topimage

2017-06

天地始粛(運がイイ) - 2015.08.28 Fri

『処暑』の中候:8月28日~9月2日頃 天地始粛(てんちはじめてさむし)

ようやく暑さが静まる頃。天気図には秋雨前線が登場し、冷たい空気とともに秋を運んできます~ね。
ここ数日は、お天気も悪いようです。夏バテに・・・注意・注意。

25IMG_1100.jpg
ペルー『ラ・ハシエンダ・パヒア・パラカス』のビーチにあった思い出のハンモック

8月8日は、日とも読み「の日」「の日」とも言え、また8を横にすると『∞(無限大)』とも
言うそうで、そんな末広がりな良き日に、友人のお嬢さんTko の結婚式がありました。

P1210231.jpg

娘とは8歳違いで・・・一人娘ゆえ「姉妹のように付き合って欲しい」~と3歳の頃から、
両親と一緒に我が家によく遊びに来ていて、折に触れTko の成長を見守ってきました。

お式には、親族扱いで招待され、家が近い・・・と言う事もあって
当日花嫁、両親もご一緒に式場まで我が家の車で連れ立つことになり、
朝7時に会場に着かねばならぬ~というのは海水浴シーズンでもあり、交通渋滞がちょっと心配でした。

P1210246.jpg

「Tko、夕べはお父さんとお母さんにお礼の言葉を言ったの?」と問いかけると
「それがね~、朝まで何も言わないから『Tko、何か言う事あるだろう!!』と言ったら
『お父さん、行ってきま~す』って、・゚・(*ノ∀≦)ノ彡ahahaha★ 」と、父親が返してきた。

あらあら~と思っていましたが、お式の準備のときの母親とのやり取りを垣間見て・・・
Tkoが反抗期の頃、途方に暮れていた母親に変わり相談相手になりましたが
あれから15年・・・素晴らしい大人になりました。

P1210255.jpg

海が見えるところで・・・と選んだ式場は、バリ島を彷彿させ、お料理もなかなか~でした。

P1210285.jpg P1210282.jpg

P1210287.jpg P1210291.jpg

P1210295.jpg P1210310.jpg
デザートは食べ放題。一気に食欲が戻ってしまいました。

お式も終盤になって・・・最後に新婦が読み上げた両親へのメッセージには
「Tkoは、人運がイイからね」と言う言霊を、常に投げかけられて育てられてきた・・・との内容。

「人運がイイ」という言霊が、背中を押して~頼り甲斐のある素敵な伴侶を見つけました~よ!!

P1210292.jpg

烏滸がましいですが・・・私も『貴女は、イイ星の下に生まれて来たわ~ね』と言われ続けてきました。
68歳になった今も・・・それを感じています。

P1210308.jpg

『科学がつきとめた「運のいい人」』の著者・中野信子さんは
「脳にも個性があり、“運がいい”とされる人達は、
科学的に説明がつく行動パターンや脳の使い方がある」・・・と言っています。

そもそも、人間の脳には、持って生まれた特徴があるそうです。

セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の量には個人差がありますが
更にそれらの分解の度合いによっても、脳の個性が異なってくる・・・のだそうです。
例えば・・・セロトニンの分泌量が多い人は安心感が強く、反対に少ない人は不安を感じやすい!!

「一般的に、運・不運は誰の身にも公平に起きていて
運のいい人は、単に恵まれているのではなく、運をキャッチするのがうまい!!
それと同時に、不運を防ぐような行動や考え方をしている」・・・というのです。
その第一条件が “自分を大事にしている” という点~だそうです。

それは、他人の意見に惑わされず、自分の価値観をしっかり持っている・・・
「幸せの物差し」を持っている~というのです。

人間の脳内には、快感を感じる報酬系という回路があり、
人助けなど社会的な行動も含め、自分が気持ちよい行動をとると活動して
常に「快」の状態を作り出せる人は、理想の自分と実際の自分が一致している人
つまり自分が好きな人・・・こういう人は余裕があるので人を惹きつけ、人から好かれる・・・というのです。

また、運がいいことを口に出して言うのも脳科学的に有効だそうです。

「心の中で『ラッキー』と思うよりも、実際に『運がいいぞ!』と口にしたほうが、多くの感覚器官が働き、
記憶が強化されやすくなります。声に出せば『自分は運がいい』と脳に定着しやすいのです」

逆に、自分を粗末にしている人は、絶対に運に恵まれないと断言する。
「自分にはできっこない」と決めつけている人、
意見が対立した時に無条件で必ず折れてしまう人などは要注意~なのだそうです。

         《脳科学的》〝運のいい人〟になる5つの方法


 ●自分を大切にする
  
  自分を大事にする姿は、他人に伝わる
  自分を大切にしている人には、ていねいに接してくれるもの。
  周囲の人間の影響は想像以上に大きいものだ。

 ●不安と向き合う
  
  できないことはできないと素直に認めて「できる!」と思い込もうとしないほうがよい。
  不安を書き出したり、信頼できる人に相談することが重要。
  あえて不安を露呈することで、実力が発揮できるようになる。

