topimage

2017-06

いつかは、こんな日が・・・ - 2017.04.16 Sun

いつかは、こんな日が来るだろうと思っていましたが・・・
3月20日に13歳になったばかりの愛犬『凜』が、4月5日・・・天国に旅立ちました。

P1210182.jpg

13年の間、「凛」から沢山の幸せと愛を頂きました。

娘が適齢期に、1人暮らしをするか、犬を飼うか・・・の選択の末に選んだのが「犬を飼う」!!
近くのペットショップで、GWならではのセールで選んだのがミニチュアダックスのブラックタン。
当時、TVドラマの「僕と彼女と彼女の生きる道」の娘役の美山加恋さんが演じた『凜ちゃん』が
可愛かったので・・・『凜』と名付けました。

255-60806.jpg

よくdog yearと言いますが、
犬は、生後1年で20歳になって、後の1年は、人間の4年に相当する~そうで
3月20日に13歳になった『凜』は、人間なら68歳に相当するのです。

不思議なことに、娘がheartを身ごもった頃 『凜』は沢山の人形を集めてお昼寝をしていました。
今思えば・・・メスの『凜』にも、きっと母性が芽生えていたのかもしれません。

12vcm_s_kf_representative_640x480.jpg

『凜』は、散歩で犬に出会っても犬には興味がなく、かと言って子供が近寄って来ると隠れてしまうほどですが

ht

heartには、優しく接して、とても仲良し。
『凜』の気持ちは、「私は、犬ではなく、heart君のお姉さん」位の気持ちだったんでしょう。

南部

13年間の写真を整理していたら、面白い『heartと凜』のやり取りを見つけました。

なんでも「ダダ(やだ)」という魔の2歳児のheartと『凜』の赤いボールの争奪戦です。

<<<<<<<


『凜』にとってボールは、『マイゴ』・・・・と言うのは、
飼われたばっかりの頃、よく『犬のお巡りさん』の歌を唄ってボールで遊んでいましたので
凜にとって『マイゴ=ボール』で、特別な意味のある道具。
エサを食べる前には、我々に『マイゴ』を持って来て、エサの所に投げるように要求しました。

P1170492.jpg

犬が人の顔や手をなめるのは、
「自分はあなたよりも下ですよ」という気持ちで、顔をなめたりするそうで
舐める位愛している・・・という『好き』の合図だそうです。

P1170548.jpg

heartの足をなめて・・・ボールをgetした『凜』は、
ボールを背にして、グリグリ~「嬉しい」「楽しい」がMAX状態の様を表しました。

P1170562.jpg

heartと凜の関係に嫉妬してか・・・「heroはね~、猫の方が好きなんだ!!」と言っていたhero。

P1110842.jpg

こんな可愛いheartと凜の思い出の写真です。


<<<<<


4月4日、散歩も嫌がり、大好きなジャーキーも、食べようとせず・・・

13年の間、ちょっと様子がおかしいな?~と思っていても、翌日には元気を取り戻していたので・・・
我々は、「凜」の病いを甘く見ていました。
過呼吸と嘔吐を繰り返し・・・4月5日の朝、息を引き取りました。

P1170576.jpg

ミニチュアダックスの平均寿命は10~13年とか?

P1160710.jpg

でも、「凛」だけは・・・もっともっと頑張れると思いました。

P1210976.jpg

凜の13歳の誕生日には、奇しくも山梨で一緒に過ごすことが出来ました。

P1270610.jpg

4月5日荼毘に付した凜の遺骨は、山梨の家の庭に埋葬することにしました。
『凜』は、きっと山梨の家を見守ってくれるでしょう。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン




スポンサーサイト

蟄虫坏戸(命のバトン) - 2014.09.28 Sun

秋分の中候(四十七候)の9月28日~10月2日頃は、 蟄虫坏戸(ちっちゅう こを はいす)
虫が土中に掘った穴をふさぐ
26IMG_2399.jpg

母が亡くなって13年目。1月21日が命日ですので、今年は13回忌。
本来は、1月21日前に行う・・・のが仕来りのようですが、夫々忙しい身です。
そのうち~そのうち~で秋のお彼岸に久しぶりに兄弟そろって母を偲びました。
26IMG_2417.jpg

「お姉さん大変でしょう?」と妹が言ってくれましたが、我が家でゆっくり~美味しいお酒と夫々が
思い出の料理を持ち寄って母を偲ぶのが一番の法要・・・と考えました。
26P1160019.jpg

