FC2ブログ
topimage

2020-07

撮影会と孫育 - 2020.07.01 Wed

ついに6月19日に越県自粛が解除され、車の往来も増え、新型コロナウイルス感染者数は
日に日に、増えていますが、想定内かと思われます。

IMGP6288.jpg
今年は、スモークツリーが花屋の店先に見られることが多かったです。

久しぶりに写真の撮影会に参加してきました。
撮影場所は、昭和記念公園。
2月にもありましたが、雨が降っていましたので、足元不如意につき参加しなかったんですが
雨の日には、雨でなければ出会えない光景が・・・そして、公園は人数も少なく、
それなりの写真が撮れた!!~と先生は、おっしゃっていました。

マスクしながらの撮影会。
公園内は広いので、ショーシャルディスタンスも2メートル取れば、マスク不要かと!?
時々、思いっきり自然あふれる空気を吸い込んで、入り口近くの蓮の花に惹かれ・・・

IMGP6364.jpg

先輩が、マイナスにして空を背景にして撮ってごらんなさい・・・と。

IMGP6355.jpg

先生は、同じ花でも銅板加工で、色の変化が楽しめると・・・

IMGP6351.jpg IMGP6352.jpg

蓮の葉は、『荷葉』ともいいますが、
ハスの葉には、微細構造と表面の化学的特性があって、決して濡れることがない・・・と。

Lotus3.jpg

葉の表面についた水は表面張力によって水銀のように丸まって水滴となり、泥や、小さい昆虫や、
その他の異物を絡め取りながら転がり落ちる・・・この現象がロータス効果として知られています。

IMGP6366.jpg

その仕組みを取り入れて開発されたのが「TOYAL LOTUS®」という新素材で・・・
これがビヒダスヨーグルトのフタの正体!! 表面をよく見るとデコボコしているんです。
そのため、ヨーグルトがついてもすぐに玉のようになってするすると流れ落ち、開けたときにフタ裏に
ヨーグルトがくっつきにくいんですって!!(6月22日のフジテレビ『所JAPAN』でも、放送)

午前中、すっかり蓮の花に見惚れてしまい、午後はアジサイの花の撮影です。

花の写真を撮るには、マクロレンズが必要のようで・・・
私の課題は、マクロレンズと望遠レンズを用意することが、これからの課題
そして、カメラ用語も(まだ、覚えることは沢山あります)

紫陽花は、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が語源とか。
また、よく色が変わることから「『七変化』『八仙花』~とも。

私は、アジサイの花そのものより、アジサイの花の光と影を・・・楽しみました。

IMGP6441.jpg

撮影会の帰りに、孫のところに寄り、久しぶりに孫たちと遊びました。


この数ヶ月見ないうちに,heartは背がぐんと伸びて、heroは、一段と言う事がオシャマニなって
笑ってしまいました。パパママは、お出かけしたので、言うところの『孫シッター』ですが
バーバの食事は、食べなれないものが多いのか!?ちょっと好き嫌いが目立ちましたが
凛ちゃんも好きな『紅茶豚』は、さっさと平らげました。
食後、任天堂スイッチで、カラオケを楽しみ、それぞれが80点以上の高得点。

IMGP6573.jpg


カラオケの後は、トランプをしましたが、神経衰弱では、カードを市松に置きながら
「ソーシャルディスタンスを守りましょう」と言いながら、カードを市松模様に並べたり
いくつか重なっていると「ここは、3密になっています」とか!?
七並べで、望むカードが出てこないと「誰が煽っているの!?」とか
今どきの子供たちの流行っている言葉が聞けました。

6月生まれにジージは、誕生日のお祝いの歌を歌ってもらったり、プレゼントをいただきました
「ジージ、今日は楽しんでもらえた?」と言われたときには、・・・・ちょっと、びっくり。