 ●運がいい人の真似をする

  なりたい人物の考え方に近づく
  成功している人や、こういう人になりたいというロールモデルがいたら、
  話し方や考え方、ファッションや持ち物まで、ありとあらゆることを真似してみるといい。
  やっていることを真似しているうちに、脳の回路も似てくる。

 ●毀誉褒貶(きよほうへん)に惑わされない

  運がいい・悪いは、自分で決めること
  「自分にとっての幸せは何か」というものさしがなく、
  世間の評判に流されて生きていると、いつまでたっても幸福感に満たされない。
  運がいい・悪いは「自分なりの幸せのものさし」次第。
  定義が決まれば、心は乱されない。

 ●常に夢を思い描く

  センサーを働かせて幸運の矢をキャッチ
  明確な夢がなければ、幸運の矢が目の前に来ても、キャッチできずに気づかずに見過ごしてしまう。
   
  夢をかなえる人、セレンディピティーを発揮できる人は、
  夢や目標がかなった状態をいつも頭のどこかで思い描いている。


            参考『科学がつきとめた「運のいい人」』 著者:中野信子 サンマーク出版



Tkoがくださったメッセージカードです。

P1210283.jpg

いつまでもTkoのロールモデルでいれるよう~私も切磋琢磨!!

そして「人運がイイからね~」という言霊に支えられたTkoの人生が、幾久しく・・・あれ~です。

運がイイね

運も実力のうち!! 『運がイイ』って・・・嬉しい~ね。

さて、ここにもう一人~運のイイ妹 Liz から・・・お知らせです。

現在スペインで開催中のカダケス国際ミニプリント展
「第35回カダケス国際ミニプリント展」で、大賞をいただきました。

54ヵ国683人の中から6名の大賞の一人として選ばれたんです。

入選作家による展覧会はスペイン2カ所とイギリス、フランスで開催です。
 
  *スペイン、Cadaques 2015年6月27日~9月30日 (TALLER GALERIA)
  *イギリス、Wingfield  2015年7月25日~8月30日 (Wingfield Barns)
  *フランス、Bages                 (Gallery"L'Etangd'Art)
  *スペイン、Pineda , Barcelona         (Fundacio Tharraats d'Art Grafic)

作品は、10cm×10cmのミニ版画です。

35cadakes_1.jpg  35cadakes_2.jpg
小鳥の夢                  遠くへ 

35_cadakes_3.jpg  35cadakes_4.jpg
午前0時のお話               One-man show 

「第35回カダケス国際ミニプリント展」Mini Print Internacional de Cadaqués, 2015

山宮律子のホームページインフォメーション参照

招待されて~来年の夏、スペインのCadaquesで1週間の個展を開催するそうで・・・
お祝いに再びのスペイン旅行かな!?



28(-2.2)32.5 庭の湯でアクアレッスン2セット。バリ式エステ。ご褒美にビール350ml!!
29(-1.8)32.5 昨日は、患者さんからケーキを・・・禁断の実を食べてしまいました。
30(-2.4)33.0 庭の湯でアクアレッスン2セット。夏休みも終わり~学生のカップルの多い事~!!
31(-1.8)32.5 ランチはK-stageで~ドーナツも食べちゃった・・・から。
1(-1.6)30.5  寝かせ玄米弁当持参で~調布入り
2(-1.0)31.0 香レッスン後、21時30分の夕食。不摂生の極みです。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

橘始黄(香り) - 2014.12.02 Tue

小雪の末候(六十候)12月2日~6日頃は、橘始黄(たちばな はじめて きばむ)
冬でも青々とした常緑樹の橘の実がだんだん黄色くなってくる頃です。
ヤマトタチバナの実

橘は、古くから日本に自生していて冬でも青々とした常緑樹で、万葉集にも登場する国内の柑橘系で
唯一の野生種。古事記や日本書紀にも、不老不死の実、非時香果(ときじくのかぐのみ)として登場
冬でも葉があおあおとして、まばゆい黄色の実を付けることから、枯れることを知らない永遠の象徴と
して古の人には映ったようです。
ヤマトタチバナの花2  橘は実さへ花さへその葉さへ 枝に霜降れどいや常葉の樹    聖武天皇

すれ違い様に感じた香りは、香水?リンス? などと知りたくなることがありますが
今の香水は、量産するために、ほとんどが化学的に合成した化学香料で出来ているそうです。

以前にもブログUPしたけど、香水で大好きなのは、JEAN PATOUの『JOY』と『1000(ミル)』です。
kP1180021.jpg

『JOY』の発売は、世界大恐慌(1929年)勃発の翌年の1930年。
世界大恐慌の嵐が吹き荒れる中、いいものを作れとジャン・パトウがアンリ・ アルメラスにたきつけ、
必死に試作品を作っても作ってもボツになり、やけくそになったアルメラスが「ここまで原価が高けりゃ、
パトゥもぎゃふんと参るだろう」と精油の使用量が臨界点を突破したのが『JOY』で、企画が通って
一番ビビったのは当のアルメラスだった・・・というのは有名な話だそうです。
kP1180053.jpg

