフール類が
 大きなガラスの花瓶に挿さって登場!)
aso

ワインは、 2009 Gavi Vigne Alte II Vignale (白)             2008 II Groto Aldeghri(赤)
aso135.jpg aso136.jpg

「犬は人につき猫は家につく」という諺がありますね。
  犬と猫は人間に近接した動物ですが、その本性の違いを表した言葉だそうで、
  引越しのとき、犬は家人について移るが、
  猫は空家に居ついて家人の後を追おうとしない。
  もっとも、新しい家に慣れると、もとの家へ帰ろうとするわけではない・・・と言う事だそうですが

同席したS氏は、捨て猫を可愛がっている内に、いつの間にか9匹になってしまった・・・というのです。
オスが2匹で、メスが7匹・・・というから驚き。
猫はとっても清潔好きで、自分で綺麗にするし、防臭シートを用意してあげれば、臭いは大丈夫らしいのです。
オス猫は、縄張りを大切にして、自分の今の住まいでは、オス猫は2匹が限度とも・・・。
3匹いた時は、食事時には帰ってきますが、1匹はほとんど外回りをしていて、家に居付かなかったそうです。
ペットフードも猫の種類によって、dry好き、hard好きがあるとか
なんといっても、捨て猫でも飼い主によって猫の顔相が変わってくる・・・というから驚きです。

いつもイタリアンモードに身を包んて家庭の匂いを殆どさせない近寄りがたい存在のS氏ですが、
猫の話を通じて、普段着の愛くるしい姿に触れ、ますます謎の人物になっちゃいました。


長い間「エノテーカ・ピンキオーリ」のおいしいイタリアンで、我々は、舌が肥えています。
映画『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』でも、言われていたように、
食通を唸らせるのは、「美味しそう」では無く客を唸らせる「斬新さ」・・・と。
そう言った意味で、「アルジェント アソウ」の料理には、パイ包み焼きの鴨肉の柔かさとほど良い味加減
そして最後のビンチョスにさした小菓子に「しかけの面白さ」・・・おいしい演出がいくつもあって、
楽しませていただきました。
Argent ASO
東京都中央区銀座3-3-1ZOE銀座 8F・9F
TEL 03-5524-1270




ご訪問頂き、ありがとうございます。
blogram投票ボタン


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (54)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (11)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (16)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (7)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。