topimage

2017-10

あー夏休み!! - 2017.08.21 Mon

1週間の夏休みがとれ、孫達と山梨で過ごすことに・・・。
友達情報から、『春日井の桃』農家が夏限定でやっているカフェ【ラ・ペスカ】の桃パフェをお目当てに
往路は、中央高速を選択です。

P1290787.jpg

果物好きの孫達が喜ぶはずが・・・1時間待ち。
「今日の1時間待ちは、良い方だよ。土日は、3時間待ちが・・・ザラだよ!!」とは、駐車整理の叔父さん。

お腹が空いていたので、頼み過ぎてしまい、ちょっと固めで皮付きの桃にも興ざめ。

P1290819.jpg

夏休みの自由研究に甲州銘菓「桔梗信玄餅」の工場見学もついでに・・・と。

工場の外からもきな粉の匂いが充満。
蜜の充填、餅の撹拌・・・など機械化でベルトコンベアーでの流れ作業。
でも、最後のビニールに包む部分は、手作業でした。

P1290832.jpg

4月5日に天国に召された愛犬『凜』は、南部の家の庭に埋葬。
南部が大好きな孫達。凜と遊んだ思い出がイッパイだから、これからは『凜の家』と呼ぼうか!!

生まれたときから身近にいたheartにとって凜は相棒みたいな存在。
思い出すと涙が湧いてきて・・・嗚咽です。

P1290871.jpg

遠出をしたがらない孫達の日課は
「朝はプール、午後は、ボードローラーをしたり、工作をしたり、持参のおもちゃで遊んだり
1日3回の凜ちゃんの墓参りは怠らず、夕方は温泉『なんぶの湯』がイイ」~と南部生活を満喫

P1290898.jpg


昨年は、プールや温泉も怖がっていたheroは、アームリングを付けて大きなプールで浮かんで見せて
「バーバ、すおいでしょう(凄いでしょう!!)」~と。

庭が草ぼうぼうなので、草むしりのご褒美は、「ガチャガチャ」でアイテムゲット・・・なんです。
heroは、お金の計算ができないので、100円の指光線なのに100円を2個入れてしまい~
こんな失敗は今のうちですね。

P1290856.jpg

子どもの頃麦わらでホタル篭を作ったことがあるので、さて孫達に作って見せたい・・・と思いましたが
麦わらが、見つかりません。ストローでも出来るようですが・・・草むしり中、ウマオイやコオロギを捕まえ
はてさて、虫かごをどうしよう。ペットボトルを加工して簡易カゴに・・・やはり、味気ないですね。

ところで、今時の子供はハイテクな環境に囲まれ、遊ぶおもちゃも進化しています。
ベーゴマに似たベイブレードバーストは、専用のスタジアムがあるようですが、大きな丸いお盆で
試したり、テーブルを逆さにして・・・苦心しました。

いま話題のハンドスピナー!
ベアリングのおかげでずっと高速回転。 これが中毒になるくらい面白く、また考え事をしている時に
集中力が増す・・・と、40代の女性の間でも流行っているそうです。

スプラトゥーンが何なのか!?
ローラーを使ってガチで敵をペンキで塗りたくるゲームと言うんですが、その武器のローラー作り。

<<<<<


息子の沖縄土産のマンゴウを使って、娘と孫達がバースディケーキを作ってくれました。
甘さ控えめで、とても美味しくって・・・田舎だからケーキ屋がない~って言う事も手作りの良さ。
嬉しい愛情こもったメッセージ付きも、嬉しかった!!

マウスオン
<


毎日、家の前を通るチョイボケの叔父さんが
「盆花、いるけ(ほしい)!?やらっか(あげようか)?」とくださったので、
女郎花と一緒に飾り、迎え火を焚きました。

宗派や地方の風習によっても違うようですが、
先祖の霊が、各家に帰っている間、僧侶は檀家を回って歩くので、今年は読経をお願いしてみました。

P1290915.jpg

今年のお盆は、冷夏で雨続き。
『南部の火祭り』は、小雨決行なので、朝から空模様が気になります。

P1290949.jpg

富士川の両岸約2キロメートルに百八つ、円錐形のたき木の山を作る『百八たい』
「百八煩悩を絶つ」ということに由来しています。
夜8時、富士川原に静寂が戻ると、百八つのかがり火に一斉に点火され燃え上がり、川原は勿論、
近くの山や空も真赤に染まり、焔は川面に映り、2倍の焔となって辺りを火の海の饗宴に包んでいきます。
折から打ち上げ花火の連発と相まって、天と地も絢爛豪華に彩られていくのです。

