FC2ブログ
topimage

2018-12

絵心を持って・・・ - 2018.12.12 Wed

早朝の事ですが、出社前にスターバックスに寄ってみました。
2F席が結構満席で、本を読んでいる人もいれば、PCに向かっている人もいて
これが、都会の朝なんだ・・・と思いました。

DSC_0025.jpg

スタバの壁には、オーストラリアの先住民アボリジニによる特徴的なアートが掲げられていて
昨年のオーストラリア旅行でのあれこれを思い出し・・・1日の始まりのやる気に拍車がかかりました。

DSC_0027.jpg


さて、12月4日~16日まで、、フォトグループの写真展が行われています。
仕事のない日は、この写真展の当番・・・で、まさに師走でござる!!

連日、写真や絵を趣味にしている人や、メンバーの友人、買い物がてらの人が、立ち寄ってくださり、
さらっと見ていく人もいれば、含蓄を述べる人、海外の写真だと旅行での思い出話をしていかれる人~様々


「オーロラは、温度管理が大変で、撮るのが難しいよね。良く撮れたなァ!!」と感心されていると
「この方は、オーロラを追っかけて、8回ほど撮りに行ったんですよ」など裏話も聞ける

風景は、忍耐の連続なのでしょう。

P1340945.jpg

「この写真なんていいね。エジンバラか!?少し高い所から撮ったんだね?」

「動きがあって、少年僧の戯れていいるのもイイね!!ミヤンマーだと宗教は、何になるんだ?」
「ミヤンマーは、佛教ですが、日本が『大乗佛教』であるのに対して、こちらは『小乗仏教』で
戒律が厳しいんです」・・・など、話が弾むが、さて小乗仏教って何だったかしら?

P1340944.jpg

インドで最初、お釈迦さまによって説かれた仏教の教えは、日本に伝来する過程で、
シルクロードを通り、中国では漢訳され、またその時々により様々な解釈が付け加えられ、
何百年とかけ変化してきました。日本の仏教には、様々な宗派がありますが、全ての宗派とも、
広義の意味で「大乗仏教」と分類され、出家しない一般庶民の救いに焦点が当てられています。
一方、「上座部仏教(小乗仏教)」は、出家者への教えであり、厳しい教えを忠実に守っています。
出家し僧侶となると、10の戒(殺生、偸盗、淫行、妄語、飲酒、午後の食事、歌舞観聴、香油塗身、
高く広い寝台に寝る、金銀の受領)、そして227の律を守らなければなりません。
戒律が厳しく、ほとんど全てのものを放棄しなければなりません。
それ故、ミャンマーでは僧侶は格別に尊敬の念をもって見られる存在となっています。
いま現在、お釈迦さまが説いた教えを最も忠実に厳守しているのは、ミャンマーだと言われています。
(参考;ミヤンマー宗教・ミヤンマー不動産)

P1340931.jpg

30歳から80歳後半まで、50年の開きがあるメンバーです。
風景、人物、動物、自然、祭り、日常生活など撮る内容もそれぞれなので、面白い・・・との評価。

いずれ電線は、地中に埋められるだろうから、電線が写っている写真は、時代背景を表し貴重だ!!~と。
また、滅多に見られない伊勢神宮のお田植祭りも、写真を通して知ることができ
いまや七輪などで料理をしている姿も、家の造りと一緒に年代物です。

P1340968.jpg

カンムリバトは、目が生きている!!~と絶賛。
掛川花鳥園に、カンムリバトを撮るだけの目的で出かけた・・・と苦労話も伺える。

P1340964.jpg

「これは、海外だから見られる光景ですよね!!白黒は、いろいろイメージが膨らんでいいですよね」
「あらあら、息子を出しちゃって!!」とお爺ちゃんに驚かれた写真は・・・

P1340951.jpg

はい、私の写真です。
左は、南イタリアに行く途中、トランジェットで半日ほど時間があったので、トルコのイスタンブール観光で
イスラムのラマダン(断食)を終える信者待ちの『パン売りの伯父さん』と
右は、シチリアのアグリジェントの『神殿の谷』で遺跡巡りをした折に、
出会った2011年ポーランドの作家により寄贈されたギリシャ神話の『イカロス像』
ギリシャを飛び立ち、翼が折れて落下した場面をイメージして作られた像です。

P1340966.jpg

2枚とも偶然 斜めな画像で・・・笑えるそうです 。

「今日は、いい写真をいっぱい見せてもらいましてありがとうございました。
私も、写真を撮りますが、今まで山の写真が多かった。
でも、80を超えると、山にはもう行けなくなって、じゃあ風景・・・といってもなかなか身近の風景には
飽き足りて、イイものが撮れない。写真展に行くのも好きだけど
何だこんなものか!!~と思う事が多いと、時間をかけて出かけたのがもったいなく思う。
でも、今日は、いい写真をいっぱい見せていただき、幸せな気分で帰れます。ありがとうございます。」と
ある方に言われました。こんな評価は、こちらの気持ちまで幸せにしてもらえます。


孫の書いた絵を見て、感動!!
「何を書いたの?」と聞くと、
サバイバル生活を楽しんだり、自由にブロックを配置し建築等を楽しむことができるPCゲームの
『マインクラフト』の様子だそうで・・・なんだか、ミロの絵の様です。

DSC_0023.jpg

大人になると、想像力も衰え、絵心も失せていく。

絵心がある・・・とは、なんぞや!?