「お母さんの思い出の料理と言えば、漬物とコロッケだけど、私は作れないから主人が作りました」とは、
今、個展会期中で忙しいLiz。イタリアンシェフを目指して料理留学をした夫君の『蛸のトマトソース煮』
柔らかい蛸と美味しいソース(残ったソースでスパゲッティーもアリですね)流石本場修行は違います。
26P1160022.jpg

丹精込めていつも綺麗な草花に囲まれて過ごしているりこぴんは、『筑前煮』
忙しさに感けて荒れた我が家の庭を彼女に見せるのは、忍びないけど・・・仕方がない~ね。
26P1160023.jpg

我が家ならではの手料理で母を偲ぶと言えば、「焼きナス」「小松菜の煮びたし」「トリモツの甘辛煮」
26P1160016.jpg
「小松菜の煮びたし」「トリモツの甘辛煮」は、用意したのに出し忘れました。

そして、思い出料理ではありませんが、この夏マイブームだった「ゴーヤとツナのサラダ」
26P1160018.jpg

先日作ったイクラの醤油をお豆腐の上にかけ紫蘇昆布の佃煮をチョコンの載せて・・・
サプライズな演出が出来ました。
25P1160017.jpg

このメニューのヒントになったのはランチで食した「鉄釜仕立て 白光豆腐にマチェドニアを添えて」
ウエイトレスが「みのすけの白光豆腐に・・・」というのですが、『みのすけの豆腐』???
26DSC_0188.jpg

マチェドニアとは、いろいろな果物から構成されたフルーツポンチの様なデザートのこと。
名称の由来は色々な果物が入っている様を色々な民族が住むマケドニアになぞらえたものだそうですが、
色々な果物を取り混ぜたデザートをマチェドニアと呼ぶようになった時期が18世紀末であるため、
実際はアレクサンドロス大王のマケドニア王国の方を指しているそうで、スペイン語圏では「マセドニア」、
フランス料理では「マセドワーヌ」と呼ばれているらしい。
フランスのマセドワーヌはいろいろな野菜から作られることもあり、冷菜または温菜として供されます(wiki)

向付の一品に。マチェドニアの替わりに・・・(。'-')(。,_,)ウンウン 「いくらの醤油漬け」にしよう!!
「みのすけ豆腐。みのすけ豆腐」と捜し歩いていたら・・・ありました。
私の知っている『三之助』が『みのすけ』でした。
いろいろ食べ比べしていたら「白光豆腐」よりずっしりと大豆の甘みを感じさせきめ細やかで、
とろけるような舌ざわり、そしてこくのある「只管豆腐」に行き付きました。
只管(ひたすら)とは、その一事のみに心を向けることで、いちずに、ひとすじに・・・との意味。
己の天職である豆腐作りに、ひたすら作務(仕事)に打ち込み、よき味をよき人のもとに、
お届けできることを願い、この心を豆腐に込めて「只管豆腐」と名づけた・・・とのこと。
26P1160017.jpg

メインは、以前に業者様から頂いて美味しかったお弁当。
こんな折には是非・・・と気になっていた神田明神下「新開化」の『鯛の黒酢寿し』をお取り寄せしました。
26P1160021.jpg

「バーバ、栗って栄養があるんだよ~ね。」
heartの拾って来た栗を茹でて「どうぞ召し上がれ」
それぞれのお皿に置かれた茹で栗は子供の頃の懐かしい秋の運動会を思い出させてくれました。
26P1160020.jpg

お飲み物は、ビールに始まってスパークリングワイン、料理の内容からは日本酒かな!?
いまや日本を代表するお酒・・・獺(かわうそ)に祭と書く『獺祭(だっさい)』と『越乃四季』
一風変わった名前の『獺祭』は、日本酒ファンの間でかなり話題になっている山口県の地酒です。
カワウソは捕らえた魚を岸に並べる習性があり、その姿はお祭りをしているように見えるとか・・。
詩や文をつくる際、多くの参考資料等を広げちらす様子と共通することから、
「獺祭」とは書物や資料などを散らかしている様子を意味するそうです。
学者、正岡子規は自らを獺祭書屋主人と号しており、日本文学に革命をもたらした正岡子規のように、
変革と革新の中からより優れた酒を創り出そうという志と、地元の地名「獺越」にも「カワウソ」の文字が
あることから「獺祭」という酒名が付けられたそうです。
26IMG_2432.jpg

heartは、川があってプールや温泉も近くにある南部の家が大好き!!
「皆さん、南部の家にも遊びに来てください」と私が伝えると・・・・すかさず「僕が、案内します」って~
外孫だけど・・・頼もしいな。
26P1160027.jpg