<<<<<


ここで・・・一句

夏祭り 胸おどらせて 傘の花


今年は、折角の花火も、雲間に隠れて十分楽しめず・・・残念な火祭りでした。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

富士は日本一の山 - 2017.05.13 Sat

GWは、『凜』の唯一のお友達だった『健健(ケンケン)』のパパママのSSご夫妻を、
セカンドハウスのある山梨・南部にお連れして過ごしました。

ケンケン  ミニチュアシュナイダー『健健』は、
  2年前に先立ちました。

 DSC_0079_178.jpg


東京を8時に出発して、途中『駿河湾沼津』のドライブインで昼食をとって、南部には1時半着。
GWならではの所要時間は、覚悟の上です。
我々が南部に着くや否や、お隣さんから朝掘りの茹で筍が届きました。
東京ではありえない・・・留守にしている間に家を見守ってくれているご近所のありがたさを実感します。

時間は有効に使いたい。
夕食は、美味しい「あさひ鮮魚店」の刺身の盛り合わせとタケノコが調達できたので
一息ついてから"すわ、身延山へ!!"

P1280182.jpg
奥之院の『思親閣』から見た富士山

日蓮聖人が故郷房州 小湊の方を拝み両親を慕い思いをはせた奥之院の『思親閣』にロープウェイで行き、

P1280189.jpg
孝と申すは高なり 天高けれども 孝よりは高かkらず 又孝とは厚なり 地厚けれども 乞うよりは厚からず

パワースポットは・・・追善のために日蓮聖人が植えられたものと伝えられる4本の長寿の杉

P1280188.jpg
御母妙蓮尊尼菩提の杉

身延山久遠寺の樹齢400年超、しだれ桜。今年は、例年より遅く、4月中旬が見頃だったようです。

P1280202.jpg

山門から287段を登り切れば涅槃に達するという高低差104mの菩提梯。
涅槃とは「一切の悩みや束縛から脱した、円満・安楽の境地。仏教で理想とする、仏の悟りを得た
境地」だそうですが・・・今までに、2~3度、この菩提梯を昇った私は、もはや涅槃に達しています(笑

P1280198.jpg

シャガの花。花言葉は「反抗」と「友人が多い」
「反抗」の花言葉は、陽光を避けて日陰で花を咲かせることや剣状の鋭い葉に由来し、
また「友人が多い」の花言葉は、タネができず、地表をはう根茎を伸ばして群落を形成することに
由来するそうです。
『反抗』も『友達が多い』も適切なのかどうか?もっといい花言葉を付けてあげたいですね。

P1280194.jpg

大鐘は、毎朝5時、夕方は17時。ちょうどお坊さんが大鐘をつく瞬間に立ち会えました。
この大鐘は徳川家康公の側室お万の方が寄進したものだそうです。
大鐘を撞くその姿は、全身を使ったダイナミックな撞き方で、武道の型かと思うほど~アクロバティック
迫力満点で・・・しばし見とれちゃいました。

<<<<


鐘が撞き終わるや否や、「南無妙法蓮華経」と唱える読経と太鼓が静かな山中に鳴り響き渡りました。
声を張り上げ太鼓を打ち鳴らす様子は、どちらかといえば「パワー全開!」といった華やかな印象。
お題目と太鼓の音を全身に浴びているうちに、まるで体が清められていくような感覚に。

<<<<<


想定外のサプライズなパホーマンスにSSご夫妻は、面白い、イイものを見せてもらった・・・と、大喜び。

2日目は、何処にお連れしようか!?