ベースノートの合成ムスク以外は、すべて天然香料。
物凄い濃厚で、香水というより「花の汁」という体感で、フローラル系なのにいつまでもどこまでも
厚みのある香りが体から滲みだします。
ジャスミンを髄とし、イランイランが肉となり、ローズ・チュベローズ・ムスクが色を成す~
シンプルな構成ですが、どれもが主役級の花精油、しかもグラース産最高級品。
渾然一体と一塊の「華」として開花する、かなり生々しい香りなので、
体調によってジャスミンとイランイランのハーモニーが生臭く感じ、香り酔いを感じる事すらあるので
神経が立ち上がる100%ハレの香り。

オフタイムのリラックス用には向かない・・・これ本当です。

もう一つの『1000(ミル)』
kP1180054.jpg
10年の歳月をかけ、1000回もの試行錯誤を経て1972年に発売されたフローラルブーケの香り
希少な中国のオスマンサス(金木犀)とブルガリアのチェベローズ、グラース産のジャスミン、
インドのマイソール産のサンダルウッド(白檀)、スミレ、メイローズ(ローズ・センティフォリア)、
パチョリ、モス等の融合で上品で洗練された高級な世界の貴重な芳香を1000種類も使って作られたそうです。
ベルベットのような滑らかさとエレガントで官能的なこの香りは、世界一高価な香水として有名です。
翡翠のようなボトルも素敵でしょう!?


使用している化粧品会社から、日本では伊勢丹と表参道ヒルズのお店でしか手に入らない・・・という
12本のスペシャルなコレクションのうち6本をプレゼントされました。
kP1180009.jpg

このコレクションの中で、気になったのは、『NEW LOOK 1947』
クリスチャン・ディオールが発表したニューシルエット”ニュールック”に敬意を込めて作られた
官能的なインデアン チュベローズやサンバックジャスミンとウッディなバラで包み込んだ香り~
というのです。1947年発表の香り。私と共に歩んで来たような香りです。

一滴~♪(*b'v'd)フムフム~♪ ・・・やっぱり『1000』には敵わないねェ~。

『JOY』や『1000』以上の香りに出会いたいな~。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン

blo 1000 flowers ( 年の瀬に・・・ ) - 2011.12.30 Fri

年末恒例の「歓喜の歌」で知られるベートーベン作曲「交響曲第9番」の日本初演は、第一次世界大戦中の
1918年6月1日。第一次世界大戦中に中国の青島で日本軍の捕虜となり、徳島県板東町(現・鳴門市)の
板東俘虜収容所に収容されたドイツ兵たちによって、収容所長の松江豊寿大佐の人道的扱いによって演奏された
・・・このエピソードを知ったのは、2006年に映画化された「バルトの楽園」でした。

今年も列島に歓喜の歌が響く中、東日本大震災に見舞われた岩手県釜石市で、12月11日に行われた演奏会には、
津波に襲われながら、自ら危険を察知して避難し「釜石の奇跡」と呼ばれた子供たち(釜石東中学校の全校生徒)が、
私たちは震災にも負けず、笑顔で元気でがんばってるよ≫・・・と市民合唱団に交じって参加。
会場には生徒一人ひとりのメッセージも掲示され、生きている喜び、支援への感謝などの思いを託した歌声が
被災地を勇気づけた・・・という。                 
                                       2011年12月24日 読売新聞「よみうり寸評」より
今年は、3月11日に東日本大震災と言う未曾有の天災が、日本列島を震撼させました。
未だ、復旧、復興も儘ならず、被災地の方々は大変な思いをしている中、このような前向きな嬉しいニュースから
せめて今の自分の生活の中だけでも、他の人の為に動こう、働こう・・・と思っています。
wreath_2152.jpg

「秋深き 隣は何を する人ぞ」とは、芭蕉の句ですが、滅多にお会いする機会のない隣の奥様が、
息子さんの結婚祝いの引き出物のお菓子を持って、訪ねていらっしゃいました。
息子さんには、一度だけお会いして、山芋を頂戴したので、お礼に美味しいお米「米輝」をプレゼント。
こんな律義なご両親に育てられた息子さんご活躍を、いつまでも応援して行きたいと思います。
マウスオン
<


昨夜12時過ぎに、妹から電話がかかり、とっても悲しい別れを経験して悲嘆に暮れているのではないか・・・と
心中お察しするに余りある方の近況を知りました。「盛者必滅、会者定離」とは言え、悲し過ぎます。
神様、どうか彼女に御力をお与えください・・・と祈るばかりです。
P1170320.jpg

お歳暮を受け取った田舎の叔母から、お礼の電話が入り「若い声じゃん☆~(ゝ。∂) 」って
「元気があれば、何でもできる」って、だれの言葉だったかな。「捨て身でお笑いを取りに行く」と言われている
間抜けな私ですが、来年も、私らしくあるがままに生きれれば、いいか~(>_∂)-★☆ネ
            。,・~~・,。☆。,blog 1000 flowers,。☆。,・~~・,。


      wreath_2053.jpg

                 人の己を知らざるを患えず、

                 人を知らざることを患う



         




拍手は、こちらに、お願いいたします。

blogram投票ボタン



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。