FC2ブログ
topimage

2021-07

カサブランカ 2021年 - 2021.07.20 Tue

関東では、梅雨が7月16日に明けました。しかし、豪雨で自然災害の報道が多く、九州はもとより
熱海の土砂崩れは酷すぎ!!自然の力の恐ろしさを痛感しました。
亡くなられた方々に心から哀悼の意を表しますとともに、
被災された皆様ならびにそのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます

7IMGP1959.jpg

梅雨が明けて。庭に出てみるとカサブランカが咲き始めていました。
このカサブランカは、2018年に植えたもので年々花数が少なくなっていく・・・と思っていましたが、
一枝の花数は減っても、分球して一輪しか咲かない枝も増えているのです。
お花屋さんでは、1本1500円で売られているのを見ると、嬉しい限りです。

カサブランカの植え替えは9〜11月の葉が黄色く枯れ始めた頃に行い
用土を新しいものにしたり、植える場所を変えるようにすると・・・いいらしい。
一度植えたら、3年は楽しめる・・・というので、来年は植え替えを心掛けようと思っています。

庭のアナベルと道端に咲いているヨウシュヤマゴボウと一緒にアレンジメントしてみました。

ところで、このヨウシュヤマゴボウは、道端の野草なので、勝手に切ってもいいと思うんですが
なんとなく人の目が気になって、気が引けるものです。

「花泥棒に罪はなし」という言葉があるのを母から教えてもらったことがあります。

出典は???・・・狂言「花盗人」からだそうです。

桜の枝を折って捕まった僧が、桜の木に縛り付けられたまま
「この春は花のもとにて縄つきぬ烏帽子桜と人や見るらん」という歌を詠んだそうです。
その歌に感動した花見の衆が、罪を許して花見の宴に加えたことから、
花盗人は罪にはならないと言われるようになったようです。
   出典;「教えて!goo」より

そんな昔から!?

ヨウシュヤマゴボウは、野の花だから・・・いいかしら!?

今度は、「やはり野に置けレンゲソウ」という言葉が、頭をよぎりました。

これは・・・播磨(現兵庫県)の俳人 瀧瓢水が

蓮華草は野に咲くから美しく見えるのであって、それを摘んできて家の中に飾っても
調和せず美しく見えないことから、播磨の俳人滝野瓢水が遊女を見受けにしようとした友人をいさめて
詠んだ句で・・・その心は~

自然の中で咲く蓮華草が美しいのと同じように遊女は色町にいてこそ美しく見えるという意味。
「此の里に 来たらざるこそ 粋なるべし」といいし花魁の発句に答えたそうです。
    出典;レファンス協同データーベースより

ごめんなさい西洋ゴボウさん、あなたを主役級にしてあげましょう~と3本だけ・・・

7IMGP1909.jpg

梅雨が明け、気温が上昇すると、2日もたつとほとんどの蕾が咲き開き、
一番花が退化し始めます。

7IMGP1912.jpg

カサブランカは、花数も多いので1週間もたつと、デザインを変えてみたくなります。

行きつけのスーパーに行ったら、土曜日だからか!?花束が半額になっていました。
練習用には、十分!!~と心得、いくつか選び出して・・・

7IMGP1955.jpg

裏側は、ひまわりを主張したデザインに切り替えて・・・

7IMGP1963.jpg

いいじゃない!!~と自画自賛。
芸術家なんて、ほとんど自画自賛。自信もっていこうじゃあないか!?

50代の子育てをある程度終えた後輩や男性の新人が、数人入社して出番が少なくなりました。
バーバは、孫娘のシッターをしながら、今後は生活を切り替えていこう~と思いだしました。

孫娘は、生後7か月。まだお喋りはできませんが、抱きかかえて身振り手振りを交えて
「げんこつ山」を歌ってあげると、喜んで付いてきます。

花火をしたり、プールを楽しんでいる姿に癒される今日この頃。

私のサードステージは、もう始まっているようです。

21IMGP1971.jpg 21IMGP1976.jpg
スポンサーサイト



七夕の頃・・・ - 2021.07.10 Sat

ついにオリンピックは、無観客になってしまった。
馬場馬術の観戦チケットが(・・・しかも決勝戦)当選しているんのとしては、気が気でない今日この頃
抽選しなおす・・・なんて言語道断!!~と思っていたら、無観客になって諦めがつきました。

@IMGP1576.jpg
煙の木(スモークツリー)とシャクヤク、カーネーションを盛り込んで~

今年も梅雨真っただ中で天の川は望めなかったですね!?
それにしても各地で水害の報道を見聞きするにつけ、被災者の皆様・・・お見舞い申し上げます。

公園には、保育園や幼稚園の皆さんによる七夕飾りが人目を惹いています。
今年も見に行きましたが、やっぱり愛犬「凛」とのコラボは最高!!

1IMGP1787.jpg

公園には、ザリガニ釣りをしている親子でにぎわっていました。
可愛いバケツの中に・・・ウナギ?と聞いたら「川ウナギ」だというんです。
父親と一緒にサキイカを餌に沢山のザリガニをつっているので
「これらはどうするの?」と伺うと~
「また川に逃がす」と・・・釣る楽しみを味わっているわけですね!?