子供のころ、父は日曜日の度に静岡方面に連れて行ってくれました。
「『久能山でいちご狩りをして、東照宮を参拝して、ロープウエイで日本平に行って登呂遺跡』は、どう?」
SSさんは、サイエンスカフェという組織を持っていて、たまたま遺跡に関しての講演を近々する・・・と
いうので、この提案には大喜び。

南部から久能山までは1時間ほど
苺狩りは1月からGWまでがシーズンだそうで・・・苺の美味しい時期は、3月ごろで
ビニールハウスの中で行うので、暖かくなるとイチゴも美味しくなく午前中が良いそうです。

苺の食べ頃の見分け方は、ヘタが上に反り返っているのがイイ!!・・・とのことです。
1人1200円ですが、そんなに苺を沢山食べれるわけでもなく、持ち帰り不可は割高です。

P1280228.jpg

久能山東照宮へのご参拝は久能山の山下から1,159段の表参道を登る 方法と、
日本平からロープウェイで久能山に渡る方法がありますが、SSご夫妻は、登呂遺跡に興味津々

登呂遺跡』は、静岡県静岡市駿河区登呂五丁目にある、弥生時代の集落・水田遺跡。
国の特別史跡にしていされ、 弥生時代後期に属し、1世紀ごろの集落と推定される。

遺跡は、戦時中の1943年(昭和18年)、軍事工場建設の際発見された。
戦後間もない1947年(昭和22年)には考古学・人類学・地質学など各分野の学者が加わり
日本で初めての総合的な発掘調査が行われ、8万平方メートルを超える水田跡や井戸の跡、
竪穴式住居(正確には竪穴系平地式住居)・高床式倉庫の遺構が検出された。
この他にも、農耕や狩猟、漁労のための木製道具や火起こしの道具、占いに用いた骨などが出土した。
また、1999年(平成11年)から5カ年計画で再発掘調査が行われ、
新たに銅釧や漆が塗られた槽づくりの琴、祭殿跡などが出土している。

資料館では、巻頭衣を着て、石器を使っての稲刈りや杵で脱穀、火おこしや田植えの体験ができます。

<<<<<


静岡市の駿河区から清水区にかけて「日本平」があります。
標高308メートルの丘陵地で茶畑やみかん畑もあり、有度山(うどやま)の呼称でも知られており、
眼下に静岡市街、清水港、駿河湾、三保の松原、そして、富士山の姿を眺めることが出来ます。

P1280318.jpg
静岡市清水区の町と富士山(富嶽台から)

日本平・久能山付近から見る富士
駿河湾を中心に背後に富士山、左側に清見寺(薩タ峠)、右側に三保の松原の三つの要素を配置する構図は、
室町時代からの日本絵画の伝統のようです。

miho-toyokuni01.jpg
歌川豊国の「名勝八景」より「 三保落雁

富岳台では、「童謡 赤い靴を履いた女の子を訪ねて」という銅像がありました。

P1280310.jpg
P1280309.jpg
雨情の赤い靴には、実在のモデルがいた・・・とは、驚きでした。→『岩崎きみ』

日本平から南部の我が家まで・・・富士山に向かうように走ります。

P1280319.jpg

3日の朝、東京から富士山を追いかけ、静岡側から見る富士山をたっぷり味わって
極めつけに・・・帰路は、下部から本栖湖に抜けて山梨側から富士山を見よう・・・と試みました。

本栖湖は、富士五湖の最西端にあり、海抜902m、周囲12.9km、広さ5.05㎢、
水深は富士五湖で最も深く138m。濃いアイ色の水をたたえ18mの透明度があり水温は年摂氏4度ぐらい
冬でも凍結しないそうです。

この美しい本栖湖からの富士山をこよなく愛した写真家・故 岡田紅葉氏が撮影した富士山の写真が、
1000円札の裏側に印刷されている・・・というスポットを見つけました。

P1280323.jpg

DSC_0634.jpg
この逆さ富士は、どういう条件下で撮影できるのだろう・・・と興味が湧きました。

「富士は心のふるさとである、富士は心で撮れ。」と諭された紅陽の門下生たちは、ひたすら富士を愛し、
富士と和し、富士と対話して撮り続けているそうです。

P1280331.jpg

静岡県と山梨県にまたがる日本最高峰の富士山は、古来富士信仰が育まれた霊峰であるとともに、
葛飾北斎の富嶽三十六景などに代表される芸術上の主要な題材として、国際的にも大きな影響を及ぼし
2013年にUNESCOの世界遺産リストに登録された日本の世界遺産ですね。

P1280333.jpg

観光案内の表示に『身延町』とあり、本栖湖の管理管轄が南部町の隣町であったことに驚きました。
四方を山に囲まれた我が家からは、見えませんが
南部町から富士山を見ることが出来るのは、万沢と佐野でしょうか?