孫シッターのつもりが「ジージバーバシッター」に変わっていました(笑


スポンサーサイト



8時間食事術 - 2020.06.17 Wed

2020年の関東甲信越の梅雨入りは、6月11日でした。
アジサイのしっとりと濡れた姿も美しく、梅雨ならではの風情を感じますね。
紫陽花の花びらに見えるのはガクで、中心部にあるのが花だ・・・とよく言われますが
本当にいろんな種類のアジサイが出回っていますね。

IMGP6258.jpg
お持ち帰りして!?と言われた、アンティークアジサイを使って、リースにして、家のアジサイとコラボ

時間の余裕ができたので、いろんなものに挑戦。

毎朝飲んでいるゼラチン珈琲。習慣づいて、もう半年過ぎたかしら!?

自分なりの生活習慣は起床時、お掃除と同時にお湯を沸かして
『ゼラチン珈琲+メープルシロップ』、『ナツメ1個+クコ5粒をお湯に入れ』の朝食用意して
只今「医師が勧めるファスティング『8時間食事術』」に挑戦しています。

stay homeで、体重が3kg増えた・・・と皆さん仰っていますが、私も気になってます。

『8時間食事術』とは・・・1日に16時間以上、食べない時間を作る食事法なのです。

「何を食べるか」、よりも「ものを食べない時間を増やす」ことに主眼を置いた食事療法で
これを「間欠的ファスティング(断食)」と言うそうです。

ファスティングは、細胞の質の劣化や病気を防ぐ食事療法として世界的に注目が高まり、
ここ14〜15年で論文数が急増して、最新の研究成果から、食べ物を口にしない時間を長く取ると、
健康面で多くのメリットが得られることが明らかになってきたそうです。

なぜ、カロリー制限でもなく、糖質制限でもなく、・・・・「8時間食事術」なのか?

下図は・・・断食、カロリー制限、糖質制限の体に及ぼす効果を、さまざまな点で比較した模式図。

図中の矢印の長さが、その効果の度合いの目安。
断食は、カロリー制限や糖質制限に比べて際立ってオートファジーのしくみを活性化する

e413b09ba4608a03bf6372d1a071c95c0e305a0b.jpg

その最たるものが、「オートファジー」の解明です。

オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせるしくみのことです。

細胞は主にたんぱく質で作られ、日々の生命活動の中で、古くなったり壊れたりするものも出てきます。
それらの多くは外に排出されますが、排出しきれなかったものは細胞内にたまり、
細胞を衰えさせ、体の不調や病気の原因となります。

オートファジーは、そうした不要なたんぱく質を集めて分解し、新たなたんぱく質を作るのです。

ただし、オートファジーは、食べ物によって得られた栄養が十分にある状態では、ほとんど働きません。

最後に食べ物を口にしてから10時間たつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなって脂肪が分解され、
エネルギーとして使われ始め・・・そして16時間たつと、いよいよオートファジーが機能し始めるのです。

というのも、オートファジーは、
体や細胞がストレスを受けた際にも生き残れるように体内に組み込まれたシステムで、
飢餓状態になったときこそ働きが活発化するからです。

オートファジーによる細胞の生まれ変わりが起これば、不要なものや老廃物が一掃され、
全身の細胞や組織・器官の働きが活性化し、肥満の解消はもちろん、病気になりにくく
若々しい体になるのです。


空腹の時間が長い「やせる食事」
  ▪️1日2〜3食
  ▪️朝食を食べる
  ▪️最後の食事は夕方4時〜5時に終える
  ▪️深夜の食事や間食を避ける
  ▪️たんぱく質を積極的にとる
  ▪️1日12〜16時間は食べない(空腹の時間を長くとる)

体への影響
  ●ミトコンドリアにおけるエネルギー産生が盛んになる
  ●インスリン感受性が高まる(高血糖の改善)
  ●総コレステロール値が下がる
  ●空腹感が抑えられる
  ●体内の炎症を抑える
  ●オートファジー(細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組み)が活性化する
  ●サーカディアンリズム(生物に備わる昼と夜を作り出す1日のリズムのこと)が整う