長い捕虫網を揺らしてトンボや蝶などの虫取りを楽しんでいる若者もいました。

IMGP1815.jpg

私の公園散策の目的は・・・+ー補正で師匠のような写真を撮ることでして~

IMGP1764.jpg

7月7日は、素麺の日でもあるそうですが・・・知ってましたか?

全国乾麺協同組合連合会では、7月7日七夕を「そうめんの日」と昭和57年から決めているそうです。

素麺を日本で食べられていたことを示す最も古い記録は奈良時代に登場します。
それは小麦粉を塩水で練って、手で延ばして作った素朴な麺で、
唐由来の日本最古の麺類の物「索餅(さくへい)」があります。
この索餅が日本では「牟岐縄(むぎなわ)「麦縄(むぎなわ)」と呼ばれ、
現在の姿が「素麵(そうめん)」にあたるとのことです。

当時の権力者の一人、天武天皇の孫である長屋王(ながやおう)の邸宅跡から出土した
長屋王家木簡に「麦縄(むぎなわ)」の文字が記されています。

中国で七夕の日にこの索餅を食べることで病気を祓うのだそうで、
その習慣が日本でそうめんを食べることに繋がっているということです。

また、平安期には、平安時代の書物(延喜式)に「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」と
書かれていて、7月7日に宮中でそうめんを食べていた習慣が一般に普及したことが、
その由来とも言われます。
熱病を流行させた霊鬼神が、子供時代の好きな料理が祟りを沈めるということで、
その食べ物が「『そうめん』である」と言った説もあるようです。

その他、そうめんを白い糸に見立て「七夕に芸技(ハタ織り)が上達するように」
又、そうめんを天の川にみたて食べる風習で「出会いがありますように」と
願いをこめて食べたという説もあるようです。
          参考:そば・うどん業界

4IMGP1745.jpg
日本の初夏の味、水を食べるような「涼を味わう、この季節だけの『じゅんさい素麺」」~~我が家ランチ」

中国語の「7―チ」と日本語の「8―ヤ」をとって「チャ(茶)」となることにちなんで、
日本中国茶協会により7月8日が「中国茶の日」として制定されたそうです。
台湾の漢方薬剤師監修による食べるお茶をいれて・・・三時のおやつ。

ナツメ、黒豆、龍眼がゴロゴロ入った贅沢な薬膳茶です。
これら 3 種の素材には、貧血、むくみ、肌艶の無さなどの不調を改善してくれる役割があるのだとか。

4DSC_0037.jpg
成分は、ナツメ、龍眼、黒豆

7月9日は、ジェットコースターの日が・・・が・・・暫く遊園地にも行っていないな〜。
7月10日は、納豆の日。 これは、「ナットー」のゴロから来るのね?
7月11日は、真珠記念日、世界人口デー、ラーメンの日

こんなご馳走がそろって~『今日は、なんの日?』ときかれそうですが・・・

5DSC_0059.jpg
「牛肉と丹波しめじと干しタケノコの煮物」「モロッコインゲンの胡麻和え」「バスク風ポテトサラダ」
「アボガドのタタキ、鰆のへしこのせ」「桃とトマトのガスパチョ」「漬物」


instaで知り合ったyachiyoさんから教えていただいた『桃とトマトのガスパチョ』作って見ました。

6DSC_0055.jpg

材料(2人分)
  桃 1個、プチトマト 3個、玉ねぎ 1/4個 セロリ 20g、フランスパンバゲット 薄切り1枚・・・①
  EXヴァージンオリーブオイル 小匙1杯 塩 一つまみ
  ミント、ヨーグルト

作り方は簡単
  ①の材料を全部ミキサーに入れて、ガ~~~っとミックスして
  オリーブオイルと塩で調味して、仕上げにヨーグルトを回しかけミントをのせる

簡単にできてヘルシーで美味しい、朝食はもちろんランチブランチ、はたまたパーティーにも使えま~す

7月の「寄せ植えレッスン」は観葉植物を使って・・・

配られた花材は、
  ガラジューム、アビス、プテリス、ポトスライム、ペペロニア・デピーナ

それから〜先生は、「苗を買っていただければいいですよ」と言ってくださったので…
店内で私と目があってしまった『スパティフィラム』を加えて・・・

3IMGP1666.jpg

出来上がりを見ると
スパティフィラムがない方が、爽やかで良かったかな!?〜と思いました。

でも、スパティフィラムが
「私をあなたのお家に連れてって!!」って訴えていたから〜仕方ないんです

3IMGP1672.jpg
因みに、これは・・・娘の作品です

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

カテゴリ

未分類 (2)
LOHASな生活 (95)
Fleur Creatif Deco (17)
フラワーアレンジメント (85)
至福の時 (59)
monalisa亭(医食同源) (109)
Monalisa's Selection(外食) (8)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (60)
レクイエム (8)
芸術に触れる (53)
Wonderful Japan (16)
東京ウォーク (10)
heart-heroと一緒 (77)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (8)
週末は、山梨にいます (20)
ダイエット (5)
調剤室より (8)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (1)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (10)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)
オーストラリア旅行 (7)
鎌倉散歩 (11)
チベット・エベレストの旅 (13)
ストックレシピ (1)
シルクロードの旅 (5)
軽井沢散策 (0)
映画 (1)
孫と一緒 (3)

月別アーカイブ

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。