今年のGWは、南部を拠点に身延、清水、富士五湖から見る富士山をテーマに
SS夫妻に喜んでいただきました。

その上、サエンスカフェで、近々遺跡テーマにお喋りするSSご夫妻にとって
登呂遺跡での資料館の沢山の資料と実体験が、有意義だったようで
「講釈師見てきたような嘘をつき」ではない~ということで『お・も・て・な・し』は、成功しました。

あしびきの 彩とりどりに 緑萌ゆ 生かされている今 唯感謝   

富士の山 見ゆるところに 住む人は 明日に 夕べに 楽しかるべし     詠み人:比庵



ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

盛りだくさん。 - 2016.05.10 Tue

「ゴールデンウイークは、山梨の家で・・・」が、お決まりの年間スケジュール。

heart家族は、長崎に行っているので、今回は主人の妹夫婦をお客様に・・・
義弟は、建築家なのでどのようにリホームしたのか興味津々で、5日の予定を返上して2泊3日で南部入り
盛りだくさんのスケジュールで楽しんできました。

P1240716.jpg
大好きな庭の白藤や躑躅が、帰省を喜んで迎えてくれています。

お客様より一足早く・・・と思っても、5月2日は外せない仕事があり、仕事を終えてから東京を19時出発。
夕食を、海老名ドライブインで摂って、22時30分に着いたので~まずまずのスタートでした。

P1240723.jpg

義妹夫婦は、3日の朝4時大宮発。途中足柄で朝食を摂って、新清水インターに6時50分着、
そこから南部の家には30分ぐらいなので、やっぱり早朝コースは渋滞とは無縁だったようです。

P1240722.jpg

義妹は、開口一番
「玄関の屏風、東側の洋間、奥まった所は純然たる和風・・・まるで旅館に来たよう!!」と~

ある意味、リホームは、成功!!です。

義弟は、田舎道をサイクリングしたい・・・と自転車持参。

私が庭の草取りをしている間、主人と義妹夫婦は風薫る清々しい新緑の原風景を眺めながら
折しも茶摘み(八十八夜は5月2日頃)の時期なので、畑での茶摘みの様子も目の当たりにして~
1時間コースをグルッ・・・と楽しんできたようです。

ランチは、是非食べさせたいお蕎麦があるので、福士の「雲平」に~
蕎麦職人は、偏屈が多い・・・とは聞いているが、ご多分に漏れず~

「何人ですか?」と聞かれ「4人です」と言うと「うちは、3人が都合がいいんですが、4人ですか!?」と~
以前に聞いた話では・・・蕎麦を茹でるのに、3人前が都合よく美味しいらしいんです。

当方は、待てばいいだろう・・・と思っているんですが、何せ一人でやっているお店です。
3卓しかないお店ですので、子供連れには「お子さんに食べさせるものはありません」と、ズバッ~とお断り。

随分待たされるかと思いきや、10分もすれば美味しいお蕎麦が・・・

「美味しそう」と言うと・・・
「そばは、食べる人の食べ方で旨いか不味いか決まるんです。
薬味は、全部入れちゃわないで、そばを味わいながら・・・その都度~」と・・・辛み大根と刻み葱を~

「そばは、器をもって食べてくださいね」などと食べ方まで注意され~
義弟は、緊張のあまり手が滑って、器をひっくり返してしまいました(笑

15DSC_0318.jpg

隣の席の人たちが、我々と同じ「鴨そば」を注文したら、
「本当に蕎麦を味わいたいのならざるそばで『福井 丸岡在来種と茨城 坂東』の食べ比べです。」と~

なんでも丸岡在来種は、入手困難で特別ルートで手に入れ、蕎麦も伸びが早い・・・とのこと。
我々が、鴨そば4人前をこの丸岡在来種で先に注文したので、在庫が限られてきた雰囲気です。

携帯はお店の中では利用しないで・・・と注意書きがあり、待ち時間を利用して読むように~
店の壁に「dantyu」や「おとなの週末」などのグルメ本が立てかけてあります。

15DSC_0317.jpg

昼食後は、身延山に~

15DSC_0322.jpg

三門から本堂へと続く287段の石段を、登り切れば涅槃に達するという意味の菩提梯を
義妹も私も膝痛を抱えながらも、悟りの世界に近づけるのなら~と、義弟3人で・・・頑張ってみた。
この石段は、南無妙法蓮華経の7字になぞらえ、7区画に分けられています。