久しぶりに、相田みつをの「自分の番 いのちのバトン」を思い出しました。
いのちのバトン

妹の個展も、あと2日で終わりです。

K.ITOYA B1 山宮律子 銅版画展「ふしぎな樹」 9月1日(月)~30日(火)
花と人をテーマにし、鮮やかな色彩を施したちょっとユーモアのある作品ですので、
日ごろの疲れをきっと癒してくれることでしょう。
 不思議1 不思議2
(銀座伊東屋さんの建て替えに伴い、フレームコーナーは大通りから1本裏に入った「K.ITOUYA」の建物のB1に移動しました。新しいショップはシックでアダルトな雰囲気に変身してます)
展示では「色鮮やかな花」と「キュートな人物」たちが並び、恒例のミニ版画も沢山展示販売が
あるようです。 あと2日ですが、銀座にお越しの際は是非見てやってください。


ブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

blogram投票ボタン


さよならだけが人生だ - 2012.04.15 Sun

「ミヤキョウが、亡くなったんですって」と、息子の友達のお母さんからの電話です。
「1月2日の朝、好きだった箱根駅伝をテレビで見ながら眠ってしまわれ、そのまま・・・脳出血だったそうよ」
「何歳なの?そう言えば、『3部1年の担任のミヤザワです。年齢は、31歳。来年は、3部2年で僕は、32歳。
再来年は、3部3年で、33歳。3年間、このクラスを受け持ちます』と、言ってたね。
あれから30年経っているから、61歳。私達より若いのに、残念ねェ」と息子の小学校入学式の日を思い出した。
ミヤキョウとは、息子の小学校1年から3年までの担任だった先生なんです。

我々の年齢になると、『いかに生きるか、いかに最期を迎えるか』がテーマのようなもの。
沢山のお薬を頂くのも、「苦しまないで黄泉の国に行きたいからよ」という患者さんが殆ど。
「大好きな番組を見て、そのままなんて、幸せな人よね」と・・・思い出話に浸った。

そう言えば、3人のお子さんの名前は、大陸、唯一、有為、夫々ユニークな名前だけど、彼らしい命名。
専門科目が『道徳』なのに、いつもお酒の臭いをプンプンさせて、小学校だからいいけど自習が多かった。
なのに、子供たちには、慕われていて、『飴と鞭』の使い分けは、天下一品。
モンペ(モンスターペアレンツ)の意見なんて、一蹴できる哲学を持っていて
息子は、ミヤ教の一員として、すっかりマインドコントロールされ、良いにつけ悪いにつけ、3年間影響を受けた。
息子達が、中学に入学する頃、ミヤキョウは、大手の予備校に移られ塾長として活躍されていたようです。
<<<<<


亡くなってから、3ヶ月も経過しているし、息子たちが何かを行動するなら兎も角・・・
しかし、熱狂的なミヤキョウファンが、あの頃を懐かしんで集まる・・・それも供養の形かな。

『ずっと飲んだくれで。
       なぐるからこわいし 車の中までタバコくさくて、酒くさくていやだった。
             でも、ふと気付いたら 教師を目指してて
                   いま考えると 親父の背中を見てたのかなあ。』
                                       ・・・・・大陸君のブログより引用。


取り敢えずの供養に、「アエラウィズキッズ」「読むパズル」と「100の思考する習慣」を購入。
tororo6.jpg

のっけからお手上げです。クロスワードは、同僚よりちょっと早いのに、四角い頭になりかかっている。
いや、もうなっているのだろうか?鍛え直そう
         quiz.jpg

             。,・~~・,。☆。,勧酒  干武陵,。☆。,・~~・,。


      DSC_0014_473.jpg


                     勧 君 金 屈 巵

                   満 酌 不 須 辞

                   花 発 多 風 雨

                   人 生 足 別 離



         


≪クイズの答≫
1本は、両方の端に、もう1本は片方の端に、同時に火をつける。そして両端に火をつけた線香が燃え尽きたときに
もう1本の線香の、火をつけていない方に火をつければよい。

考える楽しさを感じる『読むパズル』 左脳トレーニングに、お薦めです。

blogram投票ボタン


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

ランキングに参加しています

クリック頂けると嬉しいです。

blogram投票ボタン

最新コメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (66)
Fleur Creatif Deco (16)
フラワーアレンジメント (64)
至福の時 (47)
monalisa亭(医食同源) (79)
Monalisa's Selection(外食) (5)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (7)
芸術に触れる (44)
Wonderful Japan (13)
東京ウォーク (7)
heart-heroと一緒 (71)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (17)
ダイエット (5)
調剤室より (6)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (0)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (6)
フランス宮廷ブーケ (9)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。