言いたいことが、相手に伝えられる力・・・『画力があること』らしい
伝わる絵!! それは『絵と見る人の頭の中のイメージが一致すること』らしい。


写真は、一番お金のかかる趣味だそうで・・・困ったな!!~とも感じていますが
いい刺激を与えてくれる仲間に出会えて、写真を通じて、いろんな知識が膨らんでいきます。

相手に伝わる写真~頑張らねば・・・の今日この頃です。



スポンサーサイト

年寄り笑うな・・・ - 2018.12.07 Fri

毎日仕事と家事に追われ、書くことがない!!~と思い悩んでいたら
ダライラマのこんな言葉に行き付きました。

「あなたを傷つける人に出会ったら、
忍耐や寛容を覚えるチャンスだと思いなさい。」

20171119-P1310754.jpg

傷つけられたわけではありませんが、しばしばある出来事で、困ったことです。

先日の事ですが、85歳のおばあちゃまに、お薬の説明をして、確かにお渡ししたのに
1時間後に、「1種類、薬が足りない」と電話がありました。

そこの店舗では、、ピッキングをする人(薬を用意する人)と投薬をする人(薬を出す人)・・・と
2人作業で、確認しながら行っているので、有り得ないこと。

「確かにお渡ししているので、もう一度部屋を探してみてください」・・・とお答えしたんですが
やはり、もらっていない・・・と~。

20171119-P1310775.jpg

「お薬をお渡しする時、患者様にも確認していただきましたよね!?」と話しましたら
「年寄りだから、その場では返事をしても、家に帰って来てじっくり見ないと分からない」・・・と
老人力を発揮して頑張られます。

最後に注いで出てきた言葉は・・・「コレステロールを下げる薬なんて、飲まなくてもいいわよね!!」~と

20171119-P1310790.jpg

老人力』とは・・・
物忘れ、繰り言、ため息等従来、ぼけ、ヨイヨイ、耄碌として忌避されていた現象に潜むとされる未知の力。

20171119-P1310814.jpg


老人力 老人力は、赤瀬川原平が1997年に提唱した概念で、
 「物忘れが激しくなった」など老化による衰えという
 マイナス思考を「老人力がついてきた」という
 プラス思考へ転換する逆転の発想であり
 ふつうは歳をとったとか、モーロクしたとか、
 あいつもだいぶボケたとかいいますが、
 そういう言葉の代りに、
 「あいつもかなり老人力がついてきたな」
 というふうにいうと・・・・
 歳をとることに積極性が出てきてなかなかいい~と
 赤瀬川氏は、言っているそうで
 『老人力』とは
 ぼけ、ヨイヨイ、耄碌の婉曲表現である(wikiより)


当社は、在庫管理がしっかりできるシステムになっているので、余っている薬もありませんので
上司にどうしたらいいか伺いましたら、「家まで行って探してこい!!」とのこと。

序でがあったので、車で10分ぐらいかけて家に伺ったら、生憎、留守なんです。

最悪!!

20171119-P1310873.jpg

1時間後に再訪問することにして、仕事場に戻りましたら、数分後
患者さんが、バスに乗って、薬の入ったビニール袋を持って、お店にやってきました。

行き違いでした。

ちょっと怒り勾配で・・・お店の中での雰囲気は最悪です。

皆さんが薬の管理をどのようにしているか!?
こんな時、新しい発見をする事があります。

この患者さんは、薬を飲みやすいように全部1個ずつ切り離して袋の中に入れ直すようです。

夕食後の袋の中に、まだカットされていない薬のシートが40錠。
輪ゴムにくくられたまま入っていました。
「あら!?ここに入っているじゃあないですか!!」と言うと
患者様も、「あら!?まあ!?年寄りってこうだから困るわ!!」って・・・それこっちの言葉!!

20171119-P1310845.jpg

「本当に、あってよかったです。
気を付けてお帰りください」と・・・私も安堵です。

20171119-P1310811.jpg

浄土教の篤信者のこんな言葉知っていますか?

子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの、
来た道行く道二人旅、これから通る今日の道、通り直しのできぬ道

私も、いずれ年寄り(いやもうなっています)の仲間入り。

20171119-P1310879.jpg

イイ張って、間違っているのに自説を曲げない人がいます。
以前は、そんな人には立ち向かっていった私です。
社会に出て、いろんな人に出会っていると、10人10色。
私には、どうにも理解できない出来事に出くわします。

「あなたを傷つける人に出会ったら、
忍耐や寛容を覚えるチャンスだと思いなさい。」

<
これは、白黒の方が面白い・・・と言われたのでスライドショウです。マウスオンしてみてください

日替わりで足りない人事の補充に当てがわれ
若い方に交わって・・・ババ活しています。

『忍耐と寛容』

ハイ!!最近すっかり人間が出来てきている自分を感じます。


写真は、埼玉県新座市平林寺の昨年の11月19日の紅葉の撮影会での写真です。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (70)
Fleur Creatif Deco (17)
フラワーアレンジメント (70)
至福の時 (54)
monalisa亭(医食同源) (88)
Monalisa's Selection(外食) (6)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (8)
芸術に触れる (46)
Wonderful Japan (15)
東京ウォーク (9)
heart-heroと一緒 (73)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (7)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (1)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (9)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)
オーストラリア旅行 (7)
鎌倉散歩 (10)
チベット・エベレストの旅 (13)

月別アーカイブ

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。