20150125001931.jpg

車で一足先に本堂に着いているはずの夫は、駐車場に入るのに手間取ったようです。

15DSC_0330.jpg

本堂では、全国から集まった僧侶が法華経を省略せずに壱千 回読誦する「法華千部会」が行われていて
雅楽や声明の響きが・・・す~っと心にしみて、なんとも心が洗われる感じを受けました。

15DSC_0333.jpg

ここまで来たら奥之院までロープウエイで、ご案内。

日蓮聖人が9年の永きにわたり法華経の読誦と門弟たちの教導に終始した身延山久遠寺。
その身延山の山頂(標高1153メートル)に、奥之院思親閣があります。
ここは、日蓮聖人が身延在山の9年の間、故郷のことを思い出されては、西谷のご草庵より50丁の
道なき道を登られ、遙かに房州小湊のご両親、師の道善房を追慕された所だそうです。

15DSC_0331.jpg

義弟が頂いた御朱印には、「他では無い珍しいお言葉が書かれている」と感激していました。

日蓮聖人が植えられたと伝わる御手植え杉は4本ありました。

15DSC_0335.jpg

夜半からの豪雨で朝方にはすっきり晴れ渡った5月4日は、小淵沢方面に・・・。

「君は、太平洋を見たか。 僕は、日本海を見たい」をスローガンに・・・中部横断道路が
第二東名新清水JCTー中央道の長坂を経由ー上信越自動車道の佐久ICまで、平成28年に完成予定

P1240732.jpg

山梨県人でありながら甲府、清里、富士五湖の位置は大体わかっても山梨の地理には疎い私です。

小淵沢には、「花パークフィオーレ小淵沢」、「リゾナーレ八ヶ岳」、「八ヶ岳リゾートアウトレット」
そして夫には関心深い乗馬施設、ちょっと足を延ばせば清里もあります。

前方に見えるは、八ヶ岳で、長野県の諏訪地域と佐久地域および山梨県の境にある山塊。
南北30 km余りの山体で、大火山群で・・・深田久弥が選定した日本百名山の一つです。

「八ヶ岳」は特定の一峰を指して呼ぶ名前ではなく、長野県と山梨県にまたがる山々の総称。
その範囲は「夏沢峠以南のいわゆる南八ヶ岳のみ」「南八ヶ岳及び北八ヶ岳の領域」
「蓼科山まで含んだ八ヶ岳連峰全体」など様々な定義があるそうですが
日本百名山でいう八ヶ岳は南八ヶ岳のみを指すそうです。

「八ヶ岳」の由来は、「八百万」などと同じように、山々が多く連なる様子から「たくさん」という意味で
「八」としたとも、幾重もの谷筋が見える姿から「谷戸(やと)」にちなんで名づけられたとも、
文字通り八つの峰に見えるからとも、複数のいわれが存在するそうです。(wikiより)

P1240735.jpg

八ヶ岳には「富士山と背比べをして勝利、しかし富士山に蹴り飛ばされて八つの峰になった」という神話が
あるそうです。


P1240739.jpg
「花パークフィオーレ小淵沢」から見た富士山

「花パークフィオーレ小淵沢」に咲いていた紫木蓮(シモクレン)

P1240742.jpg

新葉は桃赤色で後に黄色くなる・・・というシモツケマジックカーペット

P1240747.jpg

「建築は、小説を書くのに似ている」とはリゾナーレを手掛けたイタリアの世界的建築家マリオ・ベリーニ

日常から非日常への入り口となる門をくぐれば、そこはイタリアの山岳都市を想わせる幻想的世界。
石畳の回廊、山々を見渡す広場、そして人々が集う劇場を舞台に織り成される物語。
その主人公こそが、あなたという旅人なのです・・・と「リゾナーレ八ヶ岳」

昨夜来の豪風雨で、シンボルタワーを彩る色鮮やかな装飾とチューリップで彩る「花の絨毯」
(hotterさん、これが『インフィオラータ』?)は、ちょっと乱れています~ね。
「黒い実をつけるこの木は何かしら?」などと、ともにフラワーアレンジメントを習っている義妹に?