1日12〜16時間ものを食べない時間(空腹の時間)を設ける食事法は、
体に多くのプラス効果を持たらすそうです。

内臓を休める時間を確保できるので、
内臓の消化・吸収・解毒・排泄機能が高まり、腸内環境も改善して免疫力も高まるのです。


ものを食べない時間を長く取るほど、血液中の糖質や脂質が減り、血液や血管の状態が改善される。
体内の余計な脂肪も分解され、エネルギー源として使われていきます。

特に、ポッコリおなかの一因であり、さまざまな悪玉ホルモンを分泌する内臓脂肪は、
皮下脂肪に比べて落ちやすいという特徴があります。

加えて、オートファジーが活性化して細胞の生まれ変わりが促進され、体の不調や老化が改善されます。

さらに、朝食をとり夜食を避ける食習慣は、体に備わっている1日周期の生体リズムに沿っているので、
睡眠・覚醒のサイクルや体温調節などの生理活動が乱されません。

そのため「8時間食事術」は、
糖尿病、高血圧、脂質異常症、心臓の血管の病気、アレルギー、ガン、認知症など、
さまざまな病気の予防や改善に役立つと考えられるのです。


8時間食事術では、1日のうち8時間は「食べてOK」の時間です。
好きなタイミングで食事をとり、基本的には、何をどれだけ食べるのも自由です

嬉しいじゃあないですか!?

8時間の間は何を食べてもいいのです。

「食べてOK」の時間をいつにするかは、自分の生活スタイルに応じて決めるのが成功のコツ・・・というので
取り組みやすくアンチエイジングや老化の予防効果も高まりやすい『朝食抜きスタイル』を取っています。




「空腹の時間」におなかが空いたら、ナッツ類やヨーグルトなどを食べてもいいそうです。
これらは少量でも空腹感が和らぎ、体に必要な栄養素を補給できて腹持ちもよいので、
空腹がつらいときは我慢せず食べてOK・・・とのこと。

      以上、『医師が勧める8時間ファスティング』『医師が勧める8時間ファスティング』より


8時間の間は、何を食べてもいい・・・と言うので。
冷蔵庫にあった晒し餡とゼラチンで・・・水ようかんを作ってみました。

IMGP6243.jpg

さあ~、8月までにどれくらい体重を落とせるか!?楽しみです。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

monalisa

Author:monalisa
ポジティブ思考で、あるがままに
生きているmonalisaと愛犬【凛】の
ケセラセラな日々と趣味の
フラワーアレンジメント、料理、
音楽、健康情報を綴っていきます。

最新記事

アルバム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

カテゴリ

未分類 (2)
LOHASな生活 (91)
Fleur Creatif Deco (17)
フラワーアレンジメント (78)
至福の時 (59)
monalisa亭(医食同源) (100)
Monalisa's Selection(外食) (8)
Monalisa's Selection(スイーツ) (3)
ガーデニング (58)
レクイエム (8)
芸術に触れる (51)
Wonderful Japan (16)
東京ウォーク (10)
heart-heroと一緒 (76)
癒し (9)
タイムスリップ (2)
東京南部会 (8)
週末は、山梨にいます (19)
ダイエット (5)
調剤室より (7)
blog 1000 flowers (21)
フランス旅行 (22)
フランス文化 (1)
スイス旅行 (9)
オランダ・ベルギー旅行 (10)
南米浪漫紀行 (13)
南イタリア大周遊 (7)
マレーシアにて (3)
紅茶 (1)
バリ島にて (9)
香りの雑学 (6)
趣味の器 (3)
薬膳 (0)
講座・勉強 (9)
フランス宮廷ブーケ (12)
スペイン旅行 (10)
パワースポット (1)
オーストラリア旅行 (7)
鎌倉散歩 (10)
チベット・エベレストの旅 (13)
ストックレシピ (1)
シルクロードの旅 (5)

月別アーカイブ

検索

検索したいキーワードを入力して「検索」をクリックしてね。