FC2ブログ
topimage

2019-02

白銀の世界 - 2019.02.19 Tue

立春とは、名ばかり。
18日以降は、徐々に温かくなるようですが
9日と15日は降雪の天気予報で・・・東京でも薄っすらと降り積もりました。

P1350306.jpg

「ジージ・バーバ、いらっしゃい。今夜は、泊っていけるんでしょう!? やった!!」って
孫たちが喜んでくれます。

新年会でのお約束通り・・・2月の連休は、孫たちと蓼科にスキー旅行です。
運動が苦手な私は、カメラ担いで雪景色と孫たちの成長の記録が目的で、連れてってもらいます。

「ねえねえバーバ、いい?」って、手を合わせて何をせがんでいるかと思えば・・・狙いは私のスマホ
ゲーマーの私だから気持ちは分かりますが、mama(娘)は、「時間の無駄使い」って叱ります。

孫たちが夢中なゲームは「マインクラフト」とか「ヒカキン」とか・・・私にはチンプンカンプンです。
孫にスマホを渡したら、「青鬼」というアプリをインストールされちゃいました。

『青鬼』とは・・・
洋館に閉じ込められた主人公を操作し、各所に仕掛けられた謎や仕掛けを解きながら、洋館からの
脱出を目指すゲームで、青鬼は様々な場所で突如現れ、主人公を執拗に追跡してくる。
この青鬼に触れると直ちにゲームオーバーになってしまうため、迫り来る青鬼をうまくかわすか、
または身を隠してやり過ごしつつ、謎解きをしなければならない~という。ゲームです。

P1350309.jpg
車の中では、酔っちゃうよ・・・と思いますが、気持ちが優先して大丈夫なんです~ねェ、不思議に!?

前夜は、heart-papa の手料理の数々と私の例の「ひじきサラダ」などで、お酒もすすみ
我々の今後はどうなるか・・・などに話題も広がって、大いに盛り上がりました。
そうそう、私直伝の紅茶豚を、heart-mamaが作っていて孫達の手が伸びていたのは嬉しかったです。

朝食は、リニューアルした「談合坂」で~。
値段表示や客筋を眺めると・・・・ここは何処!?と言う感じ。
そう言えば、5日から中国は春節で前後1週間ぐらいは、日本への観光客が多いようですね。
日元って、円の事なんですね!?
私は、いつものように、スタバのキャラメルマキアートのベンティ(ドデカ)サイズとマカデミアクッキー
『これ、日野原スタイル』と勝手に名付けていますが、コーヒーを渡される時に店員さんが
「飲みきれますか?」って聞くので、「チビチビやります」と笑顔で答えました。

P1350310.jpg P1350311.jpg

heart-papaの計画では、1日目と2日目はゲレンデを変える・・・というのですが
1日目は、スノボーができるPILATUS蓼科スノーリゾート

標高が高いので、凄く寒いですが雪質は最高。駐車スペースは、600台。
蓼科アミューズメント水族館や蓼科高原美術館 矢崎虎夫(茅野出身)記念館もあります。

papaとmamaは、スノボー。ジージとheartは、スキー。
私は、カメラを引っ提げて、heroと雪遊びとソリ・・・3グループに分かれて楽しみました。

このゲレンデは、ソリ専用エリアとスキー・スノーボードエリアで分かれているので、
安心してheroがソリ遊びを楽しめます。

IMGP9893.jpg

1時間も遊ばないうちに「なんか食べたい。お腹がすいた」とソリ遊びに気乗りがしない様子。
ナポリタンやフライドポテトを用意して、さあ食べましょう・・・というその時に寝てしまいました。
みんながランチに戻ってきて、揺り動かしても目が覚めず椅子の上で1時間以上寝ていました。

ランチ後、heroはニーニheartと一緒にソリ遊び

IMGP9822.jpg

一人で遊んでいる時とは違って、ニーニが教えてくれるので、少し元気が出てきたようです。

IMGP9835.jpg

宿泊は、女神湖に隣接している「ホテルアンビエント蓼科」
バイキングスタイルの夕食は、あれもこれも・・・とつい多く取りすぎてしまい、苦手です。

P1350314.jpg

温泉風呂は、部屋に近くて、快適でした。
朝風呂に入って部屋に戻ると、女神湖に隣接した窓から見えたのは・・・
冬の蓼科ならではの新しい楽しみ・・・という「女神湖氷上ドライブ」の様子です。
安全運転講習をはじめ、自身の愛車の挙動確認など、貴重な湖上走行を体験できる~とのこと。
全国の車愛好家はもちろん、開発テストや地元警察・企業の安全運転講習などに利用され
1日30~40万円の費用でできる・・・というのですが~

IMGP9850.jpg

2日目は、papaは、日本百名山を目指している・・・と言う事で、ゴンドラで中腹まで行って
それから蓼科山の頂上まで、登ろう・・・という当初の計画通り。

heroとheartは、スキー学校に、ジージとmamaは、スキーを一緒に楽しみ
私は、休憩室で最近興味を持ちだした漢方のお勉強です。

heroは、用心深い子でプールも怖がって初めは嫌がっていましたが、今はプール遊びも大好きに!!
2時間のレッスンでどう変わるか・・・楽しみです。

終わり時間が近づいたので、お迎えに行ったら、先生に誘導されてゲレンデを滑ってきました。

IMGP9917.jpg

先生の「ちょっと腰に力が入っていませんね。あと、半日やると随分違うんですが
午後は、レッスン受けないんですよね!?」と・・・残念がっていましたが
heroは、「足が痛い。靴を脱ぎたい」と訴えていました。
mama達が戻って4人でリフトに乗って一緒に滑ろう・・・と言う事になって、
heroも元気を取り戻して、2回ほど挑戦しました。

IMGP9923.jpg

なんとかなるもんですね。

山から下りて来たpapaも我が子の成長を喜んで、出迎えています。

IMGP9946.jpg

heartは、上手だと褒められ、みんなの手本にされたそうで・・・オリンピックの選手になれば!!~なんて
煽てられた様です。子供は、素直に受け止め嬉しそう!!・・・こういう言葉がやる気を起こすんですね。

P1350318.jpg

2日目の白樺高原国際スキー場は、スノボー禁止とあって、安心して滑れるようです。

スクールで少し滑れるようになったマーちゃんもリフトに乗って初心者コースを4人で滑りご満悦。
「ジージ・バーバ、最高だったよ!!」なんて洒落たこと言ってくれました。

リフトの上から見た女神湖など景色が素晴らしいから、リフトに乗って上まで行って
リフトで降りてくれば・・・とジージは言いますが、来年は、挑戦しようかな!?



スポンサーサイト

バレンタインデー - 2019.02.14 Thu

ラジオは、TVと違って・・・音声は流れるけど映像は映らない~という仕組みの違いで
想像力を掻き立て、脳活には持って来い!!なメディアだと思っています。

主に聞くのは、通勤時のカーラジオですが、
「バレンタインを控えて 『第4』のチョコレートに注目」!!というのです。

第1も、2も3も知らないので、新し物好きな私としては・・・気になりますし、興味がわきます。

glico_chocolate.jpg

第1のチョコが「ブラックチョコレート」で、第2が「ミルクチョコレート」、第3が「ホワイトチョコレート」

ブラックチョコレートやビターチョコレートは、砂糖や粉乳の配合量が少ないため、苦味が強い。
砂糖や粉乳がほとんど含まれないか、もしくは全く含まないカカオ100%のものもあり、
その健康効果も注目を集めている。
ミルクチョコレートは粉乳が配合されたチョコレートで、一般的にはクリーミーで舌触りがなめらか、
濃厚な甘みがあり、スイーツとしてのチョコレートのイメージに近いものである。
ホワイトチョコレートは、砂糖、ココアバター、乳固形分で作られ、カカオマスを含まないため、
乳白色の外見をしている。カカオマスの成分である「カカオポリフェノール」や「テオブロミン」は
含まれていないため、チョコレートに期待されている薬効はホワイトチョコレートにはないそうです。

そして・・・“第4のチョコ”として話題になっているのが、ルビーチョコレート」

ネスレ日本は2018年1月19日にルビーチョコレートをウエハースの上にコーティングした
「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」を発売し、注目を浴びている・・・という。
ネスレ日本がバリー・カレボーとルビーチョコレートの6カ月間の独占販売契約を締結して
バレンタインデーに向けて世界で初めて商品化したものだそうですが、

ルビーチョコレートは南米エクアドルやブラジル、西アフリカのコートジボワールなどで栽培された
「ルビーカカオ」と呼ばれている豆から作られたもので、着色はしていないそうです。

03ルビーチョコ

実は以前から“第4のチョコレート”と呼ばれるチョコレートがもう一つある・・・というんです。

フランスでチョコレートの製造、販売を行うヴァローナが開発した「ブロンドチョコレート」。
ミルクチョコレートとホワイトチョコレートの中間のようなブロンド(金)色で、
ビスケットやキャラメルの香ばしい風味を感じさせるチョコレート。
チョコレート職人がホワイトチョコレートを加工していた際に、溶かしたチョコを高温の状態で
放置していたところ、ホワイトチョコレートはブロンド色に変色してたという。
このチョコレートは食べてみるとキャラメルのような香ばしい味がし、とてもおいしかったことから、
その後数年かけて新しいチョコとして開発し、バターを加えて製品化につながったということです。

KIMG0048b-e1456747658652.jpg

抹茶を混ぜれば、抹茶チョコ。
第5も6も7ありだ・・・・と思うけど
くんだりのラジオ情報だと、ある会社では「義理チョコ、禁止令が出たそうです」
「ホワイトデーが大変だから」~という社会事情のようですが、
最近は、自分ご褒美に買われる人もいる・・・ということで、初物好きの私は
早速、仕事帰りに、「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」を買ってみました。

P1350286.jpg

これに先立ち「宮廷ブーケ」の片山真美子先生の「マダム流花のある暮らし」では、
バラのブリザーブドフラワー・パリで購入したリボン・ハートのオーナメントを使って、
バレンタインのためのリースを作りました

P1350216.jpg

なんだか『ルビー色』に染まったページになりましたね(笑

【追記】
  ルビーチョコ検索したらアマゾンでも手にはいる様でしたが、ブログUPに間に合わなかったようなので
  デパートで、とりあえず『kitkut』のものを購入しました。
  本日(15日)アマゾンから、バリー・カレボー社のルビーチョコが届きましたので
  このコーナーにのせます。

DSC_0076.jpg
右のカレボー社のルビーチョコは、業務用。ピンクのチョコチップが1.5kg入りです。

  今日は、友人が自家製のトリフチョコと凄いネーミングのパンを送ってくれました
  私には、手作りチョコの力量がないので・・・感謝感謝です。
  また、同封されたインパクトあり過ぎの「考えた人すごいわ」の魂仕込(こんじこみ)のパンは
  一人2本のみお持ち帰りのようで、なんでもご主人が並んで買ってきてくださったそうです。
  有難いです。

DSCPDC_0000_BURST20190215093517120.jpg
彼女は、毎年バローナのクーベルチュール『マンジャリ』でトリュフを作られるそうです(ワ~ォ)

因みに、亭主は Diabetes・・・につき、我が家ではチョコではないもので~気持ちを込めて(笑  


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

カテゴリ

未分類 (1)
LOHASな生活 (72)
Fleur Creatif Deco (17)
フラワーアレンジメント (72)
至福の時 (56)
monalisa亭(医食同源) (92)
Monalisa's Selection(外食) (6)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (57)
レクイエム (8)
芸術に触れる (47)
Wonderful Japan (15)
東京ウォーク (10)
heart-heroと一緒 (74)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (7)
週末は、山梨にいます (18)
ダイエット (5)
調剤室より (7)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (1)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (9)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)
オーストラリア旅行 (7)
鎌倉散歩 (10)
チベット・エベレストの旅 (13)
ストックレシピ (1)

月別アーカイブ

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。