<<<<<


近くの「小淵沢アウトレット」で、昼食を済ませ、次なる目的地は、
昨年ノーベル賞をもらった大村智先生がオーナーの「白山温泉」と美術館

屈託のない笑顔の大村智先生は、
日本の化学者(天然物化学)。北里大学特別栄誉教授。2015年ノーベル生理学・医学賞受賞。

微生物の生産する有用な天然有機化合物の探索研究を45年以上行い、
これまでに類のない480種を超える新規化合物を発見、それらにより感染症などの予防・撲滅、創薬、
生命現象の解明に貢献。また、化合物の発見や創製、構造解析について新しい方法を提唱、実現し、
基礎から応用までの幅広く新しい研究領域を世界に先駆けて開拓しているんです。

母校の山梨大学と東京理科大学からそれぞれ特別栄誉博士の称号を授与されています。

P1240785.jpg

「この美術館は、女流画家の作品が多いのね!?」という義妹

北里研究所名誉理事長でありながら女子美術大理事長も務める大村さんは、
絵画や陶器、彫刻など美術品の著名な収集家として知られています。
特許料の大半を購入に充てた約3500点にのぼる作品群は「大村コレクション」とも呼ばれています。
 
薬の開発関連の特許料は北里研究所に入った分だけで250億円。
しかし、本人は「食べるだけで十分」と、研究所の経営再建や病院建設にも巨費を投じ
残りを上村松園や三岸節子ら女性画家を中心とした美術品の収集に充て
2007年には、故郷の山梨県韮崎市にコレクションを新築の美術館ごと寄付。
購入費だけで総額5億円。故郷への恩返しであり「若い人たちへの投資でもある」と語っています。

<<<<<


八ヶ岳

P1240787.jpg

南アルプス

P1240788.jpg

八ヶ岳や南アルプスを借景に・・・大村先生がオーナーの『武田乃郷 白山温泉』は
戦国時代に武田信玄を輩出した甲斐・武田信義が鎌倉時代初期にこの武田の地に館を構えた際に、
要害城として築城した「白山城」の麓で湧出した温泉なんです。

P1240773.jpg

5日は、庭の草むしりをしたり、凜ちゃんのトリミングを・・・
「やっぱり、南部はいいけ~」って、通りすがりのおじさんに声かけられます。

義弟は、この3日間朝サイクリングを楽しんでいましたが、すれ違う見知らぬ人に『おはようございます」と
挨拶され驚き・・・「挨拶されると気持ちがよく~いい事ですね」と。

ランチは、義妹が食べてみたい・・・という『食べログ』や『じゃらんnet』にも載っている
昭和33年創業、南部町で長年愛されてきた「こばやし焼きそば店」に・・・
ここは、麺が無くなり次第終了~のお店。午後1時に行ったら、『終了しました』の看板が~
そんな事のない様、12時前に行って・・・富士宮系焼きそばとお好み焼きを堪能していただきました。

渋滞に巻き込まれずに帰るのは、早く出るか夜遅く出るか・・・ですが、
ここは、渋滞覚悟で、沼津のクレマチスの丘にご案内

数年前にエリアを広げ、井上靖文学館、ベルナール・ビュッフェ美術館、イズ・フォト・ミュージアムも
併設されていましたが、クレマチスガーデンとヴァンジ彫刻庭園美術館へ

クレマチスガーデンは、様々な品種のクレマチスが四季折々に咲き誇り、1年を通じて楽しめるように
至る所にガーデナーさんが、クレマチスのツルの誘引をしたり下草を採っていました。

<<<<<


ヴァンジ彫刻庭園美術館は、イタリアの彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの世界で唯一の個人美術館。

彫刻って、立体だから正面と裏があって面白い~ね。

                                                          マウスオン
<



                                                          マウスオン
<


コンポジションと三つ編みの女

P1240842.jpg

説教壇 2002年

                                                          マウスオン
<


「紫の服の男」これは、イタリアの彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジのようです。

                                                          マウスオン
<


クレマチスの丘では、なにか思い出に残る花を・・・と。なかなか決めかね、エアープランツをいくつか~

                                                          マウスオン
<


帰路は、すっかり渋滞にはまって~こんな感じで・・・盛りだくさんのGWでした。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (67)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (67)
至福の時 (52)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (45)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (7)
フランス宮廷ブーケ (